どうやったらできるかを考える

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。


2021-06-14 230202.jpg


1.ワクチン接種進んでも感染拡大


世界各国で武漢ウイルスのワクチン接種が進んでいますけれども、最もワクチン接種率が高くなっている国の一部で、武漢ウイルスの感染者が再び急増していあす。

感染者と死者が増えているのは、少なくとも1回は接種を受けた人の割合が最も高いセーシェル(72%)やモルジブ(57%)、チリ(56%)、バーレーン(55%)、ウルグアイ(51%)などです。

ウルグアイはここ数週間、人口10万人あたりの死者数が最も多く、モルジブとバーレーンは、5月中に報告された10万人あたりの死者数がアメリカ、インドを大幅に上回り、チリ、セーシェルは、世界で最も早いペースで感染者が増加しています。

原因について、バーレーンの保健省高官は感染者の急増について、検査数を増やしたことに加え、ラマダン(断食月)に人が集まる機会が増えたこと、ラマダン明けの祭り(イード・アル・フィトル)があったことなどを挙げています。

これ以外にも変異株が原因ではないかとも言われていて、例えば、ウルグアイで、接種が進んだにも拘わらず、再び流行が拡大したのは、ブラジルで最初に確認された変異株が主な原因とみられています。

接種率が高い一方で感染者が増えているこれらの国では、多くが中国のシノファーム(中国医薬集団)製のワクチンを使用しているとの指摘もあります。

セーシェルの保健当局が明らかにしたところによると、5月第1週に感染が確認された人の3分の1以上は、接種を完了した人で、その大半がシノファーム製の接種を受けていました。

また、6月10日に、首都サンティアゴ全域のロックダウンを発表したチリでは、1回目の武漢ウイルスワクチンを接種した人は人口の75%。完全に接種を終えた人は58%近くに上っています。けれども感染は拡大。首都圏の集中治療室(ICU)の病床は98%が埋まっている状態です。

チリのワクチンの4分の3は中国のシノバック製で残り4分の1はファイザー社製です。


2.ワクチン先進国を襲うインド株


では、中国製ワクチンが効いていないせいで感染が収まっているのかというとそうともいえません。

アストラゼネカのワクチンがメインのイギリスで感染拡大の兆しが見えているからです。

イギリスは成人の75%が1回目の接種を終え、2回目も50%に達しています。それに加え、ロックダウンも継続中です。

にも拘わらず感染が拡大している。

これについてケンブリッジ大のグプタ教授は、ラジオ番組で「すでに流行の第3波に入っており、新規感染の少なくとも75%がインド株だ」と語っていますけれども、現行のワクチンでも、変異株に対して集団免疫ができるのか疑問の声も上がってきています。

一方、西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏は、「コロナの集団免疫状態をつくるには、70%のワクチン接種が必要とされており、イギリスは及んでいません。しかし、これだけワクチン接種が進んでいれば、ある程度感染抑制の効果も出るはずです。それでも、インド株は英国株の1.5倍の感染力があり、あっという間に蔓延したと思われます。ワクチン先進国だったので、この程度に抑えられていると見た方がいいでしょう。ワクチン接種が進まない日本ではもっと深刻な事態が起きてもおかしくありません」と、ワクチン接種が集団免疫を構築するだけの割合に達していないという見方を示しています。


3.集団免疫は一旦忘れよう


武漢ウイルスの変異株は既に各地に広がっています。

5月13日、世界保健機関(WHO)の感染症専門家は、最も懸念されている4種類の武漢ウイルス変異株について、事実上、南北アメリカ大陸のぼぼ全域で検出されたと明らかにしました。

インドで検出された新たな変異株「B.1.617」型は、カナダやアメリカなど南北アメリカ大陸8ヶ国で検出。イギリスで広がる「B.117」型は、南北アメリカ大陸の34ヶ国・地域、南アフリカの「B.1.351」型は17ヶ国・地域でそれぞれ検出され、ブラジルの「P.1」型は21ヶ国で検出されたそうです。

ただ、WHOは北アメリカ大陸で接種が進むワクチンは変異株に対してより効果があるとも述べています。

そのアメリカで進むワクチン接種なのですけれども、少なくとも1回の接種を受けた18歳以上が68.6%となったニューヨーク州ではワクチン接種数の浸透と共に感染者数も減っており、5月19日より大規模な経済活動を再開しています。

ホワイトハウスの発表によると、6月の時点で、国内で武漢ウイルスワクチンを少なくとも1回接種を受けた成人は63%に、1回もしくは2回の接種を「完了」したのは52%に達しているとのことです。

バイデン政権は来月の独立記念日である7月4日までに「成人の70%が少なくとも1回の接種を受ける」という目標を掲げ、既に12州が70%を達成しているのですけれども、ワクチン反対派による抗議活動などもあり、実際に70%までいくのかどうかは微妙なところです。

ワクチンを70%接種する必要があるということについては、2月2日、アメリカ国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長がCNNの番組で、正常な感覚に戻るにはアメリカ人の人口の約70~85%がワクチン接種を受ける必要があるとの見通しを述べていますから、一つの目安ではあるのだろうと思います。

ただ、5月になって、ニューヨークタイムズは、アメリカで流行しているイギリス変異株の感染力が従来型より6割程高いとして集団免疫獲得には、8割以上が免疫を持たなければならない、とかファウチ氏が「集団免疫は一旦忘れよう。でもワクチンをより多くの人が接種すれば感染は下がる」と発言するなど、雲行きが怪しくなってきています。


4.どうやったらできるかを考える


電気通信大学i-パワードエネルギー・システム研究センター教授の横川慎二氏らは、武漢ウイルス感染症のクラスター発生地点における換気状態を評価し、マイクロ飛沫の動きを分析した結果を発表しました。

それによると、アクリル板やビニールシートによる空間の遮蔽が空気を滞留させ、換気状態が悪化、結果としてマイクロ飛沫感染のリスクを高める可能性があることが明らかになりました。

横川氏らはこれまで、地域と連携してCO2濃度の可視化や換気状態を改善するための実証実験を行ってきたのですけども、今年3月に宮城県内でマイクロ飛沫による感染が原因とみられる11人のクラスターが発生した際、現地調査とマイクロ飛沫の動きの分析などを実施しています。

横川氏らは、まず、クラスターが発生した事務所を調査。飛沫感染対策の一環として、向かい合う机を隔てるように、床面から高さ1.6mのビニールシート製パーテーションが設置され、空間が5区画に分かれていました。クラスター発生当時は、事務所の出入口の扉は開いていたものの、廊下と事務所内の窓は閉まっていました。

次に、CO2濃度の可視化により換気状態を評価。その結果、クラスター発生当時と同じ状況下では、区画によっては換気回数が0.1回/時とかなり低いことが示されました。横川氏らは「パーテーションによって気流が遮られ、換気能力が低下。区画内でマイクロ飛沫による感染が発生した可能性が示唆される」と考察しています。

さらに、熱流体シミュレーションによってマイクロ飛沫の動きを解析したところ、区画間の空気の流れがパーテーションによって遮断されていることが分かりました。

横川氏らは、改善策として、事務所の窓を区画ごとに開け、出入口の扉と廊下の窓を開放することを提案。「それにより、満遍なく空気の流れ道をつくることができ、換気回数が5.1~8.4回/時に改善する。さらに換気ファンを回せば、換気回数は10~28回/時に向上するだろう……SARS-CoV-2の飛沫感染対策としてパーテーションを設置する際には、区画ごとに十分な換気を確保することが重要だ」と述べています。

日本ではロックダウンこそしないものの、緊急事態宣言を出して、飲食業への時短営業、酒類の提供停止を要請していますけれども、長引く自粛で飲食業は大変な打撃を受けています。

もし、冒頭で取り上げたようにワクチンを接種しても集団免疫が獲得されず、感染が収まらなかったとしても、これ以上の自粛要請には限界があります。

先日、和食レストラン『権八』やイタリアン『カフェ ラ・ボエム』などを展開する外食企業のグローバルダイニング社が、施設使用制限命令を発出した東京都を被告として、当該命令及びその根拠となる特措法が違憲・違法であることを理由に国家賠償を求める訴えを起こしましたけれども、自粛要請がこれ以上続くと、背に腹は代えられないとばかり、グローバルダイニング社のように要請に従わない他の飲食店も現れてくる可能性も考えられます。

そんなとき、今回の電通大の横川教授のように、店舗の換気状況や空気の流れのシミュレーションを店毎にどんどん行って、クラスターにならないレイアウトやや換気設備の提案・設置などが出来るように、それこそ都や国が金を出して、全国的にバックアップすればよいのではないかと思います。

マスコミが東京五輪を止めろと叫ぶ中、体操の内村航平選手は「できないじゃなく、どうやったらできるかをみなさんで考えて、そういう方向に変えてほしい。なんとかできるやり方は必ずある。どうかできないとは思わないでほしい」と訴えていましたけれども、同様に、飲食業に対しても、通常営業を行うことを前提とした金の使い方をした方が、下手に民間に我慢だけを強いるよりもずっと良いのではないかと思いますね。

2021-06-14 230201.jpg



  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

"どうやったらできるかを考える"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: