内閣改造に秘められた裏のメッセージ

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!


1.如才ない茂木新外相

9月11日、安倍総理は内閣改造を行いました。

改造の中身は既に色んなところで報じられていますから、詳細は述べませんけれども、初入閣は13人で2012年の第2次安倍内閣発足後、最多となりました。

それでも、総理、副総理、官房長官は、安倍総理・麻生副総理・菅官房長官の安定のスリートップです。流石にここは動きませんでした。

それ以外に注目を集めているのは、なんといっても、河野外相の防衛相への横滑りと茂木経済再生相の外相就任でしょう。

茂木氏はハーバード大学大学院、河野氏はジョージタウン大を卒業した国際派です。

河野氏の英語力と発言の強さについては、この2年の外相時代で大分知られたように思いますけれども、茂木氏も相当のキレ者です。

先日も日米通商協議をまとめ上げていますし、自民の青山繁晴議員によると、茂木氏はアメリカからの評価もすこぶる高く、タフ・ネゴシエイターとして知られているそうです。

2016年に自民党は総裁任期を「連続3期9年」へと延長しましたけれども、その当時、ポスト安倍といわれた岸田氏や石破氏、小泉進次郎氏らから異論が噴出しました。

このとき茂木氏は、G7の政党党首の任期制限が日本より緩やかである事実を示したり、各都道府県連から期数制限の撤廃に賛同する旨の“言質”をとるなどして、批判を封印し、安倍総理任期延長の下準備を仕上げています。

また、昨今話題に上がる「働き方改革」でも、自らトップを務める「働き方改革特命委員会」で議論を主導しました。茂木氏は、7兆円超の剰余金がある労働保険特別会計に目をつけ、女性や若者の就業支援強化に3年間で8000億円の財源を確保。経済官庁幹部をして「予算に精通した茂木氏ならではの実績」と言わしめました。

その一方、所得税改革では、配偶者控除を廃止し、共働き世帯に適用する「夫婦控除」の創設をぶち上げたものの、官邸が難色を示すと持論をあっさり撤回するなど、如才ない働きぶりを示してきました。

まぁ、安倍総理や官邸にしてみれば、厄介な事案でも、文句を言わずきちんと解決に導いてくれる有能かつ有用な人材ということです。安倍総理の協力な懐刀とみていいかもしれません。

茂木氏は選挙や政策決定過程で事態が停滞していても「自分にはゴールが見えている」と話すことが多いそうで、豊富な知識と頭の回転の速さ、高い説明能力は党内随一との専らの評判です。無茶苦茶頭が良いのでしょうね。

その反面、いわゆる「無能な人」に対する当たりは相当キツイようで、霞が関の複数の官庁幹部は、「最も怖い政治家の一人。わずかなミスも許されない」と茂木氏を評しています。

そんな彼が外相に就任した。一部には茂木氏自ら外相を望んだとも言われていますけれども、彼があの"常識"の全く通じない韓国を相手にどんな外交を見せるのか。良い意味で期待と不安の入り混じった気持ちがしますね。


2.対外交渉では一歩も引かない河野防衛相と茂木外相

河野氏と茂木氏の人事について、文芸評論家の小川榮太郎氏は、「外交と安全保障が一体化するなか、司令塔となるNSCに入れる人材をどう確保するかが、政権運営上、非常に重要な課題となっている。『強い外交づくり』は安倍首相一人だけでは厳しい。他国とタフに交渉でき、首相を支える国際派の人材が、いまこそ必要なのだ。安倍首相のそうした強い意欲が、茂木、河野両氏の人事に現れている」と指摘していますけれども、その意味では対外発信力と実務交渉力を重視した布陣だといえるのかもしれません。

小川氏は「茂木氏は日米貿易交渉で米国と対等に渡り合った。河野氏には強い発信力がある。2人とも、『対外交渉では一歩も引かない』ことを体現してきた。良い意味で『実務面で“けんか”ができる人材』と証明した。安倍首相からすれば、『やっと2人が、ここまで勝ち上がってきてくれた』という思いではないか……茂木、河野両氏ともタフ・ネゴシエーターだ。対韓国でも、ブレずにやるはずだ。期待したい」と語っています。

外相と防衛相に実務と発信力に優れた"喧嘩"ができる人材を配置したということは、見方を変えれば、対外との喧嘩に備えたともいえる訳で、その意味では今回の内閣改造には「有事」を想定し、それに備える狙いが隠されているといえるかもしれません。


3.内閣改造に秘められた裏のメッセージ

ここからは筆者の妄想ですけれども、安倍総理が「有事」を想定していると見た場合、今回の改造内閣の日付に少し引っかかるものを筆者は感じています。

もう20年近く前の話ですけれども、9月11日といえば、2001年9月11日にアメリカで発生した同時多発テロ事件。所謂「9.11」を連想させます。

安倍総理はこの日に内閣改造を持ってくることで、有事が近いぞと暗に国民に知らせているのではないか。そして同時に、アメリカに対しても、「有事の時はよろしく」あるいは「脅威に対し一緒に立ち向かおう」とのメッセージも送っているのはないかとさえ。

通常、内閣改造は国政選挙が終わるとすぐに行うものですけれども、それを1ヶ月以上先送りして、9.11にぶつけてくる。やはり、穿って見たくなりますね。

そして、更に妄想を逞しくすると、この安倍総理のメッセージにトランプ大統領はさりげなく返答した可能性も考えられます。ボルトン大統領補佐官の解任です。

9月10日、トランプ大統領はツイッターで「私は昨夜、ジョン・ボルトン氏にホワイトハウスにはもう要らないと伝えた。私は彼の提案の多くに強く反対してきた。他の政権メンバーも同意しなかった。だから私はジョンに辞任を促し、今朝辞意が私に伝えられた。私はジョンの仕事に大変感謝している。私は新しい国家安全保障担当者を来週にも指名するつもりだ」と述べ、ボルトン大統領補佐官を解任したと公表しました。

ボルトン補佐官は、強硬派として知られ、北朝鮮に対する強硬姿勢やイランへの武力行使を訴えてきた人物です。最近では、北朝鮮と対話を重視するトランプ大統領との溝が指摘されていましたし、直近ではアフガニスタンの反政府勢力タリバンとの和平協議を望むトランプ大統領に反対していたことが伝えられていました。

ホワイトハウスのグリシャム大統領報道官は、トランプ大統領とボルトン氏が「非常に多くの問題で」見解を異にしていたと語ったそうですから、政権内でも浮いていたのでしょう。

その意味では、遅かれ早かれ、解任は免れなかったのではないかと思われます。

トランプ大統領がボルトン補佐官の解任を発表したのが9月10日です。

当然トランプ大統領は、安倍総理の内閣改造の日が「9.11」であることは知っていたでしょう。トランプ大統領は、北朝鮮の建国記念日である9月9日を避け、9.11に挟まれた10日に解任を発表したわけです。

これも穿ってみれば、安倍総理の「有事の時はよろしく。共に立ち向かおう」とのメッセージに対し、「その手には乗らないよ」と躱して、水を指したと受け取れなくもありません。単なる偶然だと思いたいですけれども、ちょっと出来過ぎたタイミングで気になってしまいます。

本当にそのような意図で、内閣改造と補佐官解任が行われたとするならば、意外と、安倍総理とトランプ大統領の間でも水面下で牽制というか駆け引きをやっているのかもしれませんね。

ま、妄想はさておき、安倍改造内閣がどんな仕事をするのか。注目です。
 

"内閣改造に秘められた裏のメッセージ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: