武漢ウイルス感染症重症化の危険因子

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。


2021-09-16 233405.jpg


1.重症化しやすい危険因子


この程、北里大学の安藤航助教らの研究グループは、COVID-19対策北里プロジェクトの一環で、アメリカにおける武漢ウイルス感染症患者の大規模電子診療データを解析した結果、高齢、男性、2型糖尿病、肥満といった要因が重複するほど、入院治療や集中治療となる危険性が高まることを明らかにしました。

この研究成果は、武漢ウイルス感染症の重症化の予測や予防に繋がるものと期待され、その内容は9月9日にイギリス総合科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。

発表のポイントは次の通りです。
・米国全土の複数医療機関から収集された大規模電子医療記録データベースをもとに、新型コロナウイルスのワクチン接種開始前の期間を対象に、COVID-19と診断された患者28095人を解析したところ、患者の背景因子のうち年齢が65歳以上、男性であること、2型糖尿病を有していること、BMIが30kg/m2以上の肥満であることを、それぞれ1点として加算したとき、点数が高い患者ほど、重篤化する危険性が高まることを明らかにした。

・これまでも小規模な調査によって高齢や肥満などがCOVID-19の重症化に関係するリスク因子であることは知られていたが、複数のリスク因子が重積したときに、どのくらい危険性が高まるかは明らかではなかった。

・今回の大規模データの解析結果は、糖尿病をコントロールし、肥満を解消するなど、複数のリスク因子を回避することで、COVID-19の重症化を防ぐことができる可能性を示唆している。生活習慣病への意識を高めることや、危険性の高い患者に対して感染予防の重要性や理解を促すことで、感染後の重篤化や医療体制の負荷軽減に繋がることが期待される。
武漢ウイルス感染症を5類に落として早期発見、早期治療を訴えている長尾クリニックの長尾院長は、自身のブログで、肥満はコロナ死の大きなリスクであるとし、国際動脈硬化学会が「内臓脂肪から、TNFαやPAI1などの悪玉サイトカインが放出され、それが血栓症発症を引き起こし、急激な経過で亡くなっている」とメッセージを表明していると訴えています。

2021-09-16 233403.jpg



2.医療ビッグデータとブースティング


他にもビッグデータを使ったリスク因子の分析報告もされています。

7月9日、医療統計データサービスを提供しているJMDC社は、医療ビッグデータとAI解析を使って、武漢ウイルス感染時のリスク因子を分析して報告しています。

分析では、BMI、糖尿病、年齢、入院日、排尿、食事、救急搬送、喫煙、高血圧、入浴をリスクファクターとして抽出し、それぞれのリスク度を算出しています。

その結果は次の4つが重症化リスクに有意に関わると報告しています。
・肥満  |重症化リスク1.8倍[定義]BMI 25以上。対照群はBMI 18.5~24.9。
・喫煙  |重症化リスク1.6倍[定義]喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)400以上。対照群は喫煙指数 0~399。
・糖尿病 |重症化リスク3.4倍[定義]糖尿病治療薬の服薬者。対照群は非服薬者。
・高血圧 |重症化リスク1.6倍[定義]高血圧治療薬の服薬者。対照群は非服薬者。
これだけを見ると、糖尿病のリスクが一番高いように見えてしまうのですけれども、現実は、肥満で喫煙しているとか、高血圧で肥満だとかいろんな要素が複合的に組み合わさっているのが普通です。

分析では、さらにデータを用いた学習の結果を踏まえて逐次に重みの調整を繰り返すことで複数の学習結果を求め、その結果を統合・組み合わせることで精度を向上させる「ブースティング」と呼ばれる統計手法をさらに高度化させた「eXtreme Gradient Boosting」という手法を用いて分析しています。

下図はその結果なのですけれども、重要度でAI解析すると、BMIがトップで、次に糖尿病、年齢と続く結果となりました。

特にBMIの重要度は2位の糖尿病の2倍近くと突出しており、現実には肥満が一番のリスク要因になるとしています。

2021-09-16 233402.jpg



3.ワクチンパスポート


今のところ、重症化を抑える手段としてワクチンが推奨されています。

9月6日、政府は武漢ウイルスワクチンの接種を受けたことを公的に証明する「ワクチンパスポート(接種証明書)」を12月にもオンラインで発行する方針を決定しました。

接種証明書を活用することで、飲食店の利用、旅行、イベントなど日常生活や社会経済活動の回復も目指していくことも検討し、国内で活用する際のガイドラインを緊急事態宣言解除後に公表する方向で作業を進めています。

海外では飲食店や美術館など利用が広がっていて、経済団体からは需要喚起が期待できることから国内でも活用するよう要望が相次いでいましたから、これを受けてのことだと思われますけれども、新型コロナ対策分科会の尾身茂会長のインスタグラムは、反対意見のコメントが相次いでいるそうです。

海外では実際に「ワクチンパスポート」を先行している国がいくつかあります。その一つのフランスでも、「ワクチンパスポート」が普及させることで、意外な弊害も起こっています。

例えば、経済活性化のためにと、レストランやショッピングセンター、スーパーがワクチンパスポートの提示を要求するようにしたところ、逆にそのような店には、客がまったくといっていいほど寄り付かなくなったのだそうです。

更に、フランス南部のトゥールーズで9月11日、政府が導入したワクチンパスポート制度を批判する抗議デモが行われ、その最中、殴り合いが始まり、周囲も巻き込んでの乱闘に発展しています。

日本もフランスと同じになるかどうか分かりませんけれども、安易なワクチンパスポートの導入は逆効果になるかもしれません。





4.ワクチンは重症化を防ぐのか


そのワクチンですけれども、導入当初は感染予防効果があると言われていたような記憶があります。それが今では重症化を防ぐに変わっています。ところが、ここにきて、その重症化を防ぐというのでさえ怪しいという声も上がってきています。

今年の春、世界でいち早くワクチン接種を進めたのはイスラエルでした。感染者は大幅に減り、接種完了者は電子的な接種証明書「グリーンパス」を提示することで屋内のコンサートやスポーツイベントに参加できるようになり、マスク着用義務も撤廃しました。

ところが、それもわずか半年で一変。

イスラエルの感染者数は現在、最悪期を経験した今年冬の水準に急速に近づいています。1日当たりの新規感染者数は過去2週間で2倍以上に増加。世界でも感染が最も急速に広がっている地域の1つとなっています。8月中旬には、集会および商業・娯楽施設に関する行動制限が再開され、9月6日には屋内での私的な集まりを50人以下に制限するなど、6月以降では最も厳しい行動制限を発表しています。

イスラエルでは2月末までに高齢者の圧倒的大多数が、ファイザー製ワクチンの2回接種を完了。8月現在で、接種可能な12歳以上の約78%が2回のワクチン接種を済ませています。

それでも、感染率が上昇する中、ここ1ヶ月で死者数も増加傾向となっており、早い段階で接種を済ませた人々の間で重症化リスクが高まったのではないかとも囁かれています。

2021-09-16 233404.jpg



5.接種者と未接種者の死亡率


7月28日、ワクチン製造会社の一つファイザー社が、ファイザー製ワクチンの2回目接種した人の追跡調査結果を論文として発表しました。

調査には世界各国の4万人以上が参加。調査期間もワクチンの2回目接種から最大6か月間に及ぶ大規模なものでした。

その結果、ワクチン接種によって発症を防げた人の割合を示す「有効率」は91%と、通常のインフルエンザワクチンの有効率は30~50%程度と比べて非常に高い効果があることが示されたのですけれども、ワクチン接種後の「死亡率」では意外な結果となりました。

研究では、16才以上の参加者約4万人を「ワクチン接種群(約2万人)」と、正式なワクチンではない偽薬を与えた「プラセボ群(約2万人)」に分け、接種後の安全性を確認する追跡調査も行っていたのですけれども、管理期間中に死亡したのは、ワクチン接種群が15人、プラセボ群が14人と、ワクチンを打っても打たなくても、死亡する確率はほとんど変わらなかったという衝撃の結果となりました。

複数回答による死因を見ると、ワクチン接種群はコロナによる肺炎で1人が死亡、プラセボ群はコロナそのもので2人が死亡。武漢ウイルスと直接関連する死者は合わせて3人で、ここでも接種群とプラセボ群に差がなく、その他の死因でも「心肺機能停止」「動脈硬化症」「多臓器不全症候群」「肺炎」など、ここでも、接種群とプラセボ群とで特段の偏りはありませんでした。

2021-09-16 233401.jpg

これについて、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏は、「その研究では、ワクチン接種群の感染者が77人で、死亡者は15人、プラセボ群の感染者が850人で、死亡者は14人でした。ここからそれぞれの感染者に対する『死亡比率』を計算すると、ワクチン接種群が19%でプラセボ群が1.6%です。つまり、ワクチンを接種した人は感染者数に対して死亡者の比率が異常に高くなることがわかります。原因や理由はわかりませんが、データはそう示しています。通常、ワクチンの製造元は自分たちが不利になるデータは公にしないものですが、ファイザーはこのデータをよく出してきたと思います。それほど驚きの研究結果であり、さらなる調査結果の公表が待たれます」とコメントしています。

死亡比率でみれば、ワクチンを打った人が打たなかった人よりはるかに多い。これではワクチンなのか毒物なのか分からなくなってしまいます。

なんとなれば、医療ビッグデータ解析でワクチン接種の有無もパラメータに入れて欲しいと思ってしまうくらいです。

ワクチンは重症化を防ぐだけで、感染は防げないということは、その程度は別として、先程の医療ビッグデータ解析でいうところの重症化リスクの要因の一つでもあると言えるわけです。

だとすれば、先の医療ビッグデータ解析での重症化リスク要因を低減させる事をもって、「ワクチンパスポート」の代わりにできないものかとさえ思ってしまいます。

まぁ、これは冗談ですけれども、肥満の人が痩せるだけで重症化リスクが減るのなら、BMIが標準範囲内、喫煙なし、糖尿病、高血圧なしを持ってパスポートの代わりにするのであれば、いろんな軋轢も減るような気がします。

いずれにしても、ワクチン接種の有無でリスクがどう減るのか、あるいは減らないのか、そうしたデータも積み上げていく必要があるのではないかと思いますね。




  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • KAZU

    事の始まりは、武漢なんだろうな
    2021年09月17日 17:49