中国は信頼に値し、愛され、尊敬される国家となれるか

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。


2021-06-03 064202.jpg


1.信頼に値し、愛され、尊敬される


6月2日、ブルームバーグは、中国の習近平主席が党幹部らに対し、「信頼に値し、愛され、尊敬される」中国のイメージを構築するよう指示したと伝えました。

それによると、5月31日に行われた会合で習近平主席は、「広範囲に友人を作り、大多数を団結させ、中国を理解し友好的な人たちとの友人の輪を継続的に広げていかなければならない」と語り、北京は世界とのコミュニケーションにおいて「トーンを握る」必要があり、「オープンで自信に満ちているが、控えめで謙虚でもなければならない」と指示したそうです。

これまで中国は数十年にわたり「韜光養晦」と呼ばれる戦略を採用し、国際社会では目立たないように振る舞っていたのですけれども、「大国外交」を重視する習政権となってからは、「大国外交」を目指し、外交姿勢を大きく変化させていました。

習政権下の中国は貿易や外交などで自国の「核心的利益」とする問題で他国とぶつかるたびに激しく反発し、貿易措置、渡航禁止、外交上の抗議などで反撃するいわゆる「戦狼外交」を行ってきました。

ところがこの「戦狼外交」が欧州連合(EU)やフィリピンなどかつて中国との関係強化に前向きに見えた地域や国との関係悪化と生み、外交的な失敗の原因と見做されるようになりました。

人民大学国際問題研究所所長で元中国外交官の王毅維氏は、中国がより積極的な外交を行うようになったのは、中国を脅威とみなす西側諸国に対抗するためだったが、国内外の聴衆を満足させることができなかったと指摘し、「パンデミック以降、欧米における中国のイメージは悪化しており、これを深刻に受け止める必要がある……中国の力の成長は、世界に受け入れられる必要がある。それが本当の力の成長だ」と述べています。

実際、ピュー・リサーチ・センターが調査した14ヶ国において、昨年、中国に対する見方は全体的に急激にマイナスに転じたそうです。


2.まだ何か隠しているんじゃないか


中国を「信頼に値し、愛され、尊敬される」イメージにするなどと、一体どんな方法でやるのか分かりませんけれども、これまであれほど我儘放題にやっていたのにどうやるつもりなのか。信用や信頼は一朝一夕にできるものではありません。

武漢ウイルスのパンデミックにしても感染初期、中国政府が隠蔽していたことが分かっていますし、ここ最近、とみに注目を集めている武漢ウイルス起源調査にしても、WHOによる現地調査も碌にさせないなど、ここでも隠蔽です。実態はオープンどころか真逆のクローズです。

習近平主席のいうように「オープンで自信に満ちている」のなら、自由に現地調査させてしかるべきだと思います。

世界が武漢ウイルス・パンデミックの中にあって、中国はワクチン接種回数が1日当たり2000万回。人工の約4割が少なくとも1回はワクチン接種したとしています。過去1年1ヶ月で武漢ウイルスの死者は1人だけ。ワクチンによる予防効果が出ているといってよい状況です。

にも拘わらず、未だ国境閉鎖や外国からの訪問者に対する厳格な隔離措置、感染再拡大時の積極的なロックダウンを継続しています。

中国疾病対策予防センター(CDC)の主任疫学者である呉尊友氏は「国外で流行が制御されないままである限り、中国で感染がない状態がどれだけ続こうとも、国内のどこにでも発生する可能性がある……このため不可欠な抑制策を十分に実施する必要がある」と述べていますけれども、外からみれば、まだ何か隠しているんじゃないかと疑われてもおかしくないと思います。

そんな態度のまま「信頼に値し、愛され、尊敬される」イメージなど望むべくもありません。


3.人種差別カード


中国がまともな国になって情報公開を進め、地道に信頼を積み重ねる以外に、悪者イメージを払拭する手立てがあるとは筆者には想像もつきませんけれども、まずは目下焦点となっている武漢ウイルス起源問題に対する対応ではないかと思います。

これについて、路徳社は、4月頃から中国共産党政府は「人種差別」カードを切って対抗しようとしていると述べています。

4月15日の記事では次のように述べています(一部抜粋)。
◆中共ウイルスの真相に対する米国の調査が深まるにつれ、中共は五毛党を使って人種差別のカードを切り始め、米国はウイルスを使ってアジア人社会に汚名を着させようとしていると嘘を吐き、自分たちの罪をないがしろにしようとしている。だから、戦友たちは引き続きウイルスの真相を広め続けなければならない。
また、5月6日の記事でも触れています(一部抜粋)。
★中共は最近、2億ドルを投じて、中共企業である「テンセント」や「アリババ」などの名義を利用して「アジア協会」を設立した。

同協会は、米国内にいるアジア人の保護を目的としている。

これこそが中共の「人種差別カード」である。中共はこれを利用して人種間の紛争を引き起こそうとしている。

もしそうなれば、そのときは閻麗夢博士の出番である。
果たして中国が人種差別カードを切って煽り立てることで、武漢ウイルス起源問題が有耶無耶にできるのかどうか分かりません。あるいは、人種差別撤廃を訴えて立ち向かった国だと宣伝することで、中国のイメージを良くしようなどという"邪な"狙いがあるのかもしれませんけれども、どっちにしろ、本質とは全然別の話題を持ち出してかき回すというものです。所詮"邪道"に過ぎず、"王道"ではありません。

ただ、ちょっと気になる点もないわけではありません。

2021-06-03 064201.jpg


人気国際派ユーチューバーの及川幸久氏は6月2日付の動画で、武漢ウイルスの研究所漏洩説について、ニューヨークタイムズの記者が「研究所説の背後には人種差別がある」というツイートをして直ぐに消したと述べているのですね。

このニューヨークタイムズの記者の背後に中共政府がいるのかどうかは分かりませんけれども、少なくとも中国が「人種差別カード」を切ると、すぐさま反応して賛同の声を上げる人がいるのではないかと予想させます。

武漢ウイルスの研究所起源説の声が高まる中、どこからともなく「人種差別」の声が上がってくるのか。注意しておきたいと思います。




  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  
posted by 日比野寿舟 at 06:53Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント