日米韓連携を嫌がる中国

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。



1.日本は狼を引き入れた


3月17日、中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は記者会見で、日米両国の外務・防衛担当閣僚協議(2+2)の共同文書について、「中国の対外政策への悪意ある攻撃、著しい内政干渉で、中国の利益を損ねようとたくらんでいる。強烈に不満で断固反対だ……米日はぐるになって悪事を働いている……反中包囲網形成を企図している」と非難し、日本は「中国の台頭、復興を阻止」するためにアメリカに追従し「中日関係を破壊している」という認識を示し、「米日は中国を狙った小サークル」を即刻やめるよう強く促す」と述べました。

趙報道官は、尖閣について「中国は、釣魚島とその付属島嶼について争いようのない主権を持っている」と主張し、台湾や香港、新疆ウイグル自治区などの問題についても「国家主権や安全、発展の利益を守る中国の決心は岩のように固い」と強調しました。

趙氏は、日米が「冷戦思考に固執し、下心をもって集団で対抗し、反中包囲網を構築しようとたくらんでいる」とし、日本に対しては「アメリカの戦略に従属し、信義に背いて中日関係を破壊し、オオカミを部屋に引き入れるのをいとわなかった」と批判しています。

また、中国メディアの騰訊はこのほど、「日本は密かに7隻の空母を建造した」と主張する記事を掲載しているのですけれども、その中で「アメリカは、日本が目の前で7隻もの空母を造るとは思いもしなかったはずだ……このことから日本の野心がいかに大きいかがよく分かる」と主張し、日本は原子力発電に力を入れており、核兵器の分野で一定の成功を収めればいつでも核による反撃ができることになると分析。「そうなったら隣国だけでなく、世界中の多くの国が大きな被害を受けることになる」と最大限の警戒を示したそうです。

「アメリカは、日本が目の前で7隻もの空母を造るとは思いもしなかったはずだ」なんて言い草を聞くと、日米離間工作でも掛けようとしているのかとさえ勘ぐってしまいます。

つまり、日米が近づくことをそれだけ嫌がっているということです。


2.日本はアメリカに言い寄られても冷静さを保つべきだ


3月17日、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報英語版「日本はアメリカに言い寄られても冷静さを保つべきだ」と題する社説を配信しました。

その内容の概略を筆者なりに整理すると次の通り。
・日米両国は火曜日の「2+ 2」会合後、中国の行動を「既存の国際秩序と矛盾している」と批判した。
・ワシントンの要求を日本が飲めば、北京の信頼を損なう。
・英国は安全保障、外国および防衛政策に関する報告書でロシアを「最大の安全保障上の脅威」とし、中国は英国の経済安全保障の「最大の国家的脅威」とした
・中国に関する文書や声明は、アメリカまたはその主要な同盟国によってほぼ毎日発行されているが、さして重要ではない。彼らが言ったことを聞く必要はない。
・アメリカは中国封じ込めを世界的な外交と軍事協定の中核と見なしているが、すべての同盟国を召集することに失敗した。韓国の中国に対する物語は、日本とは異なるかもしれない。
・ワシントンは、同盟国に対し、中国と競争し、さらには対峙するように促すつもりだ。
・アメリカによる中国包囲のシナリオは口だけで実行されていない。
・過去数年間、日韓両国にとってアメリカとの関係は停滞している反面、中国とは関係拡大している
・中国はいくつかの国と領土問題を抱えているが、その規模は限定的だ。
・関係国は中国が紛争をエスカレートする積りがなく、中国を攻撃した場合の反発の強さを知っている。
・アメリカは中国に対抗するリスクを検討しなければならない。
・アメリカの同盟国は対中問題でアメリカに忠誠を払う必要はない。
一言でいえばアメリカに靡くな、言うことを聞くなといっています。


3.より大きな交渉の取引材料になることを望んでいる


環球時報は更に前々日の15日に「アメリカは日本、韓国がより大きな交渉の取引材料になることを望んでいる」という社説を出しています。

その概要を同じく整理すると次の通り。
・中国外務中央委員会の楊潔煥局長、中国国務院議員、王毅外相は、木曜日にアラスカ州アンカレッジでブリンケンとアメリカ国家安全保障問題担当補佐官のジェイク・サリバンに会う。
・ワシントンが日米と韓国の「2+ 2」会合の重要性を強調すればするほど、2つの会合はアメリカの中国との戦略的対話の準備交渉のように見える。
・このロジックは間違っている。ワシントンが真の脅威と見なしているのは、中国の経済発展の進展とそれに伴う成長だ。同盟国は役に立たない。
・日本の政治家は、日中関係と日米関係をゼロサムモデルに入れることはない。したがって日米同盟の対中戦略的機能には限界があるはずだ。
・韓国は、中国を封じ込めるためのアメリカの戦略的先駆者にはならないだろう。
・アメリカは、自身の問題は主に中国のせいであり、中国からの封じ込めと分離が世界におけるアメリカの絶対的な支配を回復するだろうという信念に夢中になった。
・アメリカの問題はすべて、グローバリゼーションの時代における競争力の低下に起因する。
・グローバリゼーションはの時代は終わった。冷戦時代の戦略を執ることは根本的に間違っている。
・アメリカの日韓訪問の目的が対中戦略対話であれば、それはアメリカによる日韓の搾取だ。日韓はアメリカの搾取に注意せよ。
これも趣旨は17日のそれと同じで、アメリカは日韓を使いっぱしりにするつもりでいるからその手に乗るな、と言っています。

筆者はちょっと面白いと思ったのは社説の中に「人類はより文明化され、砲艦外交から得られる利益は大幅に減少した」というくだりです。

中国がいまだに続けている「戦狼外交」は「砲艦外交」ではない、とでも思っているのでしょうか。

今の世界は確かにより文明化されており「戦狼外交」から得られる利益などほんの僅かですし、欧州など中国贔屓だった国々さえも、対中好感度はダダ下がりです。むしろ「戦狼外交」によって失ったものの方が多いようにさえ見えます。


4.韓国は戦略的な曖昧さを諦めるべきではない


環球時報を見る限り、中国政府は日韓がアメリカ側に立つことを嫌がっていることは明らかです。となるとやはりアメリカとの離間工作を掛けてくることは容易に予想されます。とりわけ米中の間でコウモリ外交をしている韓国なぞ絶好の相手でしょう。

3月11日、同じく環球時報は「ソウルはクワッドへの参加に関して戦略的な曖昧さを諦めるべきではない」という中国人民大学のチェン・シャオヘ(Cheng Xiaohe)准教授の寄稿を掲載しました。
・クワッドに対する韓国の態度は明らかに以前よりも前向きだ
・アメリカのブリンケン国務長官とオースティン国防長官が韓国を訪問し、ソウルにクワッドに参加するよう説得し、さらなる圧力を加えることが期待されている
・アメリカ側は防衛費用分担に関する合意締結や朝鮮半島、中国、北東アジア全体に関連する政策について韓国と話し合う可能性があり、それらと、韓国をクワッド及びG7サミットに招待するというパッケージ取引をするかもしれない。
・韓国は常に国際舞台でより大きな役割を果たしたいと考えており、G7にも参加したいと考えている。
・クワッドに参加することで、韓国とアメリカ、日本、インド、オーストラリアとの安全保障関係を強化することもできる。
・クワッドは小さな反中国グループだ。韓国がクワッドに参加することは、中国と韓国の間で回復したばかりの戦略的相互信頼を損なうだろう。
・クワッドに関して、韓国が戦略的な曖昧さに固執することはより良い選択だが、今は難しいかもしれない。
・クワッドに対する韓国の態度はかつて否定的であり、その主な理由は中国の反応を懸念していたことだ。
記事の題名どおり、中国は韓国に対し「戦略的な曖昧さを維持しろ」と命じた訳です。

これについて韓国ウォッチャーの鈴置高史氏は「アメリカ側に付いたら中国に何をされるか分からない、と韓国人は底無しの恐怖を覚えたことでしょう」と述べ、韓国の保守系各紙が、バイデン政権の登場と中国包囲網の結成に合わせ、2月から「アメリカ側に戻ろう」とのニュアンスの社説を載せ始めていたのがいつまで続くの見守る必要があると指摘しています。

まぁ、勝ち馬に乗るのが"得意な"あの国ですから、米中どちらが勝つのか明確になればなるほど、その態度ははっきりするのではないかと思います。その意味では、アラスカでの米中外相会談は一つの目安になるのかもしれませんね。


  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • almanos

    基本、中国は恫喝してほしいものを得るというパターンですから。逆に恫喝されて慌てているという所でしょうか。
    で、韓国については日米は「中国側に行って欲しい」でしょうね。既に特定アジアはまとめて処理というラインで固まっているだろうし。無能な味方は敵側の足を引っ張ってくれる方が良いし。
    2021年03月19日 09:34