無罪を勝ち取ったトランプはホワイトハウスに戻ってくるか

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。



1.トランプ弾劾無罪評決


アメリカの連邦議会への乱入事件をめぐりトランプ前大統領の責任を追及する弾劾裁判が1月9日から行われていましたけれども、上院は13日、トランプ前大統領に無罪の評決を下しました。

結果は、100人の議員のうち民主党系の50人と共和党の7人の合わせて57人が有罪と判断したのですけれども、有罪評決に必要な出席議員の3分の2には達せず、トランプ前大統領は無罪となりました。

投票結果の詳細はこちらにありますけれども、トランプ大統領を裏切った共和党の7人は、地盤が盤石か引退を決めている議員達だという指摘もあるようです。

弾劾裁判は全米にテレビ中継され、民主党側は事件当日の新たな映像を公開するなどして、多くの死傷者を出した乱入事件の責任は、支持者をあおるような言動を繰り返したトランプ前大統領にあると訴えたのに対し、共和党の議員の多くはすでに退任した前大統領に対する弾劾裁判自体が憲法違反だとして無罪と判断したと見られています。

まぁ、そもそも、トランプ前大統領の演説場所から議事堂まで歩いて30~40分も掛かるところを、演説終了からわずか3分で議事堂への突入が起きたり、民主党幹部の何人かが議事堂襲撃をトランプ演説の前に知っていたとFBIが暴露していましたから、そもそもにして無理筋に無理を重ねた弾劾裁判だった訳です。

結局最後に残ったのは、退任した大統領をも弾劾したという前例だけ。

これは後々まで尾を引くことになると思いますし、下院、上院で過半数を抑えた側の党がもう一方の元大統領を弾劾するという不毛な復讐劇が繰り返される可能性が出てきました。

権力構造的には、共和党、民主党以外の第三政党が台頭して、共和民主のどちらも過半数をとれない状況ともなれば、まだ多少は安定するかもしれませんけれども、トランプ前大統領が新党でも立ち上げない限り、現状では望みは薄いと思われます。




2.トランプは帰ってくるか


今回の弾劾裁判で無罪になったことを受けて、トランプ前大統領は、13日に声明を出し「弾劾裁判はアメリカ史上最悪の魔女狩りの続きで、これまでどの大統領も経験したことのないものだ。正義と真実のために努力を惜しまなかった弁護団などに感謝したい……アメリカを再び偉大にするための取り組みはまだ始まったばかりだ。数か月以内に私の考えを明らかにし、アメリカの偉大さを実現するためすばらしい旅を続けることを楽しみにしている」と、今後も政治活動を続ける考えを示唆しました。

トランプ前大統領が政界を引退しないことが明らかになったという意味では喜ばしいことですけれども、トランプ大統領が「数か月以内に私の考えを明らかにする」としていることが少し気になります。

一部ネットでは3月4日にトランプ氏はアメリカ"共和国"の第19代大統領として戻ってくるなどという噂も流れているようですけれども、仮にそうであれば、トランプ前大統領は「数か月」などという悠長なことを言わないのではないかと思うからです。

まぁ、これは単なる噂ですし、トランプ前大統領サイドが各州知事にトランプ派の人物を立てて、州レベルで立て直しを図っていることを考えると、あるいは、もう大統領職にそれほど未練は感じていないのかもしれません。

唯の杞憂かもしれませんけれども、今回の弾劾裁判否決でまだ共和党に影響力を持っていることも証明できたことですし、政界のフィクサーとして力を発揮するのかもしれませんね。


  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント