シックス・アイズと二重の中国包囲網

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。




1.シックス・アイズ


河野防衛相は8月14日付の日本経済新聞のインタビューで、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの5ヶ国で構成する、いわゆる「ファイブ・アイズ」について、「外交、経済で足並みをそろえるのは非常に重要だ」と述べ、「ファイブ・アイズ」からの協力打診について「色々な場面である」とした上で「それが恒常的になれば『シックス・アイズ』と言うかもしれない」と述べました。

ファイブ・アイズは第2次世界大戦中の1940年代後半に結成され、以後、軍事機密情報の傍受、盗聴を行っています。

情報収集の為、スパイ衛星9機を赤道上空、情報受信機トランスポンダー3機をアメリカ、アジア、アフリカ上空に打ち上げています。また、地上の受信アンテナは10基あり、カナダに1基、アメリカに2基、ニュージーランドに1基、オーストラリアに2基、イギリスに2基、ドイツに1基、そして日本の三沢基地にあるとされています。

もっとも、三沢基地のそれは撤去されたともいわれているのですけれども、真偽の程ははっきりしていません。

けれども、日本がファイブ・アイズにすんなり入れるかというと、それはそう簡単な話ではありません。秘密保持の問題です。

ファイブ・アイズでは軍事機密情報の共有が為されますから、日本は情報保護に関する法制や情報機関、防諜の問題をクリアしなければなりません。

河野防衛相は日経のインタビューで、日本がファイブ・アイズに参加することについて、「加盟するというのとは違う。椅子を持っていってテーブルに座って『交ぜてくれ』と言うだけの話だ」と、正式な加盟の手続きを取る必要性はないとの認識を示していますから、あるいは、極力今のままで、事実上のファイブ・アイズ参加を考えているのかもしれません。

ただ、外国からみて「スパイ天国」とも揶揄される日本です。やはりそれなりの体制を整えてからでないと、ファイブ・アイズも中々「交ぜてくれる」とはならないのではないかと思います。

fiveeyes3.jpg



2.日本を引き込みたいイギリス


尤も、ファイブ・アイズはファイブ・アイズで日本に入って欲しい事情もあるようです。

イギリス紙ガーディアンは、イギリス下院のトゥーゲントハット外交委員長が「ファイブ・アイズは数十年にわたり情報・国防分野で核心的な役割をしてきた。連帯を強化するために信頼できるパートナーを探さなければならない。日本は重要な戦略的パートナーだ」と述べ、ファイブ・アイズに日本が含まれ、協力分野も軍事・情報だけでなく、戦略的経済協力関係に拡大する可能性があると報じています。

実際、7月21日にトゥーゲンハット外交委員長ら議員団は、河野防衛相とビデオ会議をしているのですけれども、その際「ファイブ・アイズ」に日本を加えて「シックス・アイズ」にするアイデアをぶつけたところ、河野防衛相は「歓迎する」と前向きに応じたのだそうです。

なぜ、イギリスはファイブ・アイズに日本を入れたがるのか、その理由の一つは中国問題です。

イギリスのブレア元首相は今月、産経新聞の電話にインタビューに応じ、中国がここ数年間で一層権威主義化したと危機感を示した上で、自由主義諸国が連携して中国の脅威に対抗する必要があると述べました。

ブレア元首相はイギリスの対中政策について、「中国の経済が発展するにつれて政治もより開かれたものになるとの仮定が前提になっていた」と説明し、実際には逆方向に向かっていると断言。中国が共産主義を西側諸国の民主主義に代わるより優れた制度であると考えているとすれば「大きな過ちだ」と非難しました。

そして、「ファイブアイズと日本は中国問題において共通の利害で結ばれているため、十分な論拠があると思う」と、日本とも中国関連情報の共有を進めるべきだとの認識を表明して、日本のファイブアイズへの参加を検討すべきだと述べています。

まぁ、EUから離脱したイギリスにしてみれば、ファイブアイズを餌に日本を引き込むことができれば、より日本との関係が深まり、経済連携、協力も見えてきますからね。そこら辺りの計算も働いているようにも思います。

先程述べた7月21日のトゥーゲンハット外交委員長らと河野防衛相のビデオ会議では、河野防衛相が「環太平洋経済連携協定(TPP11)への参加」を呼びかけたそうですから、裏ではそれなりに話が進んでいるのかもしれません。


3.焦る中国


この日本のファイブ・アイズ参加観測に警戒感を示したのは当然ながら中国です。

8月20日、中国メディアの海外網は、日本がファイブアイズに加入する意向であるとして、その狙いについて分析する記事を掲載しました。

記事では、中国社会科学院日本研究所外交研究室の呂燿東(リュー・ヤオドン)主任の「日本はG7の一員として常に自分は西側の国だと認識している。しかも、日本はアメリカ、イギリス、豪州との経済・軍事面での協力を強化している。日本がファイブアイズに加入して情報を共有したいと考えるのは必然であり、どちらの側に立つのかを明確にしたと言える」との分析を紹介。

また、呂燿東氏は、TPPについて、アメリカが離脱した後、日本が主導して他の10ヶ国とCPTPPを結んだことを挙げ、「これは約5億人の人口をカバーしており、加盟国の国内総生産(GDP)は世界全体の13%を占める。日本は経済面で主導権と発言と力を獲得した……日本がファイブアイズに加入すれば、事実上の6番目の目となり、この地域における情報量が大幅に増加、発言力も自然と高くなる」と指摘。

さらに、「新型コロナウイルスの影響で重要な戦略物資の中国依存が明らかになり、ファイブアイズとしては日本を加えることで戦略的な経済関係を拡大し、戦略物資を確保したい狙いがある」としたほか、ファイブアイズが日本の衛星情報や近海で集めている軍事情報にも注目していることや、イギリスがEUを離脱して欧州以外の国との連携を模索していること、そして、アメリカも民主国家と「中国包囲網」を築こうとしていることもその理由に挙げています。

呂燿東氏は「茂木外相が最近イギリスを訪問したのは、貿易協定締結を進めるためだけでなく、南シナ海や香港問題についても話し合っており、その狙いは明確である。そして今、日本がファイブアイズへの加入を強く望んでいることは、政治的な意味合いが強い。これが実現するなら、日本とファイブアイズ各国は、経済や外交、安全の各方面での協力を強化することになる。東アジアの安全安定に不確実性をもたらすことになるため、注視して警戒すべきだ」と警戒感を顕わにしています。まぁ、中国からはそう見えるということです。


4.二重の中国包囲網


仮に日本が正式でなくとも、事実上のファイブアイズ参加国となれば、呂燿東氏の指摘するとおり、CPTPP加盟国を中心にアジア太平洋地域への発言力を増すことは間違いないと思いますし、何よりファイブアイズと軍事を含めた機密情報を共有することは、地域の安全と安定に大きく寄与することは間違いないでしょう。

呂燿東氏は日本がファイブアイズに加入することは「東アジアの安全安定に不確実性をもたらす」などと述べていますけれども、東シナ海、南シナ海で侵略行為を行い、台湾を攻め取ろうとしている中国がどの口でそれをいうのか、と言い返したくなります。

筆者は、今の日本は世界的にも非常に重要なポジションに居ると見ています。

蠢く中国と対中同盟」で取り上げましたけれども、来月、日本はインドと日印ACSAを締結する方向で進んでおり、更に、日印米豪による4ヶ国対中同盟も視野に入っています。

これらを地政学的に見ると、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのファイブアイズと、インド、アメリカ、オーストラリアとの同盟を、日本がハブになて結びつけることになります。いわば二重の包囲網です。

あとは、ここにロシアと願わくば中東をも引き込むことができれば、かなり強固な包囲網になると思いますけれども、一足飛びという訳にはいかないでしょう。目下のところはファイブアイズへの事実上の参加と日印米豪4ヶ国対中同盟の構築が大事になります。

日本政府には、まずこれを最優先で取り組んでいただきたいと思いますし、今後激変するであろう国際情勢を乗り切るためにも、しっかりとした外交が出来る政権をもつことの重要性に日本国民はもっと気づいてもよいのではないかと思いますね。


  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント