習主席国賓来日中止決議案

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。



1.習主席国賓来日中止決議案


7月3日、自民党外交部会は、党本部で役員会を開き、中国が香港への統制を強めていることを非難し、延期されている習近平主席の国賓来日を中止するよう政府に求める決議案をまとめました。

決議案では香港情勢について「中国が国家安全維持法の制定、施行を強行し、法施行と同時に大量の逮捕者が出るなど、懸念している事態が現実となった現在、この状況を傍観することはできず、強く非難する」と強調し、「習主席の国賓来日の中止を要請する」と明記していますけれども、自民党・中山泰秀外交部会長「現在、中国が香港で行っていることは、私は、国による、国家による、ドメスティック・バイオレンスだと」と、批判しています。

これまで外交部会などは国賓訪日について、政府に「再検討も含め、慎重に検討」するよう求めていたのですけれども、中山泰秀外交部会長は「再検討の段階からより厳しく対応しないといけない」と指摘。来日中止を求めることに、役員会で異論は出なかったそうです。

自民党関係者によると、部会役員らは3日に首相官邸を訪れ、菅義偉官房長官に決議を提出する予定だったのですけれども、岸田文雄政調会長が「中止要請の決定は重い」として、週明けに党内全議員が出席できる部会総会で諮るよう指示。6日の総会開催が決まりました・


2.勝手なことはさせない


岸田政調会長が、外交部会に党内議論と党内手続きを行った後、政府に申し入れるよう指示したのは、二階幹事長サイドから横槍が入ったからです。

二階氏はいわずとしれた親中派ですけれども、今回の決議案について事前報告がなかったらしく、二階派関係者は「中国と摩擦を起こしても仕方がない。勝手なことはさせない」と怒り心頭。二階氏サイドが岸田政調会長に掛け合い、決議案の文面を外務省と調整するよう求めたようです。

今回の決議案文面が外務省と調整されたものなかどうかは分かりませんけれども、「国賓来日の中止を要請」という文言について、二階氏が飲むとも思えません。

もし外務省と調整してもなおこの文言になったとしたら、外務省含めて、相当に中国に対して厳しい目を向けられているということです。この場合、週明けの総会は岸田政調会長が二階派に配慮してそうした場をもうけたと意味合いもあるのかもしれません。

二階派が「勝手なことはさせない」と息巻いているということは、週明けの総会で決議案の文言を変えさせようとしているものと思います。

これに対し、党内の保守系議員で構成する「保守団結の会」決議案の内容を後退させるべきではないとし、会員43人に部会総会への出席を呼びかけています。

6日の総会では、習主席来日中止を求める保守派と二階派との間で激しい議論が交わされるのかもしれません。


3.我々は相手にする時間も興味もない


この自民党の決議案の動きに対し、中国が早速反応しています。

3日、中国外務省の趙立堅報道官は記者会見で、「暫くの間、中国は日本側と重要な議題について議論していない……香港の問題をめぐる日本側の間違った議論について、すでに厳正に申し入れを行った……日本国内の一部勢力が、この問題を大袈裟に宣伝するのは意味のないことだ……日本国内の一部の人は、他国の事柄にとやかく口を挟み政治的な宣伝をすることに慣れている。我々は相手にする時間も、興味もない」と日本側に抗議したことを明らかにしています。

日本や世界の国々に内政干渉し、プロパガンダやサイレントインベージョンを仕掛けておきながら、まぁよくも抜け抜けと言えるものです。

そもそも「相手にする時間も興味もない」のであれば、最初からスルーすればいいだけのことです。

それを"厳正に申し入れを行った"のですから、興味も時間もアリアリです。それだけ効いているということなのでしょう。


4.公式な非難決議として出せるか


今回の決議について週明けどのようになるかについて、自民の青山繁晴参院議員は、自身のブログで次のように述べています。
香港への対応については、習近平国家主席の国賓来日をめぐる自由民主党の姿勢をより明確にするために、週明けからさらに正式な手続きに進みます。

まず月曜にも、外交部会・外交調査会の全体会議 ( いわゆる平場 ) が開かれます。

きょう金曜の役員会では、「習近平国家主席の国賓来日の中止を要請する」と「中止」を明言している非難決議案が諒承されました。

週明けの全体会議では、それを含めて、案の全文について自由な議論が行われます。

その結果、非難決議が正式に決まれば、党の政策審議に諮られ、そこでも決まれば、党の政務調査会による公式な非難決議として総理官邸に渡されます。

こうした党内の手順のなかで、今の案の中心部分が最終的に諒承されたなら、習近平国家主席の国賓来日の中止に加えて香港人への就労ビザの発給などが党から政府へ提示されることになるでしょう。
自民党の政務調査会による公式な非難決議として習近平主席の来日中止が提示されたとなると、官邸とて無視することは出来ません。

6日の自民党外交部会総会でどんな議論が交わされ、どのような文面になるのか注目です。


  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント