在米中国総領事館閉鎖

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。



1.中国総領事館閉鎖要求


7月21日、アメリカ国務省はテキサス州ヒューストンにある中国総領事館を閉鎖するよう中国に求めたことが明らかになりました。

国務省のモーガン・オータガス報道官は報道陣に対し、「アメリカの知的財産と国民の個人情報を保護するため、同総領事館の閉鎖を指示した」と説明。さらにウィーン条約に触れ、同条約の締約国は、外交使節団の接受国の「内政問題に介入しないという義務がある」と述べました。

国務省は、閉鎖指示の具体的な理由については明らかにしていませんけれども、「知的財産と国民の個人情報を保護」とウィーン条約に触れているところを見る限り、中国がスパイおよびアメリカ国内での工作を行ったことを窺わせます。

ヒューストンの地元メディアによると、21日夜には、総領事館の中庭で書類が燃やされているという通報を受け、消防と警察が出動。煙は確認されたものの、警察官らは「構内に入ることが許されなかった」とツイッターに投稿する一幕がありました。

中国メディアによると、アメリカが72時間以内の退去を求めたそうですから、慌てて書類を処分しているのだろうと思われます。


2.武漢のアメリカ領事館閉鎖検討


この総領事館閉鎖指示について、22日、中国外務省の汪文斌報道官は、「中国はアメリカに対し、誤った決定を直ちに撤回することを強く求める。さもなければ、中国は必ず適切かつ必要な対応を取ることになる……両国関係を損なう理不尽で不当な動きを強く非難する」と批判しました。

関係者によると、中国は報復措置として武漢のアメリカ領事館に対する閉鎖通告を検討しているとの話もあるようです。

もちろん、アメリカとて、中国の反発は想定しているでしょう。たとえ、総領事館の職員が書類を燃やして証拠隠滅を図ったとしても、とっくに証拠を握っている筈です。

もし、中国が武漢のアメリカ領事館に閉鎖通告をしたら、カウンターでその証拠の一部を開示することだって考えられます。

或いは、アメリカは中国がキレて、アメリカ領事館を閉鎖させるのを待っているのかもしれません。証拠を開示する口実になりますからね。

それにアメリカにある中国の在外公館はヒューストンだけではありません。ワシントンの在アメリカ合衆国大使館 、在サンフランシスコ総領事館、在ニューヨーク総領事館、在ロサンゼルス総領事館と多々あります。

なんとなれば、アメリカはこれら在中国総領事館、大使館をひとつづつ順番に閉鎖指示を出して、ゆっくり追いつめることだって出来なくもありません。


3.警備員の英語を理解できなかった


過去にも中国はアメリカに対してスパイ容疑の行為をして、外交官が追放されたことがあります。

昨年9月下旬、アメリカ政府は南部バージニア州ノーフォークの海軍基地に侵入しようとした在米中国大使館の館員2人を国外追放処分にしています。

中国大使館員2人は自分達の妻と共に車で海軍特殊部隊SEALSのエリート部隊「チーム6」の本部などが入るアメリカ軍基地のゲートのチェックポイントから侵入。警備員が立ち入り許可を得ていない車であることに気づき、Uターンしてゲートから出るように指示したのですけれども、それを無視。最終的に消防車が行く手を遮るまで、基地内を走り続けました。

大使館員らは「警備員の英語を理解できなかった、道に迷った」と話したそうですけれども、中国の在米大使館員が英語が分からないなんて有り得ません。

2人のうち少なくとも1人は中国の情報当局者とされ、スパイ容疑で国外追放も当然の処置です。

此の事件の後、国務省はアメリカに駐在する全ての中国外交官を対象に、米連邦政府や地方政府の当局者と面会する際は事前の届け出を義務付けることにしたのだそうです。


4.米中開戦までの猶予


今回の総領事館閉鎖指示について、ネットでは様々な憶測が飛んでいますけれども、中国側の組織的な武漢コロナのワクチンへのハッキングもその理由の一つに上がっているようです。

実際、アメリカ司法省は、複数企業から新型コロナ研究を含むデータを盗んだり盗もうと試みたとして、中国政府のため活動する中国人ハッカー2人を先日、起訴しています。

更に、トランプ政権幹部が、中国共産党員とその家族の入国を禁止することを検討していると報じられていることなどから、これは戦争準備だという声もネットには上がっています。

実際、21日、アメリカのポンペオ国務長官は、イギリスのジョンソン首相やラーブ外相と会談。外相との共同記者会見で「私たちは香港の自由が押し潰され、中国共産党が近隣諸国をいじめたり、南シナ海を軍事化したりするのを目撃した……合法的な根拠のない海域で領有権を主張することはできません。ヒマラヤ山脈で近隣諸国を脅していじめることはできません。WHOのような国際機関で隠蔽を行ったり、取り込んだりすることはできません」と中国を厳しく批判。そして「中国共産党に、こうした行動を取ることは彼らにとって最善の利益ではないと確信させるために、驚異を理解する有志連合を構築できることを願っています」と呼びかけています。

筆者も戦争準備だという見解を同意します。

では、いつ戦争になるのかというと、少なくとも年内は可能性は低いのではないかと見ています。

というのも、アメリカのエスパー国防長官が年内の中国訪問に意欲を示しているからです。

21日、イギリスのシンクタンクである国際戦略研究所(IISS)のオンラインイベントに出席したエスパー国防長官は「中国との建設的で結果を追求する関係が重要だと考えている……年内の訪中を望んでいる」と語っています。

これに関連し、国防総省のホフマン報道官は記者会見で「中国との軍事当局者間の関係を維持することが目的の一つだ。相互の誤解を避けるためにとても重要だ」とコメントしています。もっとも、エスパー国防長官自らが中国側と訪中について協議したことはないそうですから、まだまだ具体的な話にはなっていないものと思われます。

ただ、年内という期限を口にだしたということは、裏を返せばそれまでは待つということだと思います。

今年も早や半分過ぎようとしています。米中どちらにつくかなど呑気な事を言っていられる時などないと知るべきではないかと思いますね。


  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント