今秋解散はあるか

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。



1.共に民主党


7月15日、立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は両党の合流をめぐり国会内で会談しました。

福山氏は、「両党がいったん解散し、新設合併方式で新党を立ち上げる形での合流と党名」および「結党大会で所属国会議員による代表選を実施」、「綱領は両党で協議し、連合が検討中の"コロナ時代の社会のあり方"を十分に考慮に入れ作成」、「その他の項目は昨年12月27日の両党幹事長の確認事項による」との計5項目を提案しました。

両党は昨年末に合流協議を始めていたのですけれども、党名などを巡って折り合わず、一旦破談。その後、水面下で協議を進めていました。


福山氏は、党名について、党名を「立憲民主党」に、略称は「民主党」にする案を提示したようです。

会談では、福山氏が、期限は区切らないものの速やかに回答するよう求めたのに対し、平野氏は持ち帰って検討する考えを示しました。

会談後、福山氏は記者団に対し「全員が新しい政党に入る環境を整えることが大事だ。略称の『民主党』はかつて政権交代を果たした知名度もあり、大きな信頼と期待を寄せていただけるのではないか」と述べた一方、平野氏は「示された内容を否定するつもりはないが、十分か不十分かはこれから議論する。『これではダメだ』と、こちらから改めて提案することもある」とコメントしています。

野党合流の動きは当然、解散総選挙を睨んだものだと思われます。


2.九月解散説


与党内で衆院解散観測が浮上する中、そのタイミングを巡って様々な噂が流れています。

「今秋」説がある一方、武漢ウイルスによる景気悪化や公明党の慎重姿勢を受けて「年末・年始」が現実的との声も出ています。

ただ、今年は11月にアメリカ大統領選挙があり、また、来年の東京五輪の開催についての最終判断のタイムリミットでもありますから、ここが直近のヤマになることは間違いないと思われます。

政治ジャーナリストの野上忠興氏は「米国で政権交代が起きれば新政権は残り任期が1年しかない安倍首相を相手にしないでしょう。そのうえ経済の展望がなくなることで首相の求心力は一気に下がり、与党内でも米国からも総理交代を求める声が強まるはずです」と述べています。

そんな中、危機の前に解散・総選挙を打つべきだと安倍総理に進言して「9月解散、10月総選挙」を唱えているのが麻生副総理です。その裏には、「選挙で大敗しなければ来年9月の総裁任期まで安倍政権をもたせられる」との目論見があるとされています。

実際、安倍総理は与党幹部との会合を重ね、麻生副総理とは6月10日以降、度々長時間にわたり会談しています。

ある閣僚経験者は「投票日は10月25日だろう」と述べるなど、今秋解散の憶測が与党内で広がっているようです。


3.タイミング的には今年秋


では、来年の解散となるとどうなるのか。

衆議院議員は来年10月に任期満了で、安倍総理の自民党総裁任期はその1ヶ月前の来年9月末までです。

直前の夏には、中止されなければ東京五輪・パラリンピックの開催がありますし、更にその前の年始から春先には武漢ウイルス第二波の懸念があります。

今の武漢ウイルス禍を見ていると、第二波がやってきたら、とても選挙どころではないだろうと思います。

となると、タイミング的にはやはり今年秋しか残っていないように見えます。


4.政局の風


ところが今、安倍政権は支持率が下降していて、中々厳しい状況です。

直近では、7月8日、河井克行前法相と妻の河井案里被告が公職選挙法違反で起訴されていますし、少し遡れば、1月に秋元司被告が収賄罪で起訴。

河井案里被告と秋元司被告は既に自民党を離党していますけれども、二階氏に近い自民党幹部によると、「案里被告は離党の際も『今後も二階先生のご指導を仰ぎたい』と希望していた。二階氏も了承したので、保釈されたら案里被告は二階派の特別会員です」という経緯があったようで、秋元司被告と合わせて両名は共に二階派の扱いなのだそうです。

そして、先日、自民党外交部会が中国の習近平主席の国賓来日の中止を求める決議をして、二階氏の影響力低下が明らかになりました。

外交部会の決定については先の二階氏に近い幹部は「二階氏は外交部会の決定に『何を言ってんだ』『わかってないぞ』と大荒れ、めちゃくちゃ怒っている。自身が安倍政権を支えていると自負しているが、外交部会の主要メンバーが首相に近いことが気に入らなかったよう。怒りに拍車がかかっている。その上、秋元被告に続き、案里被告も起訴され、『なぜ、うちの派閥だけこうなるんだ』と不快感を隠せないようです」と漏らしています。

内閣支持率が低迷している安倍内閣としては、総選挙が遠のけば遠のくほど、何らかの形で支持率回復を図る必要が出てくると思われます。

一部には夏に内閣改造に踏み切るという噂もあるようですけれども、「夏の内閣改造で安倍首相に幹事長を代えられたら、石破氏をポスト安倍に担ぎ、総裁選で負けたら最悪、自民党を割って出るという選択肢も考えているようだ」と言う声もあるようです。

風雲急を告げる永田町。秋から年末に向けて政局の風が吹きそうですね。


  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント