民度の違いとファクターX

今日は感想エントリーです。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。



1.民度が違う



麻生副総理の民度発言が話題になっているようです。

6月4日、参院財政金融委員会冒頭、自民党の中西健治議員から「わが国の新型コロナ対応は世界的に見てもまれな統制力の薄いものだ。危機に当たっても自由という価値を守り続けていることは高い評価を受けられるべきものだ」と麻生副総理の見解を求めました。

これに対し、麻生総理は「どうでしょうね。『自由』って言うけど、憲法上できなかったから結果としてなっただけであって、そういった見識を持って、これに臨んだのかね……憲法上の制約があったからこれが最大限だったというように理解して、それでも効果があったというのがミソですかね」との見方を示しました。

そして「こういうのは死亡率が一番問題」と前置きした上で「調べてみたが、人口100万人当たりの死亡者が日本は7人、フランスは228人、米国が824人、英国で309人……『お前らだけ薬持っているのか』とよく電話かかってきたもんですけども、『おたくとは、うちの国とは国民の民度のレベルが違うんだ』っていつも言って、言ってやるとみんな絶句して黙るんですけど、そうすると後の質問が来なくなるんで、それが一番簡単な答えだと思って、クオリティーが違うという話をよくしていました」と述べました。

更に、「島国で連帯的なものも強かったし、いろんな意味で国民が政府の要請に対して、極めて協調してもらった。暴動が起きたわけでもなし。いろんな意味で国民性。いずれにしても、海外から見ればゆるいお願いレベルの話であっても、これだけ効果が上がったというのは、我々としても誇りに思わにゃいかん大事なところだと思っております」と答えました。




2.シンプルな答えだから使った


この麻生発言に対し、立憲民主党の蓮舫参議院議員は、自身のツイッターで「貴方はどれだけ偉いのでしょう、麻生大臣……国籍を問わずコロナ感染症で亡くなった方、そのご家族のお気持ちに寄り添わず、『民度』の違いとの認識を国会で披露。日本の財務大臣発言として海外に発信されてほしくない」と批判。日本共産党の小池晃参議院議員も「世界中が絶句する暴言」とツイートしています。

けれども、麻生副総理の発言は、至極率直なもので、偉ぶっている訳でもなんでもないと思います。

緩い統制をしたのは自由という価値を守るためだったとの前ふりに、「憲法の制約でそうなっただけで、自由という価値を守るためにやったわけではない」と実に正直に答えています。これは言葉を変えれば、「他国のような政策は採れなかった」という日本の限界を示したものでもあり、その意味では、それこそ「世界中が絶句する」暴露発言だったといえるかもしれません。

そんなお願いレベルの自粛要請は、ブラジルやスウェーデンのような「ノーガード」戦法と大差ありません。普通に考えればそうなります。

けれども、ブラジルやスウェーデンは大量の死者を出し、日本はぐっと死者を抑えている。現実はそうなっています。

それをみれば、他国が「お前らだけ薬持っているのか」と問い質すのも当然といえば当然です。しかし日本は、武漢ウイルスのワクチンなど持っていません。他国からみて薬を持っているとしか思えない死亡率の低さを説明するのに「民度が違う」「クオリティーが違う」というのが、一番シンプルな答えだから使っただけのことでしょう。

それを「偉ぶって」とか「暴言」とかいって批判するのは、揚げ足取りというか、批判の為の批判にしか過ぎないと思います。


3.ファクターX


ただ、筆者として願わくば、他国からみて薬を持っているとしか思えない日本の死亡率の低さを説明するのに「民度」ではなく、もう少し明確な答えが出来るとよいと思います。

一口に「民度」と言っても、普段の生活の中での衛生意識の高さや、要請だけで8割近くの接触機会削減を成し遂げてしまうなど、「民度」の中には色んな要素が含まれていますからね。

もっとピンポイントで「これだ」というものを提示できれば、他国もより納得してくれるのではないかと思います。

京都大学の山中伸弥教授は、武漢ウイルスの感染拡大や死者の数が他国と比べて抑えられている現状について「私は、何か理由があるはずと仮説し、それをファクターXと呼んでいます。ファクターXを明らかにできれば、今後の対策戦略に活かすことが出来るはずです」と述べ、その候補として次の7つを挙げています。
・感染拡大の徹底的なクラスター対応の効果
・マスク着用や毎日の入浴などの高い衛生意識
・ハグや握手、大声での会話などが少ない生活文化
・日本人の遺伝的要因
・BCG接種など、何らかの公衆衛生政策の影響
・2020年1月までの、何らかのウイルス感染の影響
・ウイルスの遺伝子変異の影響
6月5日、大阪の吉村知事は麻生副総理の発言について、事後検証が必要としたうえで、「『物議』でなく、『分析』して欲しい」とツイートしています。

吉村知事は「感染が爆発拡大した欧米諸国やブラジルの日本大使館を通じて、現地の日本人、日系人、アジア系の人達と、それ以外の人達とで、感染率や致死率に明確な差異があるのかどうか。ファクターXの一つとなりうる」と指摘していますけれども、ファクターXが何かを突き止め、それを広く公開することは、たとえ今回の武漢ウイルスが終息したとしても、その後の第二第三の武漢ウイルスが登場した時にも大きな力になるのではないかと思いますね。


  twitterのフリーアイコン素材 (1).jpeg  SNS人物アイコン 3.jpeg  カサのピクトアイコン5 (1).jpeg  津波の無料アイコン3.jpeg  ビルのアイコン素材 その2.jpeg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • まあ

    確かになにか要因は有るのでしょう
    日本人(というより日本民族ですが)に特有の一般的食べ物とかも考えられます
    別にブラジルの日系移民などを見るまでもなく、日本国内にもちゃんとそれを知る手がかりはあります
    日本国内における治療中の感染者・発症者の国籍です
    ここから公約数的な民族や生活習慣などの因子はほぼ洗い出せるはずですが、それを妨害しているのが、頑なに感染者・発症者の国籍を公表しようとしない厚労省・日本政府の姿勢です
    差別助長防止などと言いながら、原因解明を妨害することは、逆に全人類に対する罪にすらなる事をもう少し理解するべきでしょうね
    2020年06月07日 14:27
  • 一笑に付されるかもしれませんが述べます。 国家間の感染差は別にして、国内の差で面白い資料があります。 総理府の統計に各種食料の一人当たりの消費量を県別にまt
    2020年06月08日 13:08
  • 途中で送信したり、消えたりしてすみません。・・・県別の資料があります。昆布は1位岩手2位富山 若布は1位島根2位鳥取。未感染県(岩手・富山・島根・鳥取)が4県残り、最後は岩手のみになりました。 昆布の産地の北海道では出汁として使うがあまり食べないそうです。 昆布・若布ともよく食べる東北地方は死者2人です。
    2020年06月08日 13:49