国際法違反の韓国には自分で作ったツケを支払わせよ

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

1.元徴用工賠償金は在日韓国企業に支払わせよ

11月1日、日本と韓国双方の日韓議員連盟は東京で合同総会を開きました。

2年前、東京で同じく総会を行った当時、韓日議連の議員らは安倍総理を表敬したのですけれども、今回は表敬の席は設けられず、総会への安倍総理からの祝辞もありませんでした。

合同総会では、首脳会談の早期開催を促す共同声明を発表したものの、双方の主張は平行線に終わり、韓国KBSは、河村建夫・日韓議連幹事長の「韓国の司法部の判断があったとしても、韓国の内政を通じて解決すべき事です」とのコメントを紹介しながら、日本の議員たちは「韓国のせい」と言い続けたと報じています。

それはそうでしょう。今の事態は「韓国のせい」以外の何物でもありません。

この件について韓国側はいつも「日韓両国が智慧を出して解決策を云々」といいますけれども、自分から解決策を出すことはありません。出したとしても、1+1とか、日本が到底受け入れられない案を何度も焼き直してくるだけです。

先の河村日韓議連幹事長のコメントに対しても、韓日議連の姜昌一会長は「強制動員の賠償・補償などの歴史問題は被害者の傷と結びついた敏感な事案であるため、繊細なアプローチが必要……強制動員賠償・補償など、歴史問題の解決のためには対話を持続的に持たなければならない」というものの具体的アプローチは何ら示しませんでした。

外交消息筋は「日韓の政治家たちの態度は少し前と比べると完全に入れ替わったようだ。韓国の政治家たちが『竹槍』など反日発言をこれ以上しないのは幸いだが、具体的な解決策もなく、日本に『対話を求める』ばかりでも解決策にはならない」と述べている通りです。

この問題は、ひとえに国際法違反をしている韓国がどうするかという問題であって、日本がどうするかという問題ではありません。

韓国側は元徴用工裁判で日本企業の資産を差し押さえしていますけれども、もしこれが現金化される場合、日本政府は国際司法裁判所への提訴と、同額を韓国政府への賠償請求も共に検討していると報じられています。

これについて、橋下徹・元大阪市長が「文藝春秋」の対談で「現金化で日本企業に損害が生じれば、同じ金額で日本国内の韓国企業の資産を差し押さえることを提案する……元徴用工が韓国国内の日本企業から賠償金を受けても実質的には日本国内の韓国企業からお金を受ける構図のシステムを作れば、日本企業は損害を被らず、韓国も賠償金を受けるのが馬鹿らしくなってやめるだろう」と述べていますけれども、これは中々よい案だと思います。

どうせ、韓国政府に請求しても無視するであろうと思われることを考えると、半自動的に日本国内の韓国企業が賠償金を払う形に持っていくことがこの問題に決着を付けるにはよいと思います。

一方、韓国政府が無視すると分かっている上で、あえて請求して、韓国政府に無視させることで、今後延々と韓国を批判するネタに使うという手も考えられなくもありません。

慰安婦合意を反故にした韓国に非があると責めるのと同じ構図です。このような"ネタ"を沢山積み上げておくことで、韓国が日本にすり寄って来るときのハードルをどんどん高くするというもの悪くはありません。




2.見せて貰おうか、文喜相の謝罪の真正性とやらを

同じことは、日韓議員同士の会談にもいえます。

安倍総理が文大統領との会談を見送り、韓国に「約束を守れ」と要求していますけれども、それ以外にも韓国に謝罪を求めている議員もいます。

山東昭子参院議長もその一人です。

11月4日、国会でG20国会議長会議が行われるのですけれども、この会議に韓国からも文喜相議長が出席する予定でした。

この文議長は、ブルームバーグ通信のインタビューで、昭和天皇を「戦争犯罪者だ」との暴言を吐き、譲位前だった上皇陛下を「戦争犯罪の主犯の息子だ……慰安婦問題の解決には、天皇の謝罪が必要だ」と言い放った人物です。

山東議長はホスト国議長である手前、韓国も招待せざるを得なかったのですけれども、9月下旬、南官杓駐日韓国大使に、文議長への招待状を手渡した際、「文議長の発言は甚だしく無礼だ。受け入れられない。自分の発言が招いた現状をどう打開するのか、聞かせてほしい」と抗議、南大使は「本国に伝える」と答えました。

その後、文議長から山東議長に対し「自身の発言によって心を痛められた方々へのおわび」を記した書簡が寄せられたそうなのですけれども、山東議長は、「その内容では十分ではない」として、10月に文議長宛てに発言の撤回と謝罪を求める書簡を送ったことが明らかになっています。

6月20日のエントリー「目先の保身に走って国ごと沈む韓国」で述べたことがありますけれども、文議長の「自身の発言によって心を痛められた方々へのおわび」という文言は、6月13日に文議長が鳩山由紀夫元首相に「謝罪の意」を表明したとされる表現とほぼ同じです。

件のエントリーでも指摘しましたけれども、この表現は、自身の発言を撤回した訳でもなければ、日本政府に対し正式に謝罪の意を示した訳でもありません。要するに謝罪ではないということです。

山東議長が十分ではないと突き返したのは当然と言えます。

韓国は日本に対して「過去を謝罪しろ」といっていますけれども、それで日本が謝罪しても「心が籠ってない」とか「真の謝罪ではない」とか一ミリも受け入れることがありません。

これが許されるならば、同じロジックで、文議長が発言を撤回し、日本政府に正式に謝罪しても「真の謝罪ではない」と永遠に拒否することが出来る筈ですね。

果たして、山東議長から上皇陛下侮辱発言の撤回と正式謝罪を要求された文喜相議長は、G20国会議長会議をドタキャンし、翌5日へ来日を延期するようです。つまり撤回も謝罪もする積りがないということです。

ならば、文喜相議長の上皇陛下侮辱発言も、韓国を批判するネタに加え、謝罪と撤回がない限り、対話も会談もないと突っぱねていってもよいのではないかと思いますね。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • cocoa

    ❝歴史問題はデリケートな問題❞と、よく言われますが歴史の真実はひとつしかありません。
    デリケートになるのは嘘を重ねて、それを誤魔化す為に切り貼りをしていくうちに訳が分からなくなったために真実が見えなくなっているからにほかなりません。
    歴史問題は擦り合わせをするものではなく、過去の資料を精査し正しい歴史を導くものです。
    私はこのかさぶたを剥がすような無意味な歴史問題に終止符を打つために、各国の歴史学者に資料と資金の提供をし、自由な発言と論文の提出による真実の歴史を提示してもらい、最終的には国際機関でジャッジさせる事が一番の近道のような気がします。
    2019年11月04日 14:19