香港の逃亡犯条例改正案の正式撤回と次期行政長官候補

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

1.逃亡犯条例改正案の正式撤回

10月23日、香港の立法会で治安トップの李家超保安局長が、中国本土への容疑者引き渡しを可能とする「逃亡犯条例」改正案の正式撤回を宣言しました。

香港政府は9月4日に条例案撤回を表明。それを受けて正式撤回の宣言は当初、今月16日に立法会で行われる予定だったのですけれども、民主派議員が林鄭月娥行政長官の辞任を求めるなど抗議の声を上げたため休会となり、延期されていました。それがようやく正式撤回された訳です。

4ヶ月続く香港デモもその発端は逃亡犯条例の改正案でしたけれども、いまやデモ隊の要求はエスカレートし、普通選挙導入など「五大要求」を掲げています。

こうしたことから、デモ隊側は改正案が撤回されてもデモ活動そのものに大きな影響は与えないとみられています。




2.逆効果とみられている覆面禁止法

また立法会ではデモ参加者にマスクの着用を禁じた「覆面禁止法」の審議を22日から始めています。覆面禁止法は、1997年の香港返還後初めて発動された「緊急状況規則条例」に基づいて立法会の手続きを経ず制定されたもので、審議は事後的に行われています。

香港メディアによると、専門委員会での審議では、香港政府側が覆面禁止法について「臨時の措置」を強調した上で「仮に状況がある程度落ち着けば撤廃する」との考えを示したそうなのですけれども、デモ隊側には覆面禁止法にも不満が強く、立法会が事後承認すれば抗議活動が激化する可能性もあるとも言われています。

実際、「覆面禁止法」は香港市民にも評判が悪く、香港中文大が世論調査を行ったところ「同法には過激な抗議活動を抑える効果があるか」との質問に62.3%が「逆効果」、21.2%が「効果なし」。「効果がある」と回答したのは15.1%で、実に83.5%が役に立っていないと考えていることが、明らかになっています。

18日夜に香港各地で開かれた抗議デモには、中国の習近平国家主席のお面をかぶるなどした多数の市民が参加して抗議しています。

もし、覆面禁止法が正式承認されるようなことがあれば、習近平のお面を被った何万人ものデモ隊が香港を練り歩くという凄まじい光景がみられることになるのかもしれません。
syukin-omen.jpg



3.林鄭月娥行政長官の更迭

一部では、行政長官を辞任したがっているとも報じられている林鄭月娥行政長官ですけれども、イギリスのフィナンシャル・タイムズは中国政府が林鄭月娥行政長官を更迭し、代わりに「暫定」行政長官を置く計画を策定中だと、匿名の関係者を引用して伝えています。

それによると、中国の習近平国家主席がこの計画の実行を決定すれば、後任の行政長官は来年3月までに就任し、林鄭長官の残りの任期を務める見込みで、次の任期5年については不透明だとしています。

フィナンシャル・タイムズは、中国政府はデモ隊の暴力行為に対する「譲歩」とみられることを避けるため、交代を決定する前に、事態を沈静化させることを望んでいるという見方を示し、来年3月の全人代までに事態収拾を図ろうとしている可能性があるとしています。

フィナンシャル・タイムズは後任の有力候補として、香港金融管理局の陳徳霖(ノーマン・チャン)前総裁と唐英年(ヘンリー・タン)元政務・財政司司長を挙げていますけれども、どちらも金融、財政職の経験があるところを見ると、中国政府も香港の金融センターとしての役目を今後も維持したい思惑があるのかもしれません。




4.次期香港行政長官候補

陳徳霖氏は1976年に香港中文大学社会学部を卒業後、香港政府行政サービスに入社。1993年に香港金融公社が設立されたとき、アシスタントプレジデントに任命。1996年にバイスプレジデントに昇進し、香港の金融インフラの開発や香港への人民元銀行サービスの導入を含む多くの重要な金融政策とプロジェクトと、アジア中央銀行の地域金融協力を促進しています。

1998年の金融混乱では、陳徳霖氏は金融システムを安定させるために香港政府が市場に参入するプロセスで重要な役割を果たしたとされています。

2010年、香港金融管理局総裁職にあった陳徳霖氏は「香港は国際的な金融センターである。また1国2制度の下、歴史・文化・人的交流・物流・資金流通・情報流津など全ての方面で大陸部と連携しており、国外の他地域とは比較にならない」と述べ、香港の役割について人民元国際化の「窓口」であり、「試験場」であり、「防火壁」であると例えています。

一方、唐英年氏は1971年にミシガン大学を卒業。1976年にイェール大学の修士課程を経て帰国、父親の経営する紡績会社に勤務し、1991年から1997年まで立法局議員を務めます。その後、香港工業総会会長、工商・科学技術局長などを歴任。2003年から2007年まで財政長官を務め、2005年には、曽蔭権の行政長官代行辞任に伴い一時行政長官代行を務めた経験があります。

唐英年氏は2012年の香港行政長官の選挙に立候補して敗れているのですけれども、前年の2011年9月20付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国政府高官に近い筋の話として、「これは共産党の香港・マカオ指導部の勧告を受けた決定。中央政府は、大半の公務員の支持を得ている唐氏を次期行政長官にしたい考え」と、当時中国政府は唐英年氏を支持していたことを伝えています。

2011年8月、李克強副首相が香港を訪問した際、抗議デモが発生したのですけれども、警察が催涙スプレーを使用し、231人を逮捕したことがあります。当時、これら安全対策が人権侵害に当たると批判されたのですけれども、唐英年氏は「まったくの戯言」と一蹴しています。

従って、もし唐英年氏が次期香港行政長官になっても、依然として、デモ隊に強く当たることが予想されます。

これら林鄭長官の更迭や次期行政長官に関するフィナンシャル・タイムズの報道について、23日、中国外務省の華春瑩報道官は定例記者会見で、中央政府は林鄭長官を強く支持するとして、フィナンシャル・タイムズの報道はうわさにすぎないと一蹴しています。

ただ、まったく火の気のないところに煙は立たないでしょうし、具体的な名前まで上がっていますからね。いずれにせよ来年3月の全人代までに何等かの動きがあると思われます。

その時にデモが鎮静化しているのかどうか。まだまだ予断を許しません。

jikihon.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント