駐韓米国大使公邸侵入事件

今日はこの話題です。
画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

1.駐韓米国大使公邸侵入事件

10月18日、韓国・ソウル市中区のアメリカ大使公邸の塀を乗り越えて侵入するという事件が起きました。

侵入したのは親北朝鮮団体「韓国大学生進歩連合」所属の大学生で、彼らは、男性2人が警察官3人を体で阻止する間に、女性11人を含む17人が、大使公邸の塀をはしごを使って越えて中へ入ると、大使一家が生活している公邸の建物の玄関前を占拠し、「米軍支援金5倍増額要求 ハリスはこの地を去れ」と書かれたプラカードなどを掲げるなど1時間以上も反米デモを繰り広げました。

当時、ハリス駐韓アメリカ大使とその家族は公邸を空けており、最終的に侵入した学生ら19人は建造物侵入容疑で身柄を拘束されたのですけれども、警察はデモ隊の中にいた男性だけを連行し、女性11人は数十分間デモするがままにしていました。

警察は「梯子をむやみに取りのけた場合、乗り越えている学生らが落ちて大けがをしかねない……女性の体に手を出しと問題になりかねず、女性警察官の到着を待っていた……ほかの場所へ行かないよう包囲はしていた」と主張していますけれども、外交関係に関するウィーン条約で、大使公邸を保護する「特別な義務」が課されていることを考えると只の言い訳にしか聞こえません。

韓国大学生進歩連合(大進連)は、1980年代の学生運動を主導していた全国大学生代表者協議会(全大協)を継承して、1993年に結成された韓国大学総学生会連合を母体とし、2018年3月に他の左派団体と合併して出来た団体です。

前身の韓国大学総学生会連合は、1996年夏、延世大学校で大規模な暴力デモを行ったことから、大法院によって「利敵団体」と規定されたことからみてもその性格は明らかです。

実際、この団体は、昨年「金正恩国務委員長のソウル訪問を歓迎する白頭称頌委員会」の結成を主導し、ソウル各所で金正恩ソウル答礼訪問歓迎のPR活動をを行い「金正恩万歳」を叫んでいますし、先日もソウルの光化門広場で世宗大王像を占拠し、反米デモを行っています。

これは、穿った見方ですけれども、今の文在寅政権が親北であり、左翼政権であることを考えると、韓国大学生進歩連合と裏のパイプか何かがあり、ハリス大使一行が公邸にいない日を狙って侵入させたのではないかとさえ、思ってしまいます。


2.怒れるアメリカ

この事件にアメリカは激怒。18日、駐韓アメリカ大使館は、「大韓民国が、全ての駐韓外交公館を保護するための努力を強化することを強く促す」という声明を出し、ハリス駐韓アメリカ大使も、ツイッターで「ソウルの中心部から13ヶ月ぶりに2回目に起こった出来事」と不快感を表明しています。

昨年9月には、朝鮮族の女性が大使公邸に無断侵入する事件がありましたけれども、1年と少しでまた侵入事件が起こったことになります。普通では考えられないことです。

アメリカ大使館は、韓国に対し、全ての駐韓外交公館の保護強化を強く促すと発表していますけれども、この促すには「urge」という表現が使われ、元外交官によると「urgeという表現は通常、敵性国に使うもので、同盟の間ではあまり使わない」ものなのだそうです。

2015年3月に、マーク・リッパート駐韓米国大使が刃物を持った反米運動家に襲撃されるという事件が起こりましたけれども、当時、アメリカは「暴力行為を強く糾弾する」とだけ述べ、韓国政府を直接批判することはありませんでした。

それを考えると、今回のアメリカ大使館のコメントは、今の米韓関係およびアメリカが韓国をどう思っているかを垣間見せているともいえ、結構深刻な事態だと言えます。


3.美善・孝順事件

この事件に朝鮮日報は19日の社説で、文政権が総選挙を前に経済の失敗、チョ・グク法相問題などで窮地に陥っていることから、2002年の「美善(ミソン)・孝順(ヒョスン)事件」が再燃しかねない条件が作られていると警鐘を鳴らしています。

「美善(ミソン)・孝順(ヒョスン)事件」というのは、2002年6月13日、韓国のギョンギ道で、ミソンとヒョスンという名の二人の韓国人女子中学生が、訓練中であった在韓アメリカ軍第二歩兵師団四四空兵隊所属の装甲車にひかれて死亡した事件のことです。

この事件は、同じ年の11月22日にアメリカ軍第八軍事法廷で裁かれ、無罪判決が下ったのですけれども、この事件が韓国国内で広く知られるようになると、アメリカ軍を糾弾する世論が広がり、多くの市民団体がデモ行進を行いました。

また、この事件はインターネット上でも広がりを見せ、在韓米軍を非難する世論を形成し、全国的なデモ活動へと拡大。装甲車轢死事件だけなく、これまで真相を解明することができなかった在韓米軍の犯罪、さらには2002年ソルトレークシティオリンピックのショートトラックでの判定などあらゆるところに飛び火しました。

同年12月6日、ソウルで3万人余りが参加した集会では、警察を振り切ってアメリカ大使館へ侵入。更に12月14日に釜山で開かれた集会でも、釜山の在韓米軍基地の後門がデモ隊によって突破され、正門でも警察を突破しました。

アメリカ政府は11月27日、在韓アメリカ大使を通じてブッシュ大統領の謝罪を伝え、12月13日にもブッシュ大統領が金大中大統領との電話で再度遺憾の意を示し、不平等だという批判があった米韓地位協定の是正にまで至っています。

更に、アメリカ政府は当時の指揮官ら4人を懲戒処分とし、遺族たちは国家賠償を請求し、それぞれ1億9千万ウォンあまりの賠償金を得ています。


4.落ち度がないアメリカを責めるのは筋違い

更に、朝鮮日報は、文政権内部でもアメリカに対する不満が燻っているとして、文正仁・特別補佐官の「南北関係において最も大きな障害物は国連軍司令部」や「米国大使館前で市民がデモしてこそ変わる」との発言を取り上げ、文政権の中心人物が、本質的にアメリカ大使公邸へ侵入した親北団体と大して変わらないこともありうるとしています。

そうしたことから、朝鮮日報は2002年の「美善(ミソン)・孝順(ヒョスン)事件」から起こった大規模反米デモが起こるのではないかと危惧しているのですね。

ただ、韓国国内の反米の予兆こそ、2002年を予感させるものかもしれませんけれども、アメリカも当時と同じ対応をしてくれるとは限りません。なぜなら、トランプ政権には、女子中学生をひき殺してしまうような明らかな落ち度がないからです。

アメリカにしてみれば、ウィーン条約も守らず、暴徒を公邸に入れさせるとは何事か。こちらは被害者なのだというスタンスでしょう。駐韓アメリカ大使館が声明を出しているように、韓国政府には駐韓外交公館を保護する義務があります。もし、文政権にその気がないのであれば、トランプ政権は、「ならば駐韓外交公館警備には、駐韓米軍を充てる。ついては、その費用を在韓米軍の分担金に上乗せする」と言ってもよい訳です。トランプ大統領なら本当に請求しかねない。

自分が気に入らないからといって、約束事も国際法も反故にするのは文政権の得意技かもしれませんけれども、日本に対してやってきたことをアメリカに対してやって只で済むとは思えません。文大統領は政権維持の為に形振りかわまずなのかもしれませんけれども、そのツケは何らかの形で払わされることになると思いますね。

もしかしたら、その支払いは、文政権だけでなく、韓国という国全体で払わされるのかもしれませんね。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント