日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国への制裁は水面下で行え

<<   作成日時 : 2019/01/28 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 3

 
昨日の続きです。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

1月23日、韓国国防部は、日本の哨戒機の接近飛行について「再びこうした行為が繰り返された場合、韓国軍の対応行動守則に従って強力に対応する」として、対応行動マニュアルの見直しを示唆しました。

これまで韓国軍は、2014年に21ヶ国が合意した「洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準:CUES」を準用してきたが、日本の哨戒機の度重なる威嚇飛行によって規範遵守が難しくなったとして、艦艇のすべての探知装備と兵器体系を活用する方向で、新しい対応行動守則を設けたとしています。

その詳細は明らかにされていませんけれども、警告通信に続き、火器管制レーダー(STIR-180)を稼働し、最悪の場合は兵器システムも動員するという内容が盛り込まれたものと見られています。

CUESを遵守している日本の行動を勝手に威嚇飛行だと決めつけ、だからCUESを守ることはできない、という言い分はまるで北朝鮮そっくりです。

日経編集委員の鈴置高史氏は、「韓国は日本を日本海から追い出そうとしている」と述べ、火器管制レーダーを日本の自衛隊機に照射することを繰り返していけば、日本のEEZもその空域も韓国が支配できると指摘していますけれども、対応行動マニュアルをCUESを無視する方向に見直したとするならば、鈴置氏の指摘する「日本を日本海から追い出す戦略」の一環でもあるとみることができます。

だとするならば、単なる偶発的な事件であるとか、韓国軍の一部の跳ねっ返りだとかいうレベルではなく、韓国の国家戦略のもと明確な意図を持ってやっていると見做さなければならないことになります。

既に、日本政府は瀬取りの監視について、米英加豪、英仏と他国の協力を得る形で進めていますけれども、韓国軍が自衛隊機以外に同じように火器管制レーダーを照射してくるとは思えませんから、このまま、北朝鮮制裁が終わるまでは、他国の協力を得ながら共同で瀬取り監視するのは良いやり方だと思います。

ただ、問題はその後です。

先に述べた、鈴置氏は、韓国が日本海を自分の海にしたくなった以上、「今後は大統領が誰であろうと、こういう事件が起きる可能性が高い」と指摘しています。

つまり、仮に北朝鮮が核を完全放棄したとしても、日本海の脅威が減るわけではないということです。むしろ韓国がより日本に敵対行動を取る可能性が高くなることを考えると、脅威は高まると見たほうがよいと思われます。

そうならない為には、今からその備えを進めておく必要がありますし、韓国の国際法を守らない行為に対しては厳しいペナルティを与えてでも法を順守させなければなりません。

News US」サイトでは、ネット等であがっている韓国への制裁措置のリストアップを行っています。次に引用します。
【日本が韓国にすべき報復措置一覧】
・韓国を国際司法裁判所へ提訴
・韓国をWTOへ提訴
・韓国製品に対する関税の引き上げ
・韓国の輸出入の保証金引き上げ
・韓国の輸出入の支払い信用状発行をやめる
・貿易保険の適用から韓国を外す
・日本国内の韓国資産差し押さえ
・フッ化水素など戦略物質の輸出制限
・サムライ債の発行制限
・スワップと漁業協定の永久凍結
・ビザ免除措置の凍結
・入国審査の厳格化
・長嶺安政駐韓日本大使を帰国させる
・地方空港の韓国との直行便をなくす
・地方自治体や経済連合会の交流をなくす
日本は実に沢山のカードを持っていることが分かります。これらのカードを全部切れば、韓国はたちまち息詰まることは間違いありません。

それ故に、そのカードの切り方には順番やタイミングなど留意する必要があります。なぜなら、日本が制裁措置をとれば、韓国が逆切れして報復制裁をかけてくる可能性が高いからです。

で、「徴用工訴訟問題、日本政府は今後どう対応するべきだと思うか」というテーマで議論されたテレビ番組「そこまで言って委員会」で、パネラーの竹田恒泰氏が、制裁措置として、ビザ免除措置の凍結や日本産ビールの輸出禁止などの案を提案したのですけれども、同じくパネラーの武藤前駐韓大使が「今、竹田さんがおっしゃってたことをやると、韓国の国民は、日本にけしからんとなりますよ。そうするとまた文在寅側についてしまいます。だから、文在寅側につかないように、文在寅を苦しめるようなことをやるべきなのです」と反論しています。

この指摘は傾聴すべき意見だと思います。

被害者は日本であり加害者は韓国であると広報せよ」のエントリーでも述べましたけれども、日本が制裁カードをあまり矢継ぎ早やに切りすぎると、最悪の場合、韓国は、韓国に居る邦人を人質に取ってくる可能性も想定しておいた方がよいと思います。

つまり、最悪の事態を想定して、今のうちから企業も人も韓国から引き上げることも考えるべきではないかということです。

同時にその最悪の事態になる前に、武藤前駐韓大使が指摘するように、文在寅側につかないように、文在寅を苦しめるようなことをやる手も打つべきでしょう。

では、その手段として何が考えられるか。

文在寅大統領の一番の急所は、政治が出来ないことです。特に内政。それも経済です。

文在寅大統領が就任当初からここまで支持率を落としているのは、ひとえに経済が悪化しているからです。したがって、このポイントを中心に攻めるのが効果的です。但し、それも関税の引き上げであるとか、日本国内の韓国資産差し押さえといった目立つものではなく、気づいたら首がしまっていた、という類のものがベストです。

幸か不幸か、文在寅大統領は経済政策能力が極めて低いことが実績となって現れています。最低賃金を上げて経済活性させるといって、ぶち上げた結果、雇用が減って、逆に経済が低迷する結果を招いています。つまり放置するだけで勝手に自滅していく政策をしてくれているのが文政権です。

ですから、日本は韓国に手を差し伸べることなく、徐々に関係を切る方向に進めるのがよいと思いますね。

既に、日韓スワップや漁業協定が停滞していますけれども、これら以外の協議なりなんなりを順次凍結していく。そして、その裏で邦人の引き上げを進める。

表では、韓国に被害者ポジションを取らせないように「日本は被害者であって、韓国こそが加害者なのだ」と牽制する。韓国側は激高するでしょうけれども、口論レベルで反論し、具体的措置は目に見えないよう水面下で進めるのが有効です。

なぜなら、そうすることで韓国世論は「日本は口ばかりで、何も出来ない。韓国に制裁など出来る筈がない」と舐めてかかるからです。韓国が日本を侮り、舐めているうちは、韓国に住む邦人に危害が加えられる可能性は低くなる。韓国人は自分たちの方が優位に立っていると「勘違い」してくれるのですね。

"名を捨て実を取る"ではないですけれども、韓国が日本を侮り浮かれているうちに、水面下で経済的、人的関係性を断ってしまう。そうすることで、気づいたら韓国の首が締まっていた。そういう流れで進めるのがよいと思います。

あるいは、国内法を少し弄って、韓国との人的繋がりを薄めていくことも一つ考えられます。

経済評論家の渡邉哲也氏は、在日コリアンの特別永住許可・入管特例法を廃止して、一般外国人と同じ扱いにするだけで、韓国は窮地に陥ると指摘しています。

韓国からみて、在日韓国人は半ば「棄民」扱いです。彼らは日本へ帰化するわけでなく、韓国に帰って兵役義務を負うわけでもない立場であることから、韓国人の意識からは必ずしも完全な同胞と見做されている訳ではありません。

盧武鉉元大統領は2003年来日した当時、次のように述べています
これまで韓国人が海外に出て、非常に多くの人々が海外で暮らしました。我々が幼い頃、ユダヤ人やそして中国には海外で暮らしていても、国籍を捨てず、そして言葉を捨てず、また家族の文化を捨てないというような事があり、それは非常に良いことであるといった教育を受けました。そしてそれが非常に良いことであると考えてきました。しかしながら世の中は変わっていきながら、世界が一つに統合していく過程の中で、必ずしもその国籍を守るということが称賛をするようなこと、称えることだけだと思いません。

どのような国の人でも自分の国の文化の誇りを捨てないにしても、現地の文化そして体制に適応して、またそこでその社会の一員として定着して、その社会に寄与することは非常に重要なことであります。したがってその李君がそのように話しをしてくれたことは、非常に進歩的な考えであると思います。自分の民族的なアイデンティティーは保ちながらも、この現地の一員として適応し、貢献していく考えはその二つの共同体を一つにつなげることのできる力になり、また架け橋になれるだろうと思います。私はその様な考えを持っており、国籍問題に対しても、もっと自由に考え、それで二つの民族をお互いに一つにつなげていく架け橋として、日本にいらっしゃる同胞の皆さま方が大きく寄与できるような、できたらという考えが良い考えだと思います。
現地の一員として生きていくべしと認識している在日韓国人が自分らにない「恩恵」を得ていた。そしてそれが取り消され、他の外国人と同等になったところで、それは現地の都合であり、批判する理由もありせん。

したがって、特別永住許可・入管特例法の見直しは、日本政府があからさまに制裁するよりも反発を受ける可能性は低いと思うのですね。

そもそも、特別永住権の見直しは、恩恵を廃止するだけでのことで制裁ですらありません。したがって、日本政府が大っぴらに制裁だと韓国にいう必要もありませんし、国内法を見直しただけです、としれっとしていればよいだけです。

昨年末、入管法が改正され、不法就労・不法滞在の外国人は現行より容易に強制送還出来るようになりました。これにより、今後、外国人の不法就労・不法滞在が減ることが期待されています。国内法の改正だけでも人の流れをある程度コントロールすることは可能なのですね。

確かに、大々的に韓国に制裁措置を打ち出すのも気持ちは良いかもしれませんけれども、その後のリアクション等々を考えると、制裁は水面下で行う方式が一番被害が少なく縁を切る方法ではないかと思いますね。


 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも現実的、理論的ご意見を読ませていただき感謝しております。
私は管理人様と同様に、韓国等の反社会的勢力国家に対する「まともな日本人」のケンカの仕方のまずさを指摘し続けて「頭がおかしい日本人」と言われ続けてきた者です。
20年ほど前まで、掲示板形式のサイトでいろいろな方と議論していたのですが、子供の教育費に忙しくなったのと、「荒らし」のために嫌になり閉鎖しました。
最近やっと子育ても終わり、管理人様と同様なブログを開設しようと思い、現役復帰の意味をこめて、いくつかのオピニオンサイトに書き込みをして議論しているのですが、管理人様の記事のほうが私の書き込みよりよほど説得力がありますので、リンク先引用をさせていただけないかと思い、その許可をいただきたくメールさせていただきました。

私の言説は特に↓にありますので、よろしければお読みください。

iRONNA

日韓関係はこの先どうあるべきか

https://ironna.jp/theme/988 

2019/01/05 00:27の書き込みで、だいぶ下の方になってしまいました。

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ヘイジ
URL
2019/01/28 11:33
ヘイジさん、初めまして。

コメントありがとうございます。

>管理人様の記事のほうが私の書き込みよりよほど説得力がありますので、リンク先引用をさせていただけないかと思い、その許可をいただきたくメールさせていただきました。

説得力はあまりないかもと思いますけれども、リンク先の件、承知いたしました。御自由にお使いくださいませ。

少しだけ書き込みを読まさせていただきました。

「半グレ」とは中々言い得て妙ですね。成程。

まぁ、今の状況下では彼の国と距離を置くのもやむを得ないと思いますね。



あと、「政治任用制度」についてですけれども、各省庁の課長補佐級を弄ると本当に国が動いてしまいますよね。

というのも、政権与党が今の安倍政権のように国益をしっかり守ってくれる政権の間はよいのですけれども、"悪夢の"民主党のような政党が政権を取った場合、亡国の特急列車に乗ってしまう懸念があります。

従って、国益を守る"野党"がしっかりと育つまで、私はまだ時期尚早ではないかなと考えます。

今後共よろしくお願いいたします。
日比野
2019/01/28 22:15
日比野さん

引用のご許可ありがとうございます。

日比野さんの現実的、理論的ご意見を引用させていただきましたら、私と同じようなご意見の方が現実にいらっしゃることの証明にもなり、私にとっては心強い限りです。

これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m
ヘイジ
2019/01/28 22:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国への制裁は水面下で行え 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる