日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の宣伝戦と日本の言論戦の違いに留意せよ

<<   作成日時 : 2019/01/26 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

1月23日、韓国軍合同参謀本部の徐旭作戦本部長が国防部庁舎で緊急の記者会見を行い、日本の海上自衛隊機が韓国の海軍艦艇に接近、低空で威嚇飛行をしたと批判しました。

徐旭作戦本部長は、「今日の午後2時03分頃、離於島近くの海上で、日本の哨戒機が韓国海軍艦艇を明確に識別した状況にもかかわらず、距離約540m、高度約60〜70mの低高度で近接威嚇飛行をしたのは明白な挑発行為とみなす」と述べました。

そして、「昨年12月20日、日本の低高度近接脅威飛行と関連し、これまで私たち韓国は忍耐しながら節制された対応をしたにもかかわらず、日本は今年1月18日、1月22日にも、私たちの海軍艦艇の近接脅威飛行を実施した……このような事実に対して、日本政府に再発防止を要請したのに、きょう再び、このような低空で接近する威嚇飛行をしたことは、友好国の艦艇に対する明らかな挑発行為であり、日本の真意を疑わざるをえず、これを強く糾弾する……また再びこのような行為が繰り返される場合、軍の行動規則に従って強力に対応していくだろう」と警告。

今回問題となった韓国駆逐艦「大祚栄艦」は日本の哨戒機に向かって「当方に近づいている。経路を離脱せよ。これ以上接近すれば自衛権的措置を取る」と20回も警告通信をしたものの応答がなかったとし、「射撃管制用レーダーの周波数を収集しようとしたのではないか」と日本の哨戒機が、わざと射撃管制用レーダーを照射させようと接近したのではないかという見方を示しました。

韓国国防省はソウルにある日本大使館の防衛駐在官を呼んで今回の問題について抗議したとしています。

また、チョンギョンヅ国防部長官はこの日の、記者懇談会で火器管制レーダー照射問題について問われ「日本は安倍首相と官房長官、防衛相、外相、統合幕僚長まで軍事、外交と関連するすべてが出て言及をした……その点で政治的な意図があるのではないか……これについて日本は、論理的にも国際法的にも韓国の主張に勝つことができない」として「だから日本は協議の停止を宣言し、これ以上これについて協議しないという出口戦略を展開させたのだろう」と述べています。

23日、岩屋防衛大臣は記者団に対し「報道は承知している。詳しい中身は確認中だが、報道にもあった60メートル、70メートルの高度というのは正確ではないと思う。私どもは記録をとっているが、150メートル以上を確保して従来どおり、国際法規や国内法にのっとって適切な運用を行っている」と述べ、防衛省幹部は「照射問題があって、日韓関係が悪化している中、現場では、通常より一層、注意して活動を行っており、低空での威嚇飛行などありえない。韓国側が事実関係を変えてまで、嫌がらせをしてきているようなもので、今回の発表は非常に残念だ」と否定しています。

「事実関係を変えてまで、嫌がらせ」などと明言される辺り信頼関係はゼロだといえます。

24日、韓国は「機械は嘘をつかない」と見えを切って証拠を出してきましたけれども、すでにネット等で話題になっている。宙に小さく浮かぶ哨戒機の画像です。海面も何も映っておらず、距離、高度等全く検証できない代物。

画像に小さく「200 ft」の文字が映っているものの、ネットの一部では一の位の"0"と"ft"の間に隙間があることから"2000"を"200"に改竄したのではないかと言われる始末です。専門家にも証拠能力はないと断言。お話になりません。

機械は嘘をつかなくても、使う側が嘘つきでは著しく信頼性に欠ける。機械は道具であって、使われるものであるからです。

けれども、だからといって日本は単に「そんな事実はない」と否定するだけでは足りません。韓国は加害者であり、被害者は日本であると宣伝しなければ、韓国の思う壺です。

筆者は1月23日のエントリー「韓国の被害者ポジション戦略に対抗せよ」で、韓国は自らを被害者ポジションに置くために、何年も何十年も自分は被害者だと宣伝し続ける。日本の協議停止通告を逆手にとって日本が一方的に協議を打ち切った。なぜなら日本に疚しいことがあるからだ」という理屈を主張するだろうと述べましたけれども、そのまんまやってきています。

よく「韓国には真実は関係ない。自分が何を正義だと思うかだ」だとか「韓国は事実はどうでもいい。世界が嘘を信じればそれが事実になるからだ」と指摘されますけれども、これは韓国の戦いに関する考え方が、証拠を積み上げて理路整然と事実関係を明らかにすることで正当性を示す、所謂「言論」ではなく、大声で主張して相手を黙らせ、周囲にそれを承認させる「宣伝」に重きを置いているからだと思うんですね。

それは表現を変えれば、主張を感情的に納得する「宣伝」と、理性的に納得する「言論」の違いであるともいえます。

韓国は、他人を「感情」で納得させようとします。だから、嘘でもなんでも、とにかく主張して被害者ポジションをとる。他人に「可哀想」という感情を起こさせ、味方につけるというやり方です。

一方、日本は他人を「理性」で説得しようとします。だから証拠を積み上げて、客観的に証明することを重視します。他人に理屈で「日本の主張が正しい」と納得させて支持を集めるのですね。

このように日韓では他者から支持を得るためのアプローチが全く異なります。日本はこの違いをもっと認識しないといけないと思いますね。

ただ、韓国とて皆が皆「感情」で判断する訳ではありません。理性で理解する人や組織も曲りなりに存在します。

25日、韓国メディアのJTBCが徹底検証した映像を公開。日本の哨戒機が540メートルの距離、60〜70メートルの高さで飛行していたらどのように見えていたのかというものです。



検証動画では、哨戒機は大アップで登場し、あっという間に視界の端から端まで移動します。これだけでも、韓国の証拠画像とやらが実に出鱈目なものだと丸わかりです。

このように検証によって、事実を明らかにしようとしうるのは感情ではなく、理性的、知性的に物事を判断しようとする姿勢の表れだといえます。ただ韓国の場合は、これが主流の考えにならない。

単なる個人であれば、感情を優先して行動しても許容されることはあるかもしれません。

けれども、国家首脳であるとか国軍といった、権力や強制力を持つ個人や組織は、理性的、知性的に物事を判断し行動しなければなりませんし、そのように統制・統治されているのが普通です。感情の赴くままに好き勝手すると、大きな害悪となりかねないからです。

24日、韓国の画像発表を受け、岩屋防衛相は「韓国の艦艇に脅威を与える意図も理由も何もないわけでございます。先方は軍艦、うちは哨戒機ですから、丸腰の哨戒機が近付いて脅威を感じるのは、むしろ哨戒機の方なわけで」と被害者は日本の方だとようやくコメントしましたけれども、今一つ上品というか「受け」に回っている印象を受けます。

諸外国が日本の主張と証拠、検証をきちんと見てくれればそれでも良いかもしれません。けれども、政府や軍隊などの組織の長ならともかく、日韓の争いに特に興味もなく、利害関係のない一般民衆もそうしてくれるとは限りません。

韓国が泣き叫んでいるけれど、日本はなんか悪いことしているんじゃないの、くらいに、表向きの主張だけでそう判断しないとも限らないのですね。

慰安婦問題とて、強制連行などなかったにも拘わらず、世界ではあったことになっているのは、この韓国の感情に訴える「宣伝戦」と朝日の誤報に対して日本政府が何もしてこなかったからです。

韓国が「言論」ではなく「宣伝」で喧嘩を売っている以上、岩屋防衛相も「言論」だけではなく、「日本の怒り」を明確に表現して「宣伝」要素も所々にまぶしながら、発信していくことも大事ではないかと思いますね。 
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国の宣伝戦と日本の言論戦の違いに留意せよ 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる