日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 被害者は日本であり加害者は韓国であると広報せよ

<<   作成日時 : 2019/01/24 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 0

 
更に続きです。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

1月16日、イギリス民間団体「ライダイハンのための正義」は元イギリス外務大臣ヘイグ氏主催の集会をイギリス議会内で開きました。

集会にはクルド民族少数派ヤジド教徒で2018年にノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド氏や、元英司法大臣を務めたストロー氏らが参加。

ムラド氏は、「性暴力に対して団結し、正義の実現まで行動を」と韓国の戦争犯罪であるこの問題への連携した取り組みを訴えました。

これを受け、19日、BBCが「ライタイハンの告白:性犯罪されたときに軍服を見ました。韓国の白馬部隊だった」という特集記事を朝鮮語でを掲載。

同じく、ガーディアン紙も、「ベトナム戦争中に韓国兵によって強姦された女性たちはまだ謝罪を待っている:Women raped by Korean soldiers during Vietnam war still awaiting apology」という英文詳細記事を掲載しました。

ライタイハンについては、2013年のエントリー「特殊慰安隊とライダイハン」で取り上げたことがありますけれども、ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士による現地女性への性的暴行などで生まれた混血児のことです。

更に、今でもベトナムやフィリピンに進出した事業で派遣された韓国人男性が「現地妻」を囲い、その「現地妻」に産ませた子供を放棄して帰国してしまう事例が発生。いわゆる「新ライダイハン」問題が浮上しているそうです。

昨日のエントリーでは、韓国が火器管制レーダー照射問題で被害者ポジションを取る戦略で動いているのではないかと述べましたけれども、何のことはない、レーダー以外にも加害者としての過去があるということです。

件のエントリーで筆者は「被害者は日本であり、韓国こそが加害者なのだ」と広く配信することが大事だと述べましたけれども、レーダー照射問題だけでなく、ライダイハンのように韓国の加害者としての側面についても、今のタイミングで積極的に発信すべきではないかと考えています。

というのも、このまま順調に日韓関係が冷えていくと、在韓邦人企業にも害が及ぶ可能性が出てきているのではないかと思うからです。

既に、元徴用工裁判判決で次々と日本企業への賠償判決が確定し、差し押さえ云々の段階になっていますけれども、これによって、韓国から撤退を考える企業も出てくるものと思われます。

既に韓国から殆どの資産を引き上げた三菱重工や韓国拠点の縮小決めた富士ゼロックスなど、韓国からの撤退を検討し始めた企業もあります。

けれども、韓国がそれをただ指を咥えて見ているのかどうか。

1月18日、小野寺五典前防衛相は出演した言論テレビで「韓国の中にいる日本人が戦争のどさくさに紛れて様々な被害を受けた。李承晩ラインの後、日本の漁民が拿捕や銃殺された。これら日本が被った被害も無しにしましょうと引きずらないように決めた話。政権代わればまた蒸し返される。言い続けるか距離を置き続けるしかない」と発言しているのですね。

1952年、李承晩大統領は「李承晩ライン」と呼ばれる排他的経済水域の境界線を一方的に引いて、竹島をこのラインの内側に入れました。そしてライン内の無断立ち入りは許さないと宣言。韓国はこの境界線を越えたとされる日本漁船を拿捕し続け、漁船員を抑留しました。

1966年版の「海上保安白書」によると、日韓が国交を回復する1965年までに、韓国当局は実に327隻もの日本漁船を拿捕。3911人の漁船員を拘束し、うち8人が死亡しています。

拘束された漁船員たちは韓国に連行され、狭い部屋の中に閉じ込められて殴る蹴るの暴行を受けました。拿捕された日本漁船の多くは李承晩ラインの内側に入っていなかったにも関わらず、「入った」という供述を求められ、従わなければ暴行されたと各種報告書は伝えています。

このタイミングで、小野寺前防衛相が「李承晩ライン」に関する発言をした。

この小野寺前防衛相の発言を聞いて、筆者は、もしかしたら、在韓法人が撤退しようとしても、韓国当局が李承晩よろしく、何癖をつけて人質に取るのではないかと心配になりました。

それを考えると、「李承晩ライン」なり「ライダイハン」なり、韓国の加害者としての過去を指摘し、世界に広く広報する戦略もあるのではないかと思うのですね。

特に、「李承晩ライン」で、日本人が殺されるという事実があるにも関わらず、それらを日韓請求権協定で解決した、と強調していくのは重要です。

これは勿論、日韓請求権協定を無視する韓国を責めると同時に、韓国から撤退する邦人に危害が及ばないよう牽制する狙いがあります。

韓国が自身を被害者だと振舞うのだとしても、「嘘をつくな、韓国は加害者だった事もあるのだ」いう事実をガッツリ突きつけて置くことが、逆に日本を守ることにも繋がるという視点も忘れてはならないと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
被害者は日本であり加害者は韓国であると広報せよ 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる