日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 徴用工の未払賃金は朝連と日本共産党の活動資金となった

<<   作成日時 : 2018/12/03 10:00   >>

驚いた ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

 
更に続きです。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

日韓請求権協定で日本が韓国政府に一括で支払った補償金について、その一部が共産党に流れていたと暴露されネット界隈で話題になっています。

これは、11月28日、DHCテレビの「真相深入り! 虎ノ門ニュース」で、経済評論家の上念司氏が、2004年に刊行された『朝鮮総連』という本を取り上げ、指摘しました。

この本はノンフィクション作家で、かつて朝鮮総連に所属していた経歴を持つ金賛汀氏が記したもので、その中に次のような記述があります。
「最大の財源になったのは帰還していく強制労働者の未払い賃金等であった。1946年末までに朝連(朝鮮総連)中央労働部長名で強制連行者を雇用していた日本の各企業に未払い賃金の請求が出された。

 その請求額は4366万円に達し、朝連はかなりの金額を企業から徴収し、それらのほとんどは強制連行者の手には渡らず朝連の活動資金に廻された……

……これらの豊富な資金は日本共産党再建資金としても使用された。1945年10月10日、連合国最高司令官・米国太平洋陸軍司令官総司令部(GHQ)は府中刑務所に収容されていた徳田球一、金天海ら16名の共産主義者などを釈放した。彼らを府中刑務所門前で出迎えたのは日本の各地からトラックに分乗して集まってきた数百人の朝鮮人だった……

……こうして日本共産党は活動を再開したが、金天海が中央委員に選出されたこともあって、日本共産党再建初期の活動資金のほとんどは朝連が拠出した。こうして朝連と日本共産党の強い結びつきが成り立ったのであった」
驚くべき内容です。

ここで出てくる金天海とは、在日朝鮮人の左翼活動家で、本名は金鶴儀。日本に仏教を勉強しに渡って来たのですけれども、民族独立運動に目覚め参加することになります。在日朝鮮人達の間ではかなり信望があった人のようです。

1945年10月に現在の朝鮮総連の前身となる在日本朝鮮人連盟(朝連)が結成され金天海は、最高顧問になります。この時の結成大会で「朝鮮人の帰国対策促進」、「徴用労働者の帰国旅費と食料の要求」、「外国人の食糧特別配給の要求」、「親日派や民族叛逆者の調査と粛清」をしていくことが決定されました。

これにより、当初、親日派も民族派も共産主義者もいた在日朝鮮・韓国人の互助組織であった朝連は左傾化していくことになります。

そして、1945年12月、日本共産党第4回大会で、金天海は日本共産党の中央委員に選出されます。同時に日本共産党中央に朝鮮人部が設立され、金天海が部長に就任。これにより朝連は事実上、日本共産党の別動隊となりました。

つまり、日本共産党と朝鮮総連はその最初期の段階からべったりくっ付いていたという訳です。

画像


では、朝連が企業から未払い賃金を徴収し、それが日本共産党初期の活動資金として流れたのか。

これについて、行橋市市議会議員の小坪慎也氏は「記載された内容が事実であれば、証拠がどこかに残っている可能性は充分にある」と述べていますけれども、一昨日の「韓国が徴用工判決で差し押さえしても日本の報復が待っている」のエントリーで取り上げた一般請求権小委員会会議録にそれを匂わせる記述があります。次に引用します。
一般請求権小委員会第 12 次会議 会議録 1961年4月28日(P.101)

日本側:未収金は具体的にその内容が判るのか。

韓国側:具体的に内容は判らないが、給料、手当等未払い分があるというSCAPから来た公文がある。資料は日本側で持っていると思うが。

日本側:複雑な問題があるが、帰国時貰わないで帰って行った人が多い。それに朝連が手を伸ばしたのもある。具体的な事情は、後に話をする機会があるだろうと思う。

韓国側:給料、手当等その当時の規定によって貰えるものを貰えず帰還したので、日本側がそれを預受していると聞いている。

一般請求権小委員会第 13 次会議会議録 1961年5月10日(P.115、P.117)

日本側:被徴用者の未払金はある程度調査されているのか。被徴用者の中には北鮮に行った人もいたりして、それがどうなったか事実を知ることができない。

韓国側:総額はわかるのか。

日本側:不充分ではあるが未払金関係は大体で調査して、供託させる等の方法を取っている。しかし地域的調査はできていない。

韓国側:軍人軍属関係も調査はできているのか。

日本側:徴用者関係だけを調査した。しかし未払金の内一部は朝連から強硬な要求があって、会社側で支払ったものもある。
このように日韓請求権交渉の会議で、はっきりと、徴用工への未払い金について朝連が強硬に要求し、会社側で支払ったと記されています。

従って、少なくとも、当時の会社から朝連へ支払った記録は残っているのではないかと思われます。

あとは、それが共産党に流れたのかどうかです。これが事実であれば、大スキャンダルです。

上念氏は虎ノ門ニュースで「共産党が代々木のビルを売って、遺族の方に返せばいいではないか」と述べていますけれども、共産党は何等かの見解を示さなければならないと思いますね。


 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徴用工の未払賃金は朝連と日本共産党の活動資金となった 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる