日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍総理の際どい総裁選圧勝

<<   作成日時 : 2018/09/21 10:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 2

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

9月20日、自民党の総裁選の投開票が行われ、安倍総理が石破元幹事長を破り、連続3選を果たしました。

それぞれの得票数は安倍総理が553票、石破氏が254票。安倍総理がダブルスコアでの圧勝となりました。

内訳をみると、安倍総理は議員票329、党員票224。石破氏は議員票73、党員票181。6年前党員票で安倍総理を圧倒した石破氏は今回、安倍総理の後塵を拝することとなりました。

全体の投票率は61.74%。安倍総理は37都道府県。石破氏は10県で上回りました。それぞれが上回ったのは以下の通りです。
安倍総理=北海道、青森、岩手、宮城、秋田、福島、栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、岡山、広島、山口、香川、愛媛、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島、沖縄

石破氏=山形、茨城、群馬、富山、三重、鳥取、島根、徳島、高知、宮崎
党員票について、安倍総理側は55%を目標ラインとしていましたから、ギリギリでクリアした形です。



ただ、党員票については前回と比べて、重みが増しています。

これまで300票に固定されていた党員票は国会議員票と同数の405票を配分。更に1回目の投票で過半数に達した候補がいない場合に行われる上位2人の決選投票にも都道府県各1票の計47票が加算されることとなり、地方票の集計方法も都道府県連ごとの集計から党本部の一括集計に変え、得票数に応じて地方票を比例配分する「ドント方式」に変りました。これによりいわゆる「死に票」が減り、より党員の意向が反映される方式になっています。

この改正は石破氏が幹事長だった平成26年に行われたのですけれども、下野して自民党員が激減した教訓を踏まえ、総裁選の地方票の重みを強めて党員獲得の一助にする狙いがあったとされています。

その意味では、決選投票にもならず、党員票でも石破氏を上回って、ダブルスコアで安倍総理が勝利したことは「完勝」といっていいでしょう。

それでも石破氏が党員票で4割とったことは、それなりに支持を受けたのだと受け止めるべきでしょうし、次の総裁選の切符をかろうじてつかみ取ることができたといえるかもしれません。

実際、安倍総理の選対本部で事務総長を務めた甘利明・元経済再生担当相は、「安倍候補の大勝だったが、石破茂候補も健闘したことが党内で共有された。戦いが終わればノーサイド。自民党が一体となって国家、世界の課題を解決するため新総裁を中心に邁進できる」と述べ、石破氏が党員票の4割以上獲得したことについて「党員には当然、判官びいきやバランス感覚が働く。いいところに落ち着いて絶妙だ」と記者団に答えています。

党員票について筆者には"絶妙"なのかどうか分かりませんけれども、総獲得票数については、"微妙"という見方もあります。

UBS証券ウェルスマネジメント部の日本株リサーチヘッド、居林通氏は「マーケットは石破氏が総得票数の3分の1に当たる270票以上を獲得した場合のインパクトを過小評価している。それはアベノミクスの『終わりの始まり』を意味する」と安倍総理の圧勝とそうでないかの分岐点を、石破氏の270票以上獲得としています。

また、三菱UFJ国際投信・株式運用部の小西一陽チーフファンドマネジャーは「一つのメルクマールは首相と石破氏の得票がダブルスコアになるかどうか」とし、ここから両者の得票差が縮まれば、「石破氏が党の役職に就いたり、ポストを与えることになると、党内のパワーバランスが少し変わってくる。スキャンダルや選挙で弱目の数字が出たりすると、さまざま政策に影響する可能性がある」と警戒感を示していました。

結果は石破氏は270票に届かず、安倍総理はダブルスコアで勝利と、"圧勝"の条件をクリアしたことになります。

ただ、設定ラインをギリギリでクリアしたという意味では"サプライズ"ではなかったとも言えます。

第二次安倍政権によって、日経平均は大きく上がり、景気を上向かせています。ネットでは、総理在任中の日経平均をローソク足で現した「首相足」なるものがアップされ、評判になっているようです。

確かにこれをみると、第二次政権での安倍総理は景気において出色の働きをしていると言ってよいと思います。まさに、アベノミクスの功績ですね。

安倍総理の3選が決まりましたけれども、ギリギリの"圧勝"を市場がどう評価するのか。ちょっと気になるところです。

画像

 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自民党支持者の安倍首相支持率が70%なのに、自民党員の安倍支持率が55%というのは差がありすぎる。
自民党員の中身を調べてみる必要がありますね。
八目山人
2018/09/21 05:53
あー・・・自民党支持者の平均年齢と党員の平均年齢の差ですかね。

ゲルは前回に比べて都道府県での勝利数が減っていることもありまして惨敗なんですがゲスゴミフィルターのせいでその辺自覚すらしてないようです。
最低でも党三役クラスの重役でないと大臣職でさえ打診を拒否すると断言したとかで無役は確定してますしこれからの落ち目にどこまで耐えられますかねぇ・・・
「自民党残留を打診されて拒否する」のがゲルの最善手とまで揶揄されてますし
ス内パー
2018/09/21 22:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
安倍総理の際どい総裁選圧勝 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる