日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 総裁選出馬を表明した石破氏の世界観

<<   作成日時 : 2018/08/13 10:00   >>

面白い ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

8月10日、自民党の石破茂・元幹事長は国会内で記者会見し、9月の党総裁選に立候補する意向を正式に表明しました。

石破氏は「政治・行政の信頼回復100日プラン」をつくり、年内に実行すると表明、「謙虚で正直で国民の思いに近い政治」、「透明・公平・公正な政治、行政」、「課題に正面から挑み決断する政治」の3点を「取り戻す」と述べました。

会見で配ったビラには「私は、取り戻します」と明記されており、「迅速に党風刷新」「官邸の信頼回復」などの言葉も盛り込まれていたようです。

けれども、「取り戻します」のフレーズは、既に安倍総理が2012年の衆院選と2013年の参院選で自民党のキャッチコピーとして使ったものであり、新鮮味に欠けますし、何を取り戻すのかという肝心要の対象が記されていません。

「党風刷新」だとか「官邸の信頼回復」という言葉が添えられていることから、或いは自民党や官邸の信頼を取り戻すという意味だと受け取れなくもありませんけれども、それだと、今現在の自民党や官邸が信頼されていないということになります。野党がそのような批判をするならまだ分かりますけれども、総選挙で信任を得て、与党となっている自民党内の総裁選で党や官邸が信頼されてないという表現は選挙で示した国民の支持を否定することにもなりかねません。

それに、肝心の取り戻す対象が「自民や官邸の信頼」レベルだとすると「日本を取り戻す」と銘打った安倍総理に世界観で既に負けてしまっています。

安倍総理に対抗するのであれば、日本を取り戻した後、どうするのか。世界の中の日本に止まらず「世界を引っ張っていく日本」くらいの世界観を出さなければ、中々厳しいのではないかと思いますね。

一方、安倍総理は11日、山口入りし、市内で開かれた自民党山口県連の「安倍晋三内閣総理大臣を囲む会」での挨拶で、アベノミクスなど第2次政権で取り組んだテーマの実績を強調し、憲法改正についても、「いよいよ取り組む時を迎えた。教科書には自衛隊違憲論の記述が書かれており、この状況に終止符を打つ大きな責任がある。自民党の責任だ」と9条改憲の必要性を訴えました。

この会合は元々、総裁選に向けての決起集会だったのですけれども、安倍総理の出馬表明がまだの為、急遽「総理を囲む会」に変更となりました。

ただ、安倍総理は挨拶の中で、自民党総裁選について「今日は出馬を前提に話をさせていただいた。6年前に総裁選に出た時の志はみじんも変わることはない……志を支える気力、体力が十分であるかということを自らに問いながら最終的に判断したい……長州出身の政治家として正しい判断をし、みなさんとともに頑張っていきたい」と事実上の出馬宣言をしていますし、会場はガンバローコールで盛り上がったそうですから、中身はまんま決起集会と言っていいでしょうね。

総裁選については、既に議員票は各派閥の方針がおおよそ固まっています。

細田派96人、麻生派60人、岸田派48人、二階派44人、石原派12人の五派閥は安倍総理支持を決め、石破派20人は石破氏支持、竹下派は自主投票ですけれども、参院21人は石破氏、衆院34人は安倍総理支持と見られています。

何故、竹下派が分裂したかというと、かつての参院のドンこと青木幹夫元参院議員会長が石破氏支持を強く要請したからなのですけれども、その理由はもっぱら選挙区事情だと言われています。

青木氏の後継者である長男・一彦氏の選挙区は2016年参院選から合区となった「鳥取・島根」選挙区なのですけれども、その一彦氏を鳥取一区を地盤に持つ石破氏が全面支援した経緯があります。要するにその時の借りを返そうという訳です。

これは従来の派閥の力学が働いているといえます。

竹下派参院議員が石破氏支持を固めたことについて、石破氏は「本当にありがたい。その思いに応えるべく自身として全身全霊を尽くす」と述べています。少なくとも総裁選においては、派閥による政治を石破氏は了としているということです。

その意味では、出馬会見で「党風刷新」といった石破氏にとって、派閥は刷新対象ではないということになります。

11日、麻生太郎財務相が、福岡県北九州市内であった会合で、石破氏について「派閥を解消しますと言って無派閥の会をつくって、石破派に変えたんでしょ。言っていることと、やっていることが違うのはあんたじゃないかと、全員もれなくそう思ったと思いますね」と痛烈に批判していますけれども、まぁ、そういうことですね。

その結果が、今の議員票の支持となって現れていると思いますね。要するに妥当な結果だということです。

となると、残るは党員票の獲得に向けて頑張る他ありません。

石破氏は9日の派閥会合で「党員のみならず国民に、憲法、安全保障、外交、党運営などでどのような議論があり、どのような考え方を持ち、どこが違っているか理解をいただく努力が必要だ」と述べたそうですけれども、先に述べたように「党や官邸の信頼を取り戻す」程度のキャッチフレーズは、安倍総理が既に使っている「日本を取り戻す」にすら及びません。

それを上回り、党員・国民を唸らせる程の世界観を打ち出せるのか。筆者はそこに注目したいと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>党員・国民を唸らせる程の世界観を打ち出せるのか。

この人に政治や世界観求めても、それは無いものねだりですww
これまでもやってきたことと言えば、政敵の後ろから弾撃つことばかりで見下げた人です。

因みに安倍普三さんは見上げた人ですww
通りすがり
2018/08/13 07:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
総裁選出馬を表明した石破氏の世界観 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる