日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS HINOMARUとダブルスタンダード

<<   作成日時 : 2018/06/15 00:18   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。よろしければ応援クリックお願いします。
画像「妖印刻みし勇者よ、滅びゆく多元宇宙を救え」連載中!

人気ロックバンド「RADWIMPS」が6月6日にリリースした新曲「HINOMARU」の歌詞が騒ぎになっています。

歌詞は既に色んなところで見れますから割愛しますけれども、題名から想像できるように「日本を歌った」歌詞です。

ネットでは賛否両論。「国歌にしてほしい」と絶賛するファンもいれば、「ゾッとしました」とか「軍歌だ」と批判する声もあるようです。

筆者も少し聞いてみましたけれども、軍歌とは少しも感じることもなく、少し古い言葉をちりばめた愛国というか「日本が好きだ」と宣言した曲に聞こえました。

まぁ、筆者には信じられない感覚ですけれども、中には「HINOMARU」を軍歌と感じる人もいるのでそう。そう感じること自体は否定しませんし、時代によって感じ方が変わることは仕方ない面もあります。

この騒ぎに歌詞を書いた「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎氏が自身のTwitterで、歌詞について謝罪しました。

野田氏は「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません。……この曲は日本の歌です。この曲は大震災があっても、大津波がきても、台風が襲ってきても、どんなことがあろうと立ち上がって進み続ける日本人の歌です。みんなが一つになれるような歌が作りたかったです。結果的にその曲で不快な想いをさせてしまった人がいたというのが何より悲しいです」と、軍歌を作った積りはないと否定しています。

謝罪は行き過ぎだという人もいますけれども、巻き起こった結果についての謝罪であり、これでまぁ、人騒がせさせたねくらいで終わるのが普通でしょう。

けれども、いつの時代も跳ねっかえりはいるものです。御多分に漏れず、左方向からです。

ツイッターでRADWIMPSの『HINOMARU』に抗議し、廃盤と2度と歌わない事を求めるライブ会場前行動をするから集まれと呼び掛ける人が出てきました。

筆者はこの呼びかけ人の方は知りませんでしたけれども、ネットで検索する限りではあっち界隈では結構有名な"活動家"のようです

先日、川崎で「反ヘイト条例は是か非か」を問う討論会が、会館前に押しかけた反対派市民団体の実力行使によって延期されられるという事件がありました。

『HINOMARU』に抗議する人達も同じとはいいませんけれども、実力、あるいは暴力によって、他人の表現の自由を奪う行為は許されるものではありません。

あっち系の左の方々は、何か気に入らないことがあると直ぐに批判の声を上げるのですけれども、それが一般多数の支持を得ているとはあまり聞きませんし、寧ろ敬遠されているケースの方が多いと思いますね。

その理由は様々でしょうけれども、一つには彼らがダブルスタンダードであることも大きな要因ではないかと思うのですね。

国の歌が軍歌に聞こえてはいけないのであれば、フランスの「ラ・マルセイエーズ」とか中国の国歌『義勇軍行進曲』などはまんまアウトでしょう。

筋を通すのではあれば、そちらも批判しなければなりません。

また、例えば安倍総理を「独裁者アベ」と批判する人は、同じく、あるいはそれ以上に中国の習近平や北朝鮮の金正恩を批判しなければなりません。

それには口を噤み、日本ばかりを批判する。そうした態度が「ダブルスタンダード」に見えるのですね。

物事の価値観、善悪、あるいは正義は時代によって変遷します。100年前はなんとも思われなかった植民地主義は今では批判の対象です。今の正義は将来も正義とは限りませんし、その逆も有り得ます。

価値観とて人それぞれです。自分と違う考えの人であっても一概に100%間違っているとは言い切れません。ゆえに一つの事象に対して批判も賛同もありますし、議論も起こります。それは当然のことです。

けれども、ダブルスタンダードはそれにすら届かない行為です。自分の都合のよいように意見を左右する行為です。それゆえに、ダブルスタンダードは目立ちますし、誰の目にも「ダブルスタンダードだ」と分かってしまいます。つまり、良い悪いではなく、それ以前の存在として認知されてしまう訳ですね。

彼らにはこのダブルスタンダードを使う傾向が強いように思われます。ゆえに嫌われていく。

野党の方々の言動がすぐにブーメランになって批判されるのは、正にこのダブルスタンダードであるからでしょう。

そのことに気づいて改めない限り、彼らが多くの支持を集めることはないと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
HINOMARUとダブルスタンダード 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる