オバマ大統領の広島演説について

 
今日は感想エントリーを極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

5月27日、アメリカのオバマ大統領が現職の大統領として初めて広島を訪問し、平和記念公園を訪れました。オバマ大統領は安倍総理と共に平和記念資料館を見学した後、原爆死没者慰霊碑に献花。犠牲者の追悼をしました。

そして、オバマ大統領は所感を述べ、「広島の記憶によって自分たちは独善と戦える。広島の記憶が自分たちの道徳的想像力をかきたて、変化を促してくれる。……恐怖の論理から脱却し、(核兵器の)ない世界を追求しなくてはならない」と核廃絶への努力を訴えました。

その全文はこちらなどで報じられていますけれども、一部には、核兵器廃絶を訴えた2009年のプラハ演説になぞらえ「第二のプラハ演説」を狙ったのではないかという声も出ているようです。

日本は当然のことながら、オバマ大統領のスピーチを大きく報じました。場合によってはサミットよりも大きく扱ったかもしれません。また、世界もオバマ大統領の広島訪問に注目し、こちらも大きく報じています。

当初は、オバマ大統領が謝罪するのかウンタラいわれ、結局謝罪の言葉は口にしませんでしたけれども、原爆の犠牲者に献花し、原爆ドームをバックにアメリカの現職大統領がスピーチする映像が何を意味するかですね。

無論、人によってその受け取り方は様々でしょうけれども、あの映像から、"日本にトドメを刺した喜び"を感じる人はそう多くないでしょう。ネットでの海外の反応を見ても、「謝罪の必要はない」という声はあっても「ざまあみろ」という声はないですしね。要するに、オバマが広島に訪問してスピーチをしたという事実がそれだけの意味を持っているということです。それが世界中に配信された。この影響は小さくないと思います。

無論これで、核兵器が無くなるとは思いませんし、日本の国防を強化する必要があります。けれども、何度も述べているように、今回のオバマ大統領の広島演説で「戦後の終わり」の象徴の一つになるであろうということです。これは昨年4月に安倍総理がアメリカ連邦議会上下両院合同会議で「希望の同盟」演説をしたのと相俟って、更に世界に印象付けられることになると思いますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック