日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 何度も命を狙われる習近平

<<   作成日時 : 2018/01/15 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」連載中!

昨年12月下旬、中国の習近平国家主席が人民大会堂での会議が終わった駐車場で専用車両に乗ろうとした際、爆発物が破裂する事件があったことが明らかになりました。

これは、アメリカを拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「博聞新聞網」が報じたものですけれども、それによると、習主席は腹痛を起こし、そのまま北京市内の中国人民解放軍直属の「中国人民解放軍総医院(301病院)に緊急搬送されたようです。

習主席が病院に駆け込んだことで、病院は一時的に閉鎖措置をとられ、他の患者は締め出されるなど、厳重警戒措置が敷かれたと伝えられています。

習主席は政敵や反対派の幹部追い落としのために、反腐敗運動を推進し、多くの幹部を失脚に追い込んできました。

昨年8月、中央軍事委員会委員である房峰輝・元中央軍事委連合参謀部長や張陽・中央軍事委政治工作部主任が腐敗容疑で事情聴取を受けたあと、軍の要職を罷免されています。

詳細は不明ですけれども、この二人は、すでに失脚している郭伯雄・中央軍事委員会副主席や徐才厚氏らと一緒に、習近平主席への「軍事クーデター」を画策したと言われた人物です。このうち張陽氏は、昨年11月23日、北京の自宅で首を吊って自殺しています。

今回の爆発物は軍が使用しているものであることや、人民大会堂には一般市民は立ち入ることが禁止されていることから、爆発物は軍幹部によって持ち込まれて設置された可能性が高いと見られています。

もし、これが、先に失脚した房峰輝氏や張陽氏に関係する人物によるものだとしたら、彼らが軍部高官であっただけに、他にも習主席に恨みを募らせている人物がいないとも限りません。

実際、別の情報では、習主席が病院に担ぎ込まれたのは単なる「腹痛」ではなく、江沢民派の人民解放軍兵士に腹部を銃撃されて緊急入院したとも言われているようですから、相当不穏な感じですね。

習主席は過去何度も暗殺未遂に遭っており、今回で実に9回目。クーデターの首謀者を始末するだけでは不十分だとなれば、習主席は気の休まるときがないでしょうね。

習主席について、9回も暗殺未遂に遭うほど危ういとみるのか、悪運が強いと見るのか色々あるでしょうけれども、軍の内部からも命を狙われているのだとするのなら、いまだに軍を掌握できていないともいえますし、逆にいえば完全掌握するまで、粛清を続ける可能性があるともいえます。

習主席が、中国の新皇帝になるのか、それとも裸の王様になるのか。まだまだ波乱を内包していそうですね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
中共はナチスと同じ運命かもしれませんね。最後にはロシアと米で2分割統治。日本は米側ですから、ロシアとの交渉も中断して、場合によっては、北朝鮮との絡みで北方領土と交換する手段を日本が得ていれば面白い事になるかも知れません。日本は躊躇なく北朝鮮の拉致被害者救済とロシアの軍事侵攻を防ぐ名目でウラジオストクを占領すべきでしょう。日本は北朝鮮の占領とウラジオストクも攻略できなければ、北方領土を米軍と奪還して米軍基地建設すればロシアは北方航路の可能性がなくなるでしょうから、ロシアは北朝鮮より北方領土確保を優先する判断だと思います。そうなれば、確実に拉致被害者を救済し、北朝鮮を米国支配統治の国にできるでしょう。
白なまず
2018/01/15 10:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何度も命を狙われる習近平 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる