日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮の生物兵器搭載ICBMについて

<<   作成日時 : 2017/12/23 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」連載中!

北朝鮮が最近、生物兵器の炭疽菌を大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する実験を始めたと、ソウルの情報関係筋が明らかにしました。

それによると、ICBMの大気圏再突入時の7000度以上の高温でも炭疽菌が死滅しないようにするため、耐熱・耐圧装備などの実験を開始し、一部には、こうした実験にすでに成功したとの未確認情報があるようです。

アメリカも同様の情報を入手していて、12月18日のに公表した「国家安全保障戦略」での「北朝鮮は核と生物化学兵器で米国を脅かしている」という記述につながったようです。

ただ、ICBMに生物兵器を搭載して打ち込むというのは、その効果を考えると本当にやるのかという点は疑問があります、というのも、炭疽菌は、ばら撒いて直ぐに発病、死亡に至るものではないからです。

それ以前に、アメリカや日本のようにMDシステムがある国であれば、ミサイルが撃たれたら、迎撃するのが普通ですし、着弾点付近の住民は避難するでしょう。感染させるには効率がよくありません。

ばら撒くのであれば、そうだとばれないように行わないと効果は期待できないでしょう。

過去、アメリカでは、炭疽菌がばら撒かれたことがあります。

2001年9月と10月に、アメリカの大手テレビ局や出版社、上院議員に対し、炭疽菌が封入された容器の入った封筒が送りつけられ、その炭疽菌の感染により、5名が肺炭疽を発症し死亡、17名が負傷する事件が起こっています。

炭疽菌感染した患者には早期の抗生物質投与が必須ですけれども、予防的に抗生物質を投与しておくも効果があります。

ですから、ICBMに炭疽菌を乗せるなどと報じられた以上、警戒とその準備を考えるでしょうから、実際は脅し的な意味合いが強いと思いますね。

青山繁晴参院議員は、北朝鮮工作員による生物兵器の拡散を警告していますけれども、そちらを警戒すべきだと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北朝鮮の生物兵器搭載ICBMについて 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる