日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞は廃業しろ

<<   作成日時 : 2017/11/19 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 3

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」連載中!

11月17日、日本維新の会の足立康史衆院議員が国会内で記者団の取材に応じ、国会で自民党の石破茂元幹事長や希望の党の玉木雄一郎代表らを「犯罪者だ」と発言したことについて、石破氏に謝罪したことを明らかにしました。

足立議員は自らの発言について「その『犯罪者の疑い』の疑いの部分が十分ではなくて、一部だけを切り取ると何か断定しているかのような誤解を与えたことだと思っている。私の表現がつたないために、不快な思いをさせたという人がいたということなので、表現については撤回をして不快な思いをした人におわびをしたいと思っている」と述べています。

一方、朝日新聞に対する加計学園をめぐる捏造発言について撤回するのかと問われると「撤回の考えはありません」と答え、その理由を聞かせろと食い下がる朝日新聞記者に「今も捏造だと思っているからです」と断言しています。

先の「犯罪者」発言についても、足立議員が謝罪したのはその"表現"であって内容そのものを撤回した訳ではありません。

また、ツイッターで「朝日新聞、死ね」と書いたことについては「ツイッターについては表現は行き過ぎたと思っている。いろいろな支持者の皆さんから『死ね』はやはり言い過ぎだと。『廃業しろ、程度にしておけ』というご指導もいただいているから、『朝日新聞は廃業しろ』ということを言い続けていきたいと思っている」とやはりここでも"表現"が行き過ぎたとしています。

要するに主張を取り下げたということではないのですね。

この返答に反発したのか、翌18日、朝日新聞は朝刊オピニオン面で「政治家の言論 その荒廃ぶりを憂える」との題で足立氏を激しく批判。「自身のツイッターでは、『朝日新聞、死ね』と書いている。加計問題の報道は確かな取材に基づくものだ。記事や社説などへの意見や批判は、もちろん真摯に受け止める。だが、「死ね」という言葉には、感情的な敵意のほかにくみ取るものはない」と反発しています。

この朝日の記事に対して、ネットでは「他者を憂うより、まず自分自身について憂いてみてはどうかね」とか「矛先が自分たちに向けられた途端に言論を持ち出すか。これはただのポジショントークだ」とか散々に批判されています

人の事を言う前に自分の足元はどうなんだ、ということです。

件の朝日の記事の冒頭と最後の文章は次のようになっています。
政治は言葉だ、といわれる。みずからの理念を人の心にどう響かせるか。それが問われる政治の営みが、すさんでいる。

《中略》

「犯罪者」「死ね」「こんな人たち」。国策に重責を担う政治家が論争の相手を突き放し、対立と分断をあおる。

そんな粗雑な言動の先にあるのは政治の荒廃であり、それに翻弄される国民である。
ここで試しに、この文章の中で使われている六つの単語を次のように入れ替えてみます。

政治    →言論
政治家   →マスコミ
国策    →世論
犯罪者   →独裁者
死ね    →安倍の葬儀はうちで出す
こんな人たち→安倍叩きは社是

例の朝日の社説の単語をこのように置き換えて書き直すと次の様になります。
言論は言葉だ、といわれる。みずからの理念を人の心にどう響かせるか。それが問われるマスコミの営みが、すさんでいる。

《中略》

独裁者」、「安倍の葬儀はうちで出す」、「安倍叩きは社是」。世論に重責を担うマスコミが論争の相手を突き放し、対立と分断をあおる。

そんな粗雑な言動の先にあるのは言論の荒廃であり、それに翻弄される国民である。
全く違和感ありません。単語を入れ替えても意味が通るということは、入れ替えた対象にも、この記事のロジックが当てはまるということです。つまり、朝日は自分で自分の首を絞める論を展開しているともいえます。

ネット上で足立議員を擁護する書き込みが多いというのも、理由がない訳ではないのですね。

ジャーナリストの須田慎一郎氏は、ニッポン放送のラジオ番組で、マスコミの安倍叩きについて次のように暴露しています。
「私もね、こういう経験したことあるんですよ。取材した結果、『森友学園が火を吹いていた段階で、忖度だとか安倍さんが指示を与えたということは一切ない。そもそも土地の値段を高く設定しすぎたところに原因がある』と論を立てた。いや論というより取材した結果がそうだったんですけどね。すると森友学園に批判的な大新聞の記者が僕に連絡してきて、いや〜須田さん、うちでもそういう記事を掲載したいんだけど、デスクがそれを握りつぶす。
『うちは安倍批判でいくんだからお前が取材してきた結果を載せることはできない』と」
件の朝日の記事では、足立議員がこれまでも暴言を吐いてきたとし「一向に改めないのは、黙認する雰囲気が国会内にあるからではないか」と論じていますけれども、何のことはない、マスコミは黙認どころか積極的に、安倍叩きを進めているということです。

事実の報道よりも、社の方針が上に来るのならば、それは報道ではなく、ただのプロパガンダ機関に過ぎません。

足立議員は「朝日新聞、死ね」とツイートしたことについて「ツイッターについては表現は行き過ぎたと思っている。いろいろな支持者の皆さんから『死ね』はやはり言い過ぎだと。『廃業しろ、程度にしておけ』というご指導もいただいているから、『朝日新聞は廃業しろ』ということを言い続けていきたいと思っている」と述べていますけれども、朝日新聞がプロパガンダを止めない限り、やはり「朝日新聞は廃業しろ」という批判は一定以上の説得力を持ち続けると思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
マスゴミ崩壊元年。
二度と戻らない信頼。
十年後には、もう無い新聞社。
真っ赤なアカヒ
2017/11/19 06:18
1行が長すぎて、読み難いです。
1行が何字なのか気になって字数を数えているうちに目がチラチラしてしまい、
諦めてしまいました。多分、60字以上ありそうです。
1行の字数を半分位にして下さい。訪問者が増えると思います。
なしサン
2017/11/19 12:53
確かに廃業に値するでしょうね。
昭和10年代は戦争を煽り、戦後は反日売国。
非常に罪深い。
消えゆく運命かも知れないが、罪悪の検証は必要。
傍観者
2017/11/20 10:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝日新聞は廃業しろ 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる