日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプを歓待する習近平の狙い

<<   作成日時 : 2017/11/10 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」連載中!

11月9日、中国を訪問したアメリカのトランプ大統領は中国の習近平国家主席と北京で首脳会談を行いました。

首脳会談では北朝鮮への対応や、中国の対米貿易黒字の削減など米中経済の「均衡回復」が焦点となりました。

トランプ大統領は「米中関係は最も重要」と強調した上で北朝鮮の核・ミサイル問題について国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議の厳格な履行などを求めて意見が一致。

貿易赤字についてはトランプ大統領が「われわれは政策を変えなければならない」と是正を促したのに対し習近平主席は習主席は、米中協力は「唯一の正しい選択だ」として「北朝鮮核問題での連携・協調を強化する」と応じたようです。

会談後の記者会見で、トランプ大統領は「完全に北朝鮮を非核化することで合意した。経済的な圧力を強め、北朝鮮が無謀な道を放棄するまで続ける」と述べ、習近平主席は、米中間の貿易不均衡を解消する一環として、2500億ドル以上の商談が成立したと明らかにしました。


昨年のアメリカの対中貿易赤字は3470億ドルと国別で最大。今回の会談では対立も予想されていたのですけれども、トランプ大統領は激しい批判を控えました。無論、日本円換算で28兆円にもなる超大型の「お土産」を貰ったからですね。

その商談とは、各企業の発表などによると、中国側はアメリカの航空機大手ボーイングからの航空機300機や、半導体大手クアルコムからの携帯電話向け半導体のほか、畜産品や大豆など幅広いアメリカ産品の購入で合意。アメリカ産シェールガスや液化天然ガスの開発投資も約束したようです。

ただ、商談といってもその多くは正式契約ではなく、複数年にわたる購入や投資計画も含んでいますので実際にどれだけアメリカの赤字が解消されるのかは不透明です。

また、閉鎖的な中国の市場や商慣行。知的財産権の侵害、中国への進出企業に技術移転を強要することなど、火種は燻ったままです。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は「中国は貿易問題ではほとんど何もしない一方で、トランプ氏を大歓迎でおだてようとした」と述べ。米中企業が結んだ総額28兆円規模の契約も巨額の貿易赤字を解消する効果は薄いと指摘しています。

今回のトランプ大統領訪中について、28兆円もの土産を渡した中国を「ポチ」とみるか、譲歩を引き出せなかったトランプ大統領の負けだとみるかは見方の別れるところだと思いますけれども、今回に限っていえば、中国側はとりあえず目先の金でトランプ大統領を黙らせることに成功したといえそうです。

また、今回のトランプ大統領の訪中について、習近平主席にトランプ大統領を政治利用しようとしたのではないかと見受けられる節があったのが気になりました。

習近平主席夫妻はトランプ大統領夫妻を、紫禁城を丸ごと空けて出迎えました。習主席は、紫禁城の主要施設を案内しながら歴史、建築、文化を自ら説明したそうです。

紫禁城は明・清の中国皇帝の居城としてその威を唱えた建物です。1912年の清朝崩壊以来、これまで中国の指導者が外国の元首を紫禁城の中で歓待したことはありませんでした。

評論家の石平氏は「習近平は本気で『中華帝国皇帝』になるつもりだ」とコメントしています。

更に、紫禁城を案内する習近平主席は、トランプ大統領夫妻を横に、ポケットに手を突っ込んでいたのですけれども、トランプ大統領に睨まれて慌ててポケットから手を出す動画がネットで話題になっています。

常識的に考えて、外国の元首を前にポケットに手を突っ込むなど非礼極まりない態度です。

ただ、習主席のポケットに手を突っ込んでいる画像はなぜかトランプ大統領が習主席を見ていないときのものばかりです。現にトランプ大統領が顔を向けると慌てて手を出していました。つまり、トランプ大統領を前にしてポケットに手を突っ込んでいる画像をわざと取らせて中国国内に拡散させているのではないかと勘ぐってしまいます。

その狙いは勿論、中国国家主席はアメリカ大統領よりも格上であるのだ、と見せつけるためでしょうね。まぁ、その試みも、トランプ大統領に睨まれてスゴスゴと手を出したことで半分以上失敗していると思いますね。

今回のトランプ大統領の訪中は、非常にビジネスライクというか、商談・取引に来たという雰囲気を非常に強く感じました。日本に居た時とは大分違いますね。

トランプ大統領が土産に貰った28兆円以上の成果を出せたのかどうか。しばらく様子を見る必要がありそうです。
 

 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
安倍のトランプへの媚びへつらいが、米国において滑稽な見世物として紹介されている 
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/523.html

右翼の皆さまは、アメリカのTV局に抗議しないと!
通りすがりです
2017/11/10 16:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トランプを歓待する習近平の狙い 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる