日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 小池百合子のリベラル排除劇場

<<   作成日時 : 2017/10/01 10:00   >>

面白い ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

 
更に昨日の続きです。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」連載中!

9月30日、希望の党の若狭前衆議院議員は、民進党の玄葉元外相と候補者の調整を行いました。若狭氏は記者団に、第1次公認は50人を超え、週明けの10月2日に発表することを明らかにしています。

けれども、ここでの公認候補は既に民進党を離党した前議員と若狭氏の政治塾の塾生が中心のようで、これから合流する前議員については1日に調整が続けられるようです。

希望の党の細野元環境大臣は、今回の衆議院選挙について「久々に政権選択選挙になった。『安倍政権と自民党を選ぶのか、それとも、希望の党を選ぶのか』という選挙にしたい」と述べ、民進党出身者の公認調整について「個人的には、最大限の人に入っていただきたいが、現実的な安全保障と憲法改正に賛同していただけるかどうかが、大きな判断基準になる。最終的な判断は小池代表が行う」と述べました。

やはり、リベラルは排除の方針のようですね。

既に永田町では希望の党が公認しないリストが出回っているようです。リストには、菅直人元首相、野田佳彦元首相、枝野幸男代表代行、長妻昭元厚労相、赤松広隆元衆院副議長、辻元清美幹事長代行、岡田克也元代表、海江田万里元経産相、安住淳元財務相、阿部知子らも含まれていて、その数は30人に及ぶようです。

関係者は「いずれも民主党政権で代表や大臣、幹部経験者で、安全保障や憲法観で一致したとしても負のイメージを新党に入れ込んでしまうので、厳しく"排除の論理"であたるでしょう」と述べています。

希望の党の公認が欲しい、民進党議員の中には自身のこれまでの主張をころりと引っ繰り返す人もちらほら出てきています。

例えば、宮城5区の安住淳氏は「前から憲法改正に賛成」などと発言していますし、福山哲郎氏は「我々は護憲とは言っていない」と手の平を返しています。その他にも、「憲法を絶対変えちゃいけないとは思わない」と留保したり、憲法、安保そのものに口を噤む人もいるようです。

けれども、どんなに言い繕ったところで、希望の党側から公認されなければ、「お前はリベラルだ」とレッテルを張られたことになりますからね。主導権が既に自分の手にないことを自覚しないといけないですね。憲法改正に賛成だと変節した安住氏にしても、既に公認しないリストに名前が上がっているようですから、そういうことです。

それにしても公認しないリストに名前が上がっている議員を見ると、閣僚経験者は党三役級の重鎮ばかり。これらが公認されないとなると、希望の党に残るのは、本当に憲法、安保に賛成だった民主右派と変節したリベラルの小物議員だけということになります。

つまり、次の選挙では、影響力を持つリベラル大物議員達が次々と落選する可能性が高まったということです。

小池氏は、この構図を作り上げたことで、衆院選は俄然「劇場型選挙」の様相を呈してきました。

民進党議員の中には、希望の党の排除を恐れて合流を選択しない候補者も出始めているようです。

NGリストにばっちりと名前が上がった辻元清美氏は「私はリベラルの力と重要性、信じています。ですから、私は行きません」と無所属で出馬するとの意向を示し、阿部知子氏も「イデオロギーで選別するなら希望の党には参加しない」と述べています。これはこれで筋が通っています。

一方、NGリストに載りながらも長妻氏やなど、駄目元でエントリーする議員もいるようですけれども、これまでの言動は記録に残っていますからね。有権者は忘れていても、選考にあたる議員には通じない。操り人形レベルで何でも言う事を聞くと土下座してもどうかというところだと思いますね。

また、新党を結成する動きもあるようです。赤松広隆元衆院副議長は9月30日、「仲間を惜敗率で救うことを考えたときは、新しい政党を作ることも選択肢の一つとしないといけない」とも述べています。

ただ、公示まで時間がないですからね。どこまで出来るのかは不透明です。

民進党リベラル派は一気に追い込まれました。これまで反日リベラルを快く思っていなかった有権者は、小池氏が作ってみせた「リベラル排除劇場」に足を運ぶのではないかと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小池都知事の手法は「クーポン選挙」というものですね。1918年のイギリス総選挙で行われた手法です。
自由党のロイド・ジョージが保守党との連立支持の候補者に「だけ」公認証書を出して選挙戦を行い、見事連立反対派に圧勝しました。
この手法を研究していたのが小泉元首相で、自民党が大勝した郵政総選挙のとき使いました。
小池都知事本人はどう思っているかわかりませんが、小泉元首相の一番弟子というところでしょうね。
sdi
2017/10/01 15:43
ああ、そうか…

小池が言う「日本をリセットする」とは、こういうことだったのか…

2017/10/01 19:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小池百合子のリベラル排除劇場 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる