日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 崩壊する野党は小池新党に希望を見出しているか

<<   作成日時 : 2017/09/27 10:00   >>

面白い ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」連載中!

安倍総理の解散宣言を機に、野党がすったもんだしています。

9月24日、民進党の前原代表は自由党の小沢共同代表と会談し、民進党と自由党を軸とした野党勢力の結集が必要だとの認識で一致したことを受け、28日の両院議員総会で、自由党との合流を提案する意向を固めたことが明らかになりました。

前原代表は党本部で記者団に対し「政権選択選挙は、政策・理念が大事なので、どういう考え方に基づいてやるのか、これから吟味したい。他方で、政策・理念がすべて一致するなら同じ党になるのであり、安倍政権を止めるためには、小選挙区では1対1の構図に持ち込むことが大事だ」と述べています。

一方、自由党の小沢代表は国会内で記者団に対し「希望の党」との連携について「基本的な考えや政策が一致する以上、『可能ならば、みんなで力を合わせる』という範疇の中で捉えていいと思う」と述べ、野党連携について「『自民党に代わる大きな受け皿を作らなければならない』という考え方は、民進党の前原代表も同じだと思う。何とか選挙までに野党の総結集の受け皿を国民に示し、審判を仰ぎたい。ただ、われわれが結集する場合、共産党を含んだ話ではない」と共産党を除く野党勢力の結集を目指す考えを示しました。

その名指しされた共産党の志位委員長は記者会見で「顔ぶれを見ると、いよいよ自民党の補完勢力そのものだ。野党にはカウントできず、与党と補完勢力の側にあり、連携の対象にならない。目標は、衆議院における『改憲勢力3分の2体制』を打破し、自民・公明と補完勢力を少数に追い込むことで、今後、どれだけ、野党と市民の共闘が具体化されるかに左右される」と述べました。

去年は民共共闘だと湧いていたのが、あっという間に隙間風が吹き始めました。野党共闘で議席を伸ばせるかもしれないと皮算用を弾いていた共産党は苦虫を噛み潰したかのような思いかもしれませんね。

それにしても、自由党の小沢共同代表の「共産党を含んだ話ではない」発言は呆れます。

去年の5月に民進・共産・社民・生活の党の4野党が党首会談したときには「参院1人区のすべてで野党統一候補を実現する」と合意していたのです。流石"内股膏薬"の面目躍如といったところですね。選挙に勝つ為なら、公約などどうでもよいと言わんばかりです。

また、社民党の又市幹事長は「『東京都の小池知事が代表に就かなければ、選挙にならない』と思ってのことだろう。顔ぶれを見ても、改憲勢力だと、はっきりしており、共闘の対象にはならない」と述べ、野党4党の連携については「安倍政権に対峙するために野党が協力するのは当たり前なので、強く押し進めたい」と述べました。

社民党も除け者になりそうな予感が漂います。

今回の総選挙で、台風の目になりそうなのは、やはり小池都知事率いる「希望の党」でしょうね。地方自治体の長がいつの間にか党首になったり、まるで維新の会を彷彿とさせます。

選挙で優位に立つと見られていた自民も警戒感を顕わにしています。

都選出の萩生田光一幹事長代行はBS番組で、「党の理念、政策がなく、緊急避難的に選挙のために集まった人たちだ」と小池新党を牽制。更に、都選出や首都圏選出議員達も、「次の衆院選で東京は全滅だ」などと戦々恐々のようです。

無論、「希望の党」インパクトは野党も襲っています。

とりわけ民進党は小池人気に乗じた「離党ドミノ」が加速。

民進党の松原仁元拉致問題担当相が離党。「希望の党」に参加する考えを表明。柿沢未途衆院議員も地元で緊急の後援会会合を開き、離党の方針を伝えたようです。

更に、東京19区の候補に内定していた末松義規元衆院議員も離党を検討していると伝えられています。

民進党の若手からは党を解党して「希望の党」と合流するべきだという解党論も飛び出す始末。

民進党の玉木前幹事長代理は「既存の政党は少なくともすべて一度、解党して、法的な解党をして、合併新党に結集すると。民進党も含めて解党すると」述べ、民進党幹部の間でも「このままだと民進党は壊滅する……希望の党との連携姿勢を明確にするべきだ」という声が強くなっているようです。

このまま、元民進党議員がごっそり「希望の党」に流れると第二民進党になるのではないかという声も出てきています。

ただ、小池都知事は、連携の条件に「保守であること」と述べていて、ある関係者は「民進党まるごとと連携はあり得ない」と否定的なようです。

当選する為ならなりふり構わず鞍替えする。

安倍総理にさんざん解散しろと迫っていた野党が、いざ解散された途端、自分達の党が解散の危機に遭う。なんとも皮肉なものです。

野党再編は結構ですけれども、どんなに再編したとて政権批判しかしない野党なのであれば、国民から見放されるだけだと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
崩壊する野党は小池新党に希望を見出しているか 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる