日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 総選挙の争点と抵抗野党の終焉

<<   作成日時 : 2017/09/19 10:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日も昨日の続きです。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「絶対無敵の聖剣使いが三千世界を救います」連載中!

9月16、17の両日に産経新聞社とFNNが合同世論調査を行いました。

それによると、安倍内閣の支持率は50.3%となり、4ヶ月ぶりに5割を回復。支持率は前回調査から6.5ポイント上昇、不支持率は40.0%と前回から9ポイント下がりました。

また、政党支持率も自民は38%と5ポイント上昇。民進党は6.4%と0.5%下落。以下、共産4.5%、公明3.6%、日本維新の会2.6%となっています。

夏頃は加計森友で支持率が下がりましたけれども、根拠レスで叩いただけのことで、やはり時と共に支持率が回復してきました。嘘はいつまでもは続かないものです。

野党は「自己保身解散」だとか「逃走解散」だとか「加計森友隠し解散」という具合に、未だに加計森友問題に妄執しているようです。

けれども、世論にしてみれば加計森友などすでに過去の問題であって、今、これからを問う争点にはなり得ません。

野党が本当に加計森友を争点に戦うのであれば、選挙は悲惨な結果になると思いますね。

解散について、安倍総理は当初、来年の通常国会で、憲法九条への自衛隊明記を柱とした憲法改正を発議し、来年12月の衆院任期満了を前に、国民投票と衆院選を同時に実施する考えだったようです。

けれども、北朝鮮の核・ミサイル問題を受け、年末以降に事態はさらに悪化し、かつ長期化する公算が大きくなったと予測し、「このままでは解散のチャンスを失いかねない」と判断したと伝えられています。

昨日のエントリーでも触れましたけれども、これを見る限り、やはり北朝鮮に対してのアメリカの軍事力行使があるにしても、来年以降の公算が高いようですね。

安倍総理は、万一の事態に備えて、安保法制や対北朝鮮政策の意義を国民に問い直し、日米同盟の更なる強化を訴える必要があると考えたと言われています。

焦点の憲法改正については、現状打開のため、衆院選で憲法に自衛隊を明記する意義を国民に訴えたいとの意向を示しているそうです。

これらを考えれば、今回の総選挙は安保選挙というべきであって、間違っても加計森友ではないですね。

これまで外交・安保では票が取れないと言われて来ましたけれども、いよいよ、平和ボケという惰眠を貪ってきた国民に安全保障の現実を目の前に突き付けられる事態になったということです。

昨今の情勢を考えれば、このタイミングでの総選挙で安保が争点にならないとううのは考えられません。もしも野党がこれから逃げるのなら、それなりの結果が待っているでしょうね。

北朝鮮問題に対する野党の主張を見る限り、彼らは「対話」あんど「対話」でマスコミと一緒になって北朝鮮や中国の肩を持ってくるでしょうけれども、夏からの北朝鮮の核実験、ミサイル発射の度に対話だと言い続けても自分達への支持は少しも集まらず、逆に安倍政権の支持率が回復したことをみれば、「ひたすら対話」路線はそれほど支持を受けるものではないことは明らかです。

或いは野党は共闘して臨むのかもしれませんけれども、維新やファースト以外の抵抗勢力野党は、どう協力しようが、北朝鮮問題については「対話」以外の政策を出せるとは思えません。

したがって、今回の総選挙の争点が「安全保障」になる限り、抵抗勢力野党は終焉の棺桶に片足を突っ込むことになるでしょうね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
総選挙の争点と抵抗野党の終焉 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる