日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS フェイクニュースはいつまでも許されない

<<   作成日時 : 2017/06/30 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら頭脳派の魔法使いになっていた件」連載中!

6月29日、自民党の下村博文幹事長代行は、29日発売の週刊文春が、下村氏を支援する政治団体「博友会」の内部文書に加計学園から200万円の政治献金を受けたとの記載があるとした記事について「全く事実に反する」と否定しました。

文春の記事には、当時、文科相だった下村氏の事務所に加計学園の秘書室長がたびたび陳情に訪れて、口利きを依頼。加計学園は2013年、2014年に100万円ずつ献金したにも関わらず政治資金収支報告書には未記載だったとしています。

これらについて、下村氏は記者会見で、文春記者が下村事務所の内部情報を流したのは現在、自民党以外から都議選に出馬している元秘書だと明言。元秘書は事務所の金を使い込んだことが事実であると認めました。

そして、文春の記事では『博友会パーティー入金情報』というファイルに加計学園と書いてあるからパーティー券を購入したとしている事についても、実際には個人や企業の11名の合計の話で個別に領収書を作成し、渡したのは日報に書いており、文春もその日報を持ってるから理解してる筈だと指摘。都議会選挙の真っ最中に事実無根の記事を掲載するのは選挙妨害に当たり、内容も名誉棄損にあたるので告訴の準備をしていると発言しています。

ちょっと確認すれば、直ぐ分かることをなのに、なぜこんな"虚偽"報道をするのか。下村氏が指摘するように選挙妨害の線は十分に有り得ます。

というのも、件の元秘書というのは、都民ファーストから出馬している平慶翔氏とされているからです。

平氏は29日、情報漏洩について全面否定し、金を使い込んだ際の上申書も偽造文書だとしています。

こちらに、平氏の退職届と上申書の画像が上がっていますけれども、この特徴的な筆跡は完全に一致しており、偽造というにはかなり無理があります。

下村氏も、フェイクニュースが流されて、即、文春記者に情報提供元を確認した上で、平氏の上申書を公開する辺り、中々守備力が高いと感じますけれども、やはりそれ以前にフェイクニュースが流される事自体が問題だと思いますね。

先日、アメリカCNNが、昨年のアメリカ大統領選へのロシアの介入を調べている上院情報委員会が、トランプ大統領の政権移行チームのメンバーとロシアのファンド幹部との会合を調べているとの記事を掲載し、その後記事を撤回しています。CNNは執筆した記者や調査報道チームトップら3人が退職しています。CNNはその理由を詳しく説明はしていませんけれども、形の上では、腹を切らせたことになります。まぁ、トカゲの尻尾切りなのかもしれませんけれども、その辺は自浄作用が働いている訳です。

翻って、週刊文春はどうなのか。なぁなぁで済ませてあとは知らんぷりするかもしれませんけれども、そういう態度こそがマスコミの信頼度を低下させていくということに何時になったら気づくのでしょうか。


 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
”文春砲”と、もてはやされた時もあったが、所詮、週刊誌は週刊誌。

フェイクニュースの横綱”朝日新聞’程ではなくても、嘘つき具合が小結から大関程度になってきた。

新聞もテレビも週刊誌も、フェイクニュースの総力戦で安倍政権つぶしを画策している姿はブザマ。

文春の親会社”文藝春秋”の社長はサヨクで、しかも有田芳生民進党議員のお友達、、、とか。

ふ〜ん、なるほど、後は推して知るべし!!!
カリフォルニアから日本を想う
2017/06/30 08:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フェイクニュースはいつまでも許されない 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる