日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカの撒き餌に金正恩は喰いつくか

<<   作成日時 : 2017/04/18 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 1

  
昨日は感想エントリーですけれども、昨日のエントリーでopera様からいただいたコメントに対するお返事とさせていただきます。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件」連載中!

4月17日、アメリカのペンス副大統領は訪問先の韓国で黄教安大統領代行と会談しました。会談後の共同記者会見で、ペンス副大統領は、北朝鮮について「アメリカと同盟国は朝鮮半島の非核化を目指し、結束してきた。我々は、平和的な手段で非核化を達成したいが、すべての選択肢はテーブルの上にある……世界は、トランプ大統領がシリアやアフガニスタンで見せた力と決意を目撃した。北朝鮮はアメリカ軍の強さを試したりするべきではない」と北朝鮮を牽制しました。

そして「北朝鮮への圧力強化についてペンス副大統領は「われわれは中国が北朝鮮に対して、適切に対応すると確信している。もし中国がやらなければ、アメリカと同盟国が対応するということだ」と中国の圧力に期待をする発言をしています。

これに対し、中国外務省の陸慷報道官は「中国は朝鮮半島の核問題を作り出した国ではないし、問題の根源でも要でもない……この問題の解決には、すべての関係各国、特にこの問題で重要な鍵を握る各国が同じ方向に向かってともに努力する必要がある」と、問題解決の責任を中国に押しつけないよう求めました。

けれども、各国が経済制裁する中、形ばかりの経済制裁をしてみせ、北朝鮮を裏から支えてきた中国に何の責任もないとはいえないですし、パイプラインを止めれば直ちに北朝鮮の息の根が止まるという意味では問題解決の"要"といっていいと思いますね。

opere様は「中国が一定の結論を出すまでは、アメリカは北朝鮮を攻撃しないのではないか」と述べておられますけれども、筆者もその線は大いにあると思います。以前のエントリーで先の米中首脳会談で、トランプ大統領は習近平主席に、北朝鮮問題に対する答えを一月以内に持ってこいといったのではないかと述べましたけれども、その論からいえば、opera様が指摘するように、核実験やICBMの発射といった重大な事象でも起こさない限り、5月9日まではじっと中国の答えを待っているともいえる訳です。

opera様の指摘するとおり、今の習近平政権は北朝鮮に対するコントロール能力を失っていますから(外相レベルでの会談も出来ない)、期日までにアメリカの期待する応えはだせないでしょう。

結局、アメリカによる空爆となる訳です。

となると、後はそのレッドゾーンを何処に置くかなのですけれども、今のアメリカは、其の為の口実というか理由づけを得ようとして、北朝鮮に撒き餌を入れているようにも見えるのですね。

先日、失敗したと言われている北朝鮮のミサイル発射についても、攻撃の必要はないと言っています。あれ程、警告を発していたのに、いざ発射されても反撃しない。これでは金正恩が益々アメリカを舐めることになります。

けれども、それこそがアメリカの狙いなのではないか。これは単なる筆者の妄想半分の考えですけれども、アメリカは軍事"挑発"を行って、北朝鮮から最初の攻撃をさせることで、反撃の大義名分を得ようとしている。その為に何もせず牽制発言だけしているのではないかという雰囲気を感じますね。

確か、記憶では、湾岸戦争の時も、当初、イラクの外相がクウェート駐在のアメリカ大使に対し「イラクがクウェートに侵攻するかもしれない」と伝えたところ、アメリカ大使は「アメリカはアラブ諸国間の内紛には関知しない」と答えたと伝えられていました。

それと同じことを北朝鮮にも仕掛けようとしているのではないか、ということです。金正恩が引っかかるのかどうかは別として、先程も述べたように、アメリカが中国からの北朝鮮問題の対応策の回答待ちなのであれば、その期日が過ぎるまでは動かないと思われます。

その日とは、やはり最大待っても、韓国大統領選の5月9日迄ではないかと思いますね。

アメリカの撒き餌に金正恩が喰いついてレッドラインを超え、回答期限が過ぎる。これらの条件が重なった時、アメリカの軍事攻撃条件が整ったと言えるのかもしれませんね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
撒き餌というけど、極東に米軍は戦力を集めてない。
北の弾道ミサイル戦力や所持している(かもしれない)核爆弾を無力化するためには地下施設を攻撃できなくてはーならないが、それが可能な戦力は極東に来ていない。空母艦載機では「普通」の空爆しかできない。なにより、トランプ政権の注意は中東に向いてる。開戦前夜という見方には賛成できませんね。
sdi
2017/04/18 23:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカの撒き餌に金正恩は喰いつくか 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる