日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプ大統領に気に入られている安倍総理

<<   作成日時 : 2017/02/03 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 2

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件」連載中!

トランプ大統領が爆走しています。

2月1日、アメリカのワシントン・ポストは、トランプ米大統領が1月28日にオーストラリアのターンブル首相と電話会談した際、難民引き受けに関する米豪合意をめぐり応酬し、険悪な雰囲気に陥ったと報じました。

これは、ターンブル首相が難民認定を求めてやってきた密航者のアメリカへの移住合意について、トランプ政権も合意を守ることを確認しようとしたところ、トランプ大統領が、「次のボストン爆弾テロ犯を輸出しようとしている」と激怒したようです。

この合意は昨年11月にオーストラリア政府とオバマ前政権との間で結ばれたもので、合意の一環として、アメリカはオーストラリア政府がパプアニューギニア・マヌス島とナウルの施設に収容している最大1250人の密航者をアメリカに移住させ、代わりにエルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラスからの難民をオーストラリアに移住させることになっています。

ただ、オーストラリアが国外収容している密航者の多くは、アフガニスタンやイラク、イランから逃れてきた難民だそうで、この辺りがトランプ大統領の逆鱗に触れたのかもしれません。

トランプ大統領は、同じ28日に安倍総理やプーチン大統領らとも電話で話したことを挙げ、「この電話が飛び抜けて最悪だ」と吐き捨て、1時間を予定していた電話を25分で切り上げました。

そして、トランプ大統領は「これが信じられるか。オバマ政権はオーストラリアから何千人もの不法移民を引き取ることに合意した。なぜか。このばかげた合意を調査する」とツイートし、見直しを示唆しています。

なんとも分かり易いというか、裏表がないというか。思ったことをそのままいうタイプのようですね。この大統領相手には"腹の探り合い"なるものはないのかもしれませんね。

トランプ大統領の言動に「おためごかし」も「社交辞令」もないとするのなら、その態度はそのまま受け取って良いことになります。

そうだとすれば、安倍総理はトランプ大統領から随分とよい扱いを受けていることになります。

先月28日に安倍総理がトランプ大統領と電話会談した際、トランプ大統領は昨年11月にニューヨークで安倍総理と会談した際、ゴルフのドライバーを贈られたことに改めて謝意を伝えました。安倍総理が「いつか一緒にゴルフをしよう」と誘ったところ、トランプ大統領は「2月のワシントンは寒くてゴルフができない。フロリダに移動して翌日、パームビーチでゴルフをしよう」と安倍総理を招待、再会談を提案しています。 

パームビーチにはトランプ大統領の別荘があるそうですけれども、いきなりプライベートに招待された訳です。何気に凄いですね。

しかも、もっと凄いのは、トランプ大統領の長女のイバンカ氏が「あなたは安倍晋三首相に従っていればいいのよ」と忠告したと伝えられていることです。

これはトランプ大統領が電話会談で自ら明かしたそうなのですけれども、去年の11月に安倍総理がトランプ氏と会談した際に、イバンカ氏は同席していました。

イバンカ氏は安倍総理を「非常にクレバーな人だ」と評し、「安倍さんにまた会いたい」と言っていたそうです。これが本当であれば相当評価されていることになります。

外務省幹部によると、28日の電話会議は「電話でなければ肩を組んでいた」と話すほどで、安倍総理は周辺に「トランプ大統領には気に入られている」と語っているそうですから、それなりの手応えを持っているということでしょうね。

果たして、イバンカ氏がどれくらいトランプ大統領に影響力を持っているのか分かりませんけれども、トランプ大統領が他国の首脳との電話会談で話題に出すということは、それなりの扱いをしているということですから、それなりのものを持っていると見てもよいかもしれませんね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
仲良くやっているから気に入られているというのは単純すぎる。
そもそも仲良くする必要もないのだが、仲良く見せかけることであしらわれているという見方もできる。

トランプは米国第一を打ち出して保護主義に向かおうとしている大統領である。未だにグローバリズムの夢が抜けきれない首相を本当に仲間だと思っているかは言わずもがなである。トランプは安倍晋三のようなグローバリストたちと戦っているのである。
ちび・むぎ・みみ・はな
2017/02/03 10:04
安倍さんを評価してると云うよりは、中国共産党を牽制してると云う方が、より正確ではないでしょうか。

トランプの「アメリカ・ファースト」とは、必然的に、中国共産党との激突を予見させるものです。
774
2017/02/03 23:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トランプ大統領に気に入られている安倍総理 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる