日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 米台接近が意味するもの

<<   作成日時 : 2017/01/19 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件」連載中!

アメリカのジョン・ボルトン元国連大使は17日付のウォールストリート・ジャーナル紙に在沖縄米軍の台湾への一部移転を提案したことが明らかになりました。

この中でボルトン氏は「台湾は地政学的に東アジアの国に近く、沖縄やグアムよりも南シナ海に近い。……日米摩擦を起こしている基地問題を巡る緊張を和らげる可能性がある……海洋の自由を守り、一方的な領土併合を防ぐことは米国の核心的利益だ」と述べています。

何気に凄い案です。何故今までこれをいう人がいなかったのか不思議なくらいですけれども、言われてみれば、最強の中国牽制策のように思えますね。

台湾の蔡英文相当は今月8日にアメリカのヒューストンでクルーズ上院議員やアボット州知事と会談、共和党重鎮のマケイン上院議員とも電話会談しています。

或いは、この段階で、在日沖縄米軍の一部台湾移転の話も出たのかもしれません。

現在アメリカは、台湾関係法に基づき、アメリカ製兵器の提供と台湾に対する安全保障を行っています。その経緯はこちらのサイトで論じられていますけれども、1979年の米中国交正常化の折、中国はアメリカに対して、駐台米軍の撤退を要求し、アメリカがそれを受け入れたという過去があります。

無論当時と世界情勢が変わっているという背景があるにせよ、このあたりをどう調整していくかが一つのポイントになると思います。やはり時代が変わったことを感じざるを得ません。

中国は、台湾のアメリカ接近にピリピリしています。

18日、中国政府はアメリカに対し、トランプ氏の大統領の就任式において、台湾の議員の参加を拒否するよう要請したと伝えられています。

それほど「一つの中国」を揺さぶられるのを嫌がっているということです。

今後、米中対立が激しくなるであろうと予想されていますけれども、その渦中の一つに台湾が位置することはほぼ間違いないと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
大変だね、
米軍出て行けなどと言っていると
本当に出て行ってしまうわけだ。
どうする?
沖縄のえせ平和市民!
ちび・むぎ・みみ・はな
2017/01/19 09:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米台接近が意味するもの 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる