日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国空母「遼寧」の西太平洋進出について

<<   作成日時 : 2016/12/26 10:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日はこの話題です……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

12月25日、中国の空母「遼寧」が同日午前10時ごろから午後にかけて、沖縄県宮古島の北東約110キロの沖縄本島との間の公海上をフリゲート艦など6隻の軍艦で南東に向けて航行し、西太平洋に抜けたのを初めて確認したと発表しました。

更に、遼寧と共に航行していたフリゲート艦から哨戒ヘリコプターが発艦し、宮古島の周りの領空から約10キロの空域まで接近。航空自衛隊の戦闘機がスクランブルしたようです。

これは、前日の24日、中国海軍の梁陽報道官が西太平洋での遠洋訓練に向けて「遼寧」の艦隊が出発したことを明らかにしていたもので、中国国防省によると、東シナ海で艦載機の殲15の離着艦訓練などを実施。渤海や黄海を駆逐艦や護衛艦とともに航海し「協同運用化と体系化、実戦化」の訓練を実施してきたとしています。

中国の空母艦隊が「第1列島線」を越えて西太平洋で本格的な訓練を行うのは初めてとみられ、今回空母を太平洋に展開することで、トランプ次期米大統領を牽制する狙いがあるという見方もあります。

「遼寧」の動きについては、海上自衛隊の護衛艦が東シナ海中部の公海上で確認し、監視を続けていて、その写真映像も公開されています。遠目でよくわかりませんけれども、今回の「遼寧」の甲板上に艦載機が乗っているようには見えません。

画像


勿論、格納庫に収めていれば見えないのですけれども、空母は砲艦外交というか軍事プレゼンスを示す上で大きな役目を果たす艦です。それが艦載機を甲板に乗せたまま航海するのは一種の軍事的威嚇になります。特に、宮古島沖を通過する際に、艦載機を乗せていたのかどうか。情報がないので分かりませんけれども、それによって、ある程度、中国の本気度が分かるのではないかと思いますね。

尤も、フリゲート艦から哨戒ヘリを出して、領空ギリギリまで接近させた訳ですから、牽制の意図がないことは確実です。やはり、南シナ海、東シナ海は"北京の海"だと主張しているものと思われます。

一方、日本とて手を拱いている訳ではありません。今年6月、米誌「ナショナル・インタレスト」は、日米の潜水艦艦隊は遼寧が出航するたびに追尾し、"撃沈"の演習を繰り返していると報じていますけれども、今回の「遼寧」の航行についても、当然、海自、米海軍の潜水艦が追尾・捕捉しているでしょうね。

 果たして、海自の潜水艦がピンガーを撃ったかどうかまでは分かりませんけれども、海自の水上艦に火器管制レーダーを照射し、空自のスクランブル機に対して危険行動を取るような相手ですからね。もし何かあれば、またぞろ「日本の潜水艦が安全を脅かす行動を取った」とかなんとかしれっと発表するのではないかと思いますけれども、それがないとすれば、そのような事実がなかったか、手も足も出なかったのかどちらかでしょうね。

海自の潜水艦の能力の高さは有名ですからね。後者であることを信じたいところですけれども、軍事機密が掛かる情報ですから、表沙汰になることはないでしょう。

国民として出来ることは、そのような危険な国は隣にあり、軍事的拡張を続けていることを知り、それに対する備えを充実させることだと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
掲載の写真は潜水艦から撮ったものとの解説がどこかにありました。
暇工作
2016/12/27 07:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国空母「遼寧」の西太平洋進出について 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる