日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本とロシアの宇宙開発協力について

<<   作成日時 : 2016/10/04 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件」完結!

この程、日本とロシアの両政府が、宇宙分野での協力に向けた協議を始めることがわかりました。

これは、12月のプーチン大統領の来日に向け、進んでいる経済協力の拡大の一環で、9月上旬にロシア側から協力の打診があり、政府内部で検討を進めてきたようです。

11月に世耕ロシア経済協力相がモスクワを訪れ、作業部会の設置などを提案する予定で、ロシアの極東基地を利用した人工衛星の打ち上げや、宇宙関連の技術協力などが柱になる見通しのようです。

ロシア側は、極東・アムール州の宇宙基地「ボストーチヌイ」の利用拡大を目指しているのですけれども、これまで使用してきた、カザフスタンのバイコヌール基地が2050年までの租借であることに加え、その使用料負担が大きい事から代替として建設を進めてきました。

この地は、かつて「スヴォボドヌイ18」とよばれたミサイル発射基地だったそうで、既に1996年から小型のロケット打ち上げ基地として使われてきました。その関係で鉄道・道路などのインフラあ整備されていて、強風が吹かず、晴天の日が多いという好条件に恵まれています。

ボストーチヌイの緯度は約51度と、バイコヌールとほぼ同じで、ロケットの第1段や第2段の落下場所も、無人の土地や海で心配無用の場所なのだそうです。

画像


ロシアと言えば、ソ連時代から宇宙開発において世界に名を馳せていたのですけれども、2010年に衛星打ち上げに失敗してから立て続けに打ち上げに失敗。一時はISSが無人になる可能性すらあったそうです。

また、2011年の金融危機から始まった世界不況のあおりを受け、ロシアの宇宙開発用の予算は減り続けていました。ロシア政府はトラブルが相次ぐ宇宙産業の立て直しを図るため、2014年にロシアの民間宇宙企業を統合する形で国営企業統一ロケット・宇宙会社 (ORKK) を、2016年1月にはロシア連邦宇宙局も統合した国営ロスコスモス社を発足させています。

ところがそれでロシアの宇宙産業復活という訳でもありません。2015年5月16日には、メキシコの人工衛星「MexSat-1」を積んだ運搬ロケット「プロトンM」が、打ち上げに失敗し、大気圏中で燃え尽きてしまいました。また、同じく5月に、ISS用の貴重な補給物資を運ぶ運搬ロケット「プログレス26М」が打ち上げ失敗しています。専門家の調査委員会は、いずれの事故もエンジンの故障によるものとの暫定的結論を出しているようです。

ロケット・宇宙産業を統括するドミトリー・ロゴージン副首相は問題解決は機構改革によってのみ可能だと述べていますけれども、宇宙関連政策研究所のイワン・モイセーエフ所長は「どこもかしこも駄目だ――部品の製造過程から、その管理、さらには稼動にいたるまで。……危機に克つには、人間もモノもいる。構造的危機の始まりはソ連時代に遡るのに、対策は何も講じられてこなかった」と焦りの色を隠しません。

それでも、ロシア政府は向こう10年間、宇宙開発・研究への予算を削る方向で検討を進めているようです。予算の削減額は凡そ5%で、2兆1173億ルーブル(約5兆860億円)から2兆45億ルーブル(約4兆8100億円)へ減額。削られる対象の中には、基礎科学研究と運搬ロケットの分野も含まれるようで、複数の専門家は、ロシアがこの分野の問題を克服するには、宇宙分野の民間事業育成と国際協力を進めるべきだと主張しています。

こうした背景を考えると、ロシアが日本に"コナ"をかけて、自国の宇宙産業の立て直しを図ろうとしているとも考えられますね。

まぁ、老いたりとはいえ、ロシアは有人宇宙飛行を成功させたノウハウを持つ国ですし、技術協力によって得ることも多いと思います。それに、ボストーチヌイの地理的位置は、中国東北部の国境付近ですからね。ここの"ミサイル基地"を日本が使えるとなれば、中国と北朝鮮に対する大きな牽制になります。

実現できるか分かりませんけれども、ロケット誘導用と称して、Xバンドレーダーやガメラレーダーでも置いてやれば、それだけで、韓国へのTAHHD配備に匹敵するかそれ以上の牽制効果が期待できると思いますね。

もし、中国がこれを邪魔しようとしたとしても、相手がロシアのプーチン大統領ですからね。韓国とは訳が違います。

日本にとっても、ロシアの宇宙開発のノウハウを学ぶと同時に安全保障の一役を担うことになる。そう悪い話ではないと思いますね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本とロシアの宇宙開発協力について 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる