日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮舫の二重国籍は謝って済む話か

<<   作成日時 : 2016/10/21 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 2

 
昨日の続きから……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件」連載中!

10月19日、TPPの国会承認を求める議案と関連法案の審議で、強行採決を仄めかすとも取られかねない発言を巡って批判を浴びていた山本農相は、衆議院の特別委員会の理事会で「行政が国会に介入するような不適切な発言で、ご迷惑をおかけして申し訳ない」と陳謝し発言を撤回しました。

これに対して、民進党の今井前幹事長代理は、「山本大臣が来て謝罪をしたが、謝って済む問題ではなく、みずから責任をとっていただきたい。けじめをつけないと、信頼関係が壊れた状態では質疑はできない」と山本農相の辞任を求めました。

また、共産党の穀田国会対策委員長は「まことに許しがたく、事は重大だ。議案を通せばいいという考えが政府・与党の根本にある。国会のことを議案を通してもらうための『機械』としか考えておらず、与党のおごりが見える。安倍総理大臣の任命責任を追及するためにも、徹底した審議を求めていく」と批判を強めています。

これに対し、菅官房長官は「辞任するような話ではない。山本大臣の発言は『国会のことは国会でお決めになる』という趣旨であり、私から、誤解を生じさせる発言はしないよう厳重に注意した。山本大臣自身も、理事会の場で『発言を撤回し謝罪したい』と述べている。……TPP協定や関連法案の取り扱いは国会で決めることなので、政府としては速やかに審議していただけるよう、緊張感を持って丁寧に説明していきたい。……丁寧に審議したうえで、一定の審議時間になれば粛々と対応するのが、今までの国会の慣例ではないか」と述べていますけれども、筆者も同感です。辞任するような話ではないと思います。

もしこれが辞任に値するのなら、民進党は自身の党首を遥かに問題視しなければなりません。勿論、例の蓮舫代表の二重国籍問題です。

蓮舫代表は、先週末、自らの国籍について「行政指導があったので今月7日、戸籍法104条にのっとって日本国籍の選択宣言をしました。……法定代理人を含めてやりとりし、法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と、自分は無実であると強調していました。

ところが18日、金田法相は閣議後の記者会見で「一般論」としながらも「法律の定める期限後に届け出を行った場合、それまでの間は国籍法に違反していたことになる」とコメントしました。

まぁ、選択宣言をした御蔭で、それまでは二重国籍であったことを自ら認めた以上、金田法相の指摘を否定することは出来ません。これで、今年7月の参院選で蓮舫氏は国籍法違反をしていたということになりますね。

さて、これが問題になるかどうかなのですけれども、公職選挙法では日本国籍を有するという規定はあっても、二重国籍については何もありません。

そこで、「憲法55条 議員の資格争訟」で判断すべきだという指摘も出てきています。

これは、「両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする」というもので、参院議員の3分の2以上が賛成すれば、蓮舫代表の議席を失わせることができることになります。

既に、自公に維新を加えた所謂「改憲勢力」で3分の2の議席を持っていますからね。もしも参院で蓮舫代表の議員資格を問うことがあれば、蓮舫代表が失職する可能性があります。

これをいつまで民進党は放置するのか。

金田法相の一連の発言について、筆者は、蓮舫代表のコロコロ変わる説明(言い訳)を一つ一つ潰していく外堀を埋めていくかのような発言ではないかと見ているのですけれども、このままでは、蓮舫代表は気が付いたら身動き取れなくなってしまっているのではないかとさえ思ってしまいます。

あるいは、噂される衆院解散に向けて、ゆっくりと潰しに掛かっているのかもしれません。

少なくとも現時点では、山本農相は自らの発言を撤回謝罪し、蓮舫代表は自らの発言を二転三転させ、謝罪もしていません。

果たして「謝って済むような話」ではないのはどちらなのか。国民の目を何時までも誤魔化せるなどとは考えない方がいいと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
拝啓、管理人さんお久しぶりです。蓮舫の二重国籍は謝って済まないのです、「 謝って済むなら、政治家も国もいりません 」

宣伝、御容赦下さい付記URLより元警視庁北京語通訳捜査官 坂東忠信氏サイトへ
坂東忠信氏の新刊が出ました、
「 在日特権と犯罪 」青林堂
御高覧下さい。
m(__)m乱文にて 敬具


(^o^)風顛老人爺
2016/10/21 07:28
追伸、連投宣伝ご容赦下さい
元警視庁北京語通訳捜査官捜査官 坂東忠信氏サイト http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=japangard&articleId=12144430354&frm_src=article_articleList&guid=ON
あなたのすぐ隣にいる「 中国のスパイ 」鳴霞メイカ氏 飛鳥新社 御高覧下さい。
(^o^)風顛老人爺
2016/10/31 02:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蓮舫の二重国籍は謝って済む話か 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる