日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 強行採決と強行開会

<<   作成日時 : 2016/10/20 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日はこの話題です。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
画像「ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件」第二部連載中!

10月18日、山本有二農相は東京都内で開かれた佐藤勉衆院議院運営委員長のパーティーで、TPP承認案の衆院特別委員会審議を巡り「きょうもTPPの総括審議を総理入りでやっておられましたけど、野党の質問が必ずこういう質問になります。TPP委員会は、国会で批准する時に必ず強行採決するんやろうと、総理に皆、聞くわけでございます。私は内心、思っております。強行採決するかどうかは、この佐藤勉さんが決めるんだと。だから私は、はせ参じた」と述べました。

どういう条件下での発言かいまひとつ分かりませんけれども、不用意といえば不用意な発言です。強行採決の権限は総理ではなく議院運営委員長である佐藤氏が持っている、という意味であればその通りです。でもだからといって何故、TPPに関係する閣僚である山本農相が"馳せ参じ"なければならないのか。

取りようによっては、強行採決も視野に入れていると受け取られかねない発言ですね。

案の定、この発言は問題視されました。19日午前、自民党の二階幹事長は公明党の井上幹事長と都内で会談し井上幹事長に陳謝。菅官房長官に「緊張感を持ってやってほしい」と電話で申し入れました。それを受け、菅長官は山本氏に電話で「誤解を生じさせるような発言は厳に慎むように」と厳重に注意。山本氏はその場で陳謝し、発言を撤回しています。

菅官房長官は19日午前の記者会見で、山本農相に厳重注意したことを明らかにした上で「政府としては強行採決は全く考えていない」と述べています。

これを受け、山本農相は、19日の衆院TPP特別委員会理事会で「国会が決めるべきことに関し、行政から不適切な発言をして申し訳ない。撤回したい」と謝罪しましたけれども、いつものように野党は反発。

民進党の山井和則国対委員長は党の会合で「これから議論しようというときに担当閣僚が強行採決に触れることは前代未聞だ。巨大与党の驕りと緩み以外の何物でもない。ただ単に謝罪したら済む話ではない」と述べています。ただ、まぁ与党時代に強硬採決を連発した前科を持つ旧民主党の面々がそういったところで、今一つ説得力に欠けます。発言全部を見たわけではありませんけれども、民主党時代の反省を口にしてから述べていただきたいものです。

それに民進党は気に入らないとすぐに審議拒否に走ります。

18日、衆議院厚生労働委員会の理事懇談会で、与党側が、年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ法案の審議に向けて、委員会を開きたいと提案したのに対し、民進党は、厚生労働省が公表した年金支給額の試算は、非現実的で納得できないなどとして応じず、自民党の丹羽委員長が職権で委員会を開くことを決めたことを「強硬開会」だと批判しました。

民進党の柚木道義衆議院議員は「与党が、委員会を『強行開会』したのは前代未聞の行為だ。政府は、ありえない経済前提に基づいた年金支給額の試算を出したが、年金受給者と将来世代をバカにしている。現実的な試算を出すよう、政府に求めていきたい」と述べていますけれども、「強行開会」などと批判すること自体、前代未聞です。まぁ、与党時代の旧民主党は、与党の審議拒否というウルトラCをやってのけたことがありますから、これくらい普通なのかもしれませんけれども、委員会の開会にすら反対されては、議論が全く進まなくなります。

政府の試算が非現実的だというのであれば、尚の事、速やかに委員会で試算を但し、現実的な提案をするべきでしょう。

民進党の蓮舫代表は、提案型にすると言っていたような記憶がありますけれども、もう忘れたのでしょうか。

国会は与党だけで成り立っているのではありません。議席の数如何に関わらず、与野党の協議の場が設けられています。それを使って議論を尽くすのは、与野党関係なく議員の務めの筈です。

確かに与党の驕りはあるかもしれません。けれども、そうさせているのは、情けない野党にもその責任の一端があると自覚した方がよいのではないかと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
審議拒否以外に何が出来るだろうか.
TPPに関する情報は交渉中は出てこないし,
交渉後はぶ厚い資料として出てくるが
それをきちんと理解できる議員が(自民党にだって)
いるだろうか.

TPP の様に民主主義とはおよそ離れたスタイルの
交渉に対してブログ主はどうすべきだと言うのだろうか.

新潟県知事選挙で米山氏が当選したのは反原発ではない,
TPP反対・農業再生を訴えたがためである.
メディアが反原発しか言わないのが証拠である.

逆に言えば, 自民党はTPP推進・農協解体を
行なったがために, 反原発を唱える変人を
新潟県知事にしてしまったのである.

野党がまともであれば, TPP で自民党は 相当に
苦しんだ筈だが, 党首が衆議院議員に当選した
当時は違法状態にあったと判定されたがために
共産党の独壇場にしてしまった.

米国ではヒラリーがかろうじて優勢らしい.
彼女が当選すれば, TPPについては前言を撤回し
TPP が成立することになろうが,
関税自主権を回復するのに二回も国運をかけて
戦った日本が, TPPで失った政治の自主権を回復するのに
どれ程かかるのやら.
ちび・むぎ・みみ・はな
2016/10/20 12:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
強行採決と強行開会 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる