日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 国防に後の先はあるか

<<   作成日時 : 2016/08/07 10:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 5

 
今日はこの話題を極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

中国が日本への侵略紛いの挑発を強めています。

8月6日、外務省は尖閣諸島周辺の接続水域に中国海警局の船6隻とその周辺に中国漁船約230隻を確認したとして、中国側に抗議したと発表しました。

外務省によると、接続水域に入った中国海警局の船のうち、3隻は武器を搭載していると見ているようです。只ならぬ事態ですね。ネットではリオ五輪の開会式を狙ったのだという声もあるようです。注意がそっちに向いている内にということですね。また或は、安倍政権の改造内閣の出方を威力偵察的にみるという意図もあるかもしれません。

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は、在日中国大使館の公使に対し「緊張をさらに高める一方的な情勢のエスカレーションで、決して受け入れられない」と抗議したようですけれども、あまり効き目があるとは思えません。実際、中国外務省報道官は6日、「日本側が冷静に対応し、情勢の緊張と複雑化を招くいかなる行動も取らないよう望む」とする談話を発表しています。まぁ、強盗が押し入った家に、冷静になれというようなものです。無茶苦茶な話です。

これが、インドネシアのスシ海洋大臣だったら、片っ端から拿捕して爆破しているのでしょうね。日本はそれだけ舐められている訳です。

北朝鮮のミサイルに対して、「なめられてたまるかという気持ちで対処する」といった二階幹事長は中国に対しても同じことがいえるのかどうか。

今回発射された北朝鮮のノドンについては、事前に兆候がつかみにくい移動式の発射台を使って発射されたと見られていることから、政府は「破壊措置命令」を、兆候の有無にかかわらず、常に発令された状態とする方向で最終調整に入ったと報じられていますけれども、これは、撃たれてから、命令を出していては遅いからですね。現実に国を護るためにはそうせざるを得ない。一分ではもう遅い。その一秒が命運を分ける。そういう世界に入っているということです。

それと比較すると、尖閣については常時防衛出動どころか防衛出動すら出していません。つまり、攻撃、あるいは占領されても、"直ちに生死に関わる問題ではない"と考えているということです。けれども、これがもし、東京湾内だったとしたらどうでしょうか。安穏とはしていられない筈です。

逆にいえば、もし尖閣に日本人が住んでいれば、抗議だけでは済ませていない筈だとも言えます。

たとえそれでも、尖閣は日本の領土です。もしも中国に上陸占領されようものなら戦争になります。少なくとも奪還戦がなければ主権を守るとは言えません。

戦火は望まなくても向こうからやってくる事がある。その事を忘れてはいけないと思いますね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
中国よ是非、尖閣に上陸してほしい。 北朝鮮よお遊びではなく、本気で日本領海にミサイルを
撃ちこんでほしい。 国民が長い平和の眠りから目覚め、国防に対する意識を変えるためには、
外圧に頼るしかない。
par
2016/08/07 10:00
稲田朋美を防衛大臣に奉っている暇なぞあるのか.
確かに, 同大臣は8月15日に靖国神社へ向かうだろうし
多くのものはそこに現内閣のやる気(の幻)を見るだろう.

しかし, 幻は幻, 虚像である.

時既に, 力と謀略の海である.
軍隊の動かし方を知っている有能で誠実な
者を大臣につける時であろう. 人材はある.

やるやる詐欺のような内閣にはいい加減御免被りたく思いそうらう.
ちび・むぎ・みみ・はな
2016/08/07 13:30
日本の官僚、政治家の本音!!!

本当の事をいうと日本の官僚も政治家も、心は既に日本人では無い。おそらく彼らは非常時には、アメリカ国籍が無条件で貰え、いつでも米空母に乗って亡命できるようになっている。横須賀にいる米艦船は、東京の売国官僚が脱出するためのものだ。ようするに今の日本は南ベトナムの政権と何も変わりがない。アメリカのために使い捨てにされるだけの政権であり、日本人など何人死んでも良いと思っている。彼らの心はアメリカ人だから、日本人の運命など関心が無いのだ。ミサイルが撃ち込まれ東京が灰になろうが、彼ら売国官僚にとって痛くも痒くもない。どうせ老後はミネアポリスあたりで、ゆっくり余生を過ごすことになっているからだ。
ジェイ
2016/08/07 13:47
par氏の意見に賛成せざるを得ないほど、未だに脳天気な9条信者老人が各地の左巻き新聞に投稿している現状があります。国内に自国の国防力強化を妨害する勢力があるこの異常な事態をどう変え、防御態勢を整えていくか、本当に待ったなしの状況になってきましたね。

ところでジェイ氏は具体的にどのような証拠をもってして投稿されたのでしょうか?
早急に証拠の無関係明示をお願いします。

2016/08/07 14:35
すいません上記のコメントラストにおいて無関係という文言がありますが、スマホ操作時の入力ミスです。失礼いたしました。

2016/08/07 14:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国防に後の先はあるか 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる