日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS タブーを破った先にあるもの

<<   作成日時 : 2016/08/17 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日も感想エントリーを、極極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

8月15日。テレビ各局でも終戦記念番組が放送されています。

そんな中、アメリカのバイデン副大統領はペンシルベニア州スクラントンで大統領選の民主党候補ヒラリー・ クリントン前国務長官の応援演説を行い、共和党候補ドナルド・トランプ氏が主張する日本や韓国の核武装容認論を批判したのですけれども、その中で「核武装を禁止した日本国憲法を我々が書いたことを、彼は理解してないのではないか。彼は学校で習わなかったのか。トランプ氏は判断力が欠如しており、信用できない。核兵器を使用するための暗号を知る資格はない」と発言しました。

アメリカ政府高官が此処まで、あけすにいうのは異例のことですけれども、隠す余裕が無くなったのでしょうか。筆者は「シン・ゴジラ」のワンシーンで、日本は米国の属国だと語るシーンを思い出してしまいました。

最近、まぁ、今年になって特にそうなのですけれども、何か、これまで隠されてきた事や敢えて触れずにタブーとされてきたことが次々とカミングアウト或は暴露されるようになってきた感がありますね。

巷では、元朝日新聞の長谷川記者が上梓した『崩壊 朝日新聞』が話題になっているようです。長谷川氏はこの著書で、なぜ、朝日が慰安婦問題に関して、開き直り続けたのか。社員、OBを徹底取材して「従軍慰安婦」捏造をはじめ「虚報」の数々を検証しているのですけれども、元社長の中江利忠氏から「下から地道に事実を積み上げるのではなく、上から観念的、教条的に物事を決めつける。これが朝日の伝統の中に過剰にあったことは否定できない」という言葉まで引きだしたりしています。

長谷川氏は、まえがきで「この威張り返った、そして物事をごまかす態度」、「この新聞社は……八月五日をもって最終的に新聞の実質は終わった、崩壊した、と感じた」と痛烈に批判していて、著書に関する夕刊フジの取材に対しても「朝日には、事実に即していないことでも、思想傾向に沿っていれば報じても許されるという「体質」があり、その伝統は今も引き継がれている」とバッサリ斬って捨てています。

昨日のエントリーでも少し触れましたけれども、先の都知事選に出馬した桜井誠氏によって、在日問題も表に出てくるようになってきましたしね。

尖閣、竹島を巡る、中韓の目論みなど、目を瞑ってきたことがそうも言ってられなくなった空気を感じますね。

戦後レジームが終わりを迎え、新世界秩序に向かう端境期にあるのだなという感を増々強くします。それだけに、日本が取り戻すべきもの、守るべきもの、変えていくべきもの、こうした様々なものを見極め選び取っていく先見力と判断力がより一層問われてくるように思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
オバマ政権の副大統領が言ったってのはインパクトがありますな。応援演説でとはいえ、あの朝日すらも記事があるってのが隔世の感がありますね。と同時に「日本に核武装させない(させたくない)」という本音も垣間見える。まあ、北朝鮮の核保有が事実となると「安全保障の力学」から日本にも核配備しないと収拾がつかなくなる理由もあるのでしょうが。これは北京がもっとも嫌がる事でもあります。朝日もですが「パヨクによる日本押さえ込み」が限界に来てるから切り捨てに入っているという事を朝日でも一部は理解し始めているって事でしょう。
 ま、日本に自主開発されるよりはイギリスみたいに核のレンタルで「日本を制御下に置き続ける」事に腐心するでしょうが。これはトランプ大統領となってもあまり変わらない気がします。彼の支持者の選挙人登録状況で左右される要素ですが。
almanos
2016/08/17 09:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タブーを破った先にあるもの 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる