日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国議員の竹島上陸と国内世論の変化

<<   作成日時 : 2016/08/16 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日は感想エントリーを極々極簡単に……
画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

8月15日、韓国の与党セヌリ党のナギョンウォン議員および最大野党「共に民主党」や第2野党「国民の党」の議員を含めた超党派で作る「国会独島訪問団」の計10人が竹島に上陸。議員団の一人が自身のフェイスブックで明らかにしました。

竹島上陸については、事前に日本政府からの強い抗議をしたにも関わらず、これを無視する形で強硬されました。上陸した議員の中に与党議員も入っていますから、韓国政府が黙認したと見られても言い訳できないですね。

菅官房長官は記者会見で、「わが国の事前の抗議や働きかけにもかかわらず、訪問が強行されたことは極めて遺憾だ。……竹島領有に関するわが国の立場に照らし、到底受け入れられない」とし、韓国政府に抗議し再発防止を求めたことを明らかにしました。

けれども、既に与党議員の上陸を止められなかった事実を前に、どう再発防止をするのでしょう。生半可な対策では効果がないと思いますね。

朴槿恵大統領は同じく15日、「光復節」の式典での演説で、日韓関係について「歴史を直視する中で、未来志向的な関係を新しく作っていかなければならない」と述べたようですけれども、言っていることとやっていることが違っていては、その発言の信頼性が疑われます。竹島上陸を許してしまったということは、少なくとも韓国政府が統制できていないことを証明しているようなものですからね。

その一方気になるのは、日本国内の世論に韓国に対するフラストレーションが溜っているように感じていることです。

まぁ、ネット界隈では、「またいつもの遺憾砲か」とか「経済制裁しろよ」とか政府の弱腰を叩く声が大きくなっているように感じます。昨年の慰安婦合意についても、在韓日本大使館前の慰安婦像が撤去されていないにも関わらず、財団に10億円を供出すると報じられていることもあり、猶更、世論の怒りに近いものを感じます。堪忍袋の尾が切れかかっているのではないかとさえ思います。

外交的配慮するのも結構なのですけれども、国内に対する配慮も考えないと意外なところで火を噴きそうな気がしないでもありません。

要するに、「遺憾の意」を出して大人の対応というだけで、我慢してくれなくなっている可能性を政府も考えるべきだということです。というのも、韓国および特亜の狼藉振りが広く浸透してきているにも関わらず、政府の対応が以前と殆ど変ってないからです。ここの歪が大きくなってきているのではないかと思うんですね

大人の対応もいいですけれども、それならそれで、その裏に隠された狙いなり、最終目標なり、何かを示さないと「やられっぱなし」という印象だけ残ってしまいますからね。

それでも日本人ですからは"暴発"はしないでしょうけれども、心証は確実に変化しています。都知事選で桜井誠候補が11万票余りを獲得しています。気づいた時には、世論はすっかり変わっている。良い悪いは別にして、国民意識の変化に議員がついていけないと、選挙でしっぺ返しを喰らうことになると思いますね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
防衛省, 大臣は弁護士の稲田朋美
副大臣はセゾングループの秘書の若宮健嗣,
政務官は派遣社員と財務官僚,
そして大臣は8月15日をすっぽかし,
尖閣や南支那海の問題をほおっておいて,
特段軍事的緊張が生じた訳でもないジブチにでかける.
結局, 安倍首相は防衛省の政治てきコントロール
を重視していると言うことなのだろうか.
自民党には自衛隊出身の人材が多く存在しており,
緊急時の政治的行動を自衛隊の指揮グループと
詰めるべき重要な時期に.....

国内側の準備は既に終っていると言う話もあるが,
全てが自動的に進む訳ではなく,
武器の使用が絡む決断には訓練を受け現場を熟知した
者が必要であるのは子どもでも知っているだろう.
ちび・むぎ・みみ・はな
2016/08/16 13:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国議員の竹島上陸と国内世論の変化 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる