日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリスの氷の女王は中国に一撃を加えるか

<<   作成日時 : 2016/08/14 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 1

  
今日はこの話題を極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

7月28日、イギリス政府は、総額180億ポンド(約2兆5千億円)にも及ぶヒンクリー・ポイントC原発の建設プロジェクトを再考し、最終決定は初秋まで持ち越すと発表しました。

イギリスの原発開発については以前「イギリスの原発プロジェクトに食い込んだ中華原発」のエントリーで取り上げたことがありますけれども、昨年10月に中国原発をイギリスに建設することで最終合意していたものです。

実際の建設は中国国営の原子力企業CGNとフランス電力公社(EDF)とのコンソーシアムで行われることになっていたのですけれども、今回の延期については、メイ首相からフランスのオランド大統領に伝えられていたものの、フランス電力公社(EDF)には伝わってなかったそうで、EDFの関係者はカンカンだそうです。

メイ首相の突然の延期宣言の確たる理由は明らかになっていませんけれども、一部には、メイ首相の右腕ともいわれる、共同首席補佐官のニック・ティモシー氏が主要プロジェクトを中国に与えれば、コンピューター・システムに脆弱性を埋め込み、中国が意図的にイギリスのエネルギー生産をシャットダウンすることもできると警告したことが影響しているのではないかという見方もあるようです。

メイ首相は内相時代、政権が掲げた移民の年間純増数を10万人以下にするという公約の実現を託されてきたこともあり、常に強硬な移民政策を推し進めてきました。その結果は必ずしも期待したものではなかったと思われますけれども、2013年には不法移民対策として、「国に帰れ、さもなければ逮捕する」と警告する全面広告を描いたトラックにロンドン市内を走らせたことで物議を醸したこともある程です。

また、中国人ビジネスマンのビザ発給条件の緩和に反対もした過去もあり、安全保障上の理由で中国からの投資に疑念を持っているという指摘もあります。

ただ、そのメイ首相がどういう人物なのかについては、色んな意見があるようです。

メイ首相は、イギリス史上2人目の女性首相であることから、マーガレット・サッチャー元首相と比較されることが多いらしいのですけれども、サッチャー氏に似ているという人もいれば、違うという人もいるようでs。

ドイツ在住30年のベストセラー作家である川口マーン惠美氏は、メイ新首相を「国民に媚びそうもないところ、また、必ずしもポリティカル・コレクトネスに縛られていないように見えるところ」からサッチャー元首相を彷彿させるとしていますね。

一方、ニューズウィークは、メイ首相が就任決定を受けて、イギリス議会前で演説した際のビジョンがサッチャー元首相とは一線を画していたと記事にしています。

また、元副首相のニック・クレッグ氏はメイ首相を「冷たい女」、同じく元閣僚のエリック・ピックルス氏は「マーシャム・ストリート(保守党の本部に近い通り)の複雑怪奇な美女」と呼んでいたらしく、更にはケン・クラーク元財務相がメイを「ひどく難しい女」と言っていたそうです。人によってこれだけ言う事が違うということは色んな面を持っているということなのでしょう。

付け加えるならば、こちらの海外掲示板では、現地のイギリス人達でさえも、メイ首相に対する見解がバラバラで掴み所がない人物だと紹介していますね。

メイ首相の登場で、英中蜜月関係も終わりを迎えるという声もあります。注目ですね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
サッチャーに似ている似ていないと言っても,
我々日本人にはサッチャーとは何であったのかさえ
総括は難しい.

サッチャーにより英はフォークランド戦争で勝ったが,
彼女がイギリスを建て直したのか否かは良く分からない.
経済は確かに建て直したらしいが,
最近の日本政府も目指すPBを徹底的に追求した結果として
イギリス産業は一挙に奈落の底に沈んでしまった.
現在, 国の根幹たる発電を支那にお願いするかしないかと
やっているのはその結果である.

タックスヘイブンとしてしか生きられないのが嫌なら,
将来的に自前の原発を作る方向に行かなければならない.

世の中, 反原発の声がミンミンとうるさいが,
エネルギー密度の高い発電技術を持ってこそ,
国土と国民の生きる道は開ける.
だからこそ, 核融合の研究が続けられているのだ.

ちょっと開けたところには風力発電が回り
太陽発電がギラギラ輝いている様を想像すれば良い.
どこに国土の有効利用の余地が生まれるのか.
どこかの火山が噴火でもしたらどうなるか.
太陽発電はオシャカだし, 風力発電のロータも長くは持つまい.
そもそも, 次の氷河期が訪れたなら,
自然エネルギーなんてどこにあるのかと言う話になる.

○ー○ズの様に学校でろくに勉強もしなかった連中が
いきなり目覚めると, およそ科学的でないことを言い出す.
頭の良い人間が科学を知らないという逆説的事態は日常茶飯事.

科学とはアマゾンで本を買って分かるものではない.
科学とは汗とアカが染み付いた教科書を通して
始めて会得できるものだからなのさ.
ちび・むぎ・みみ・はな
2016/08/14 14:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イギリスの氷の女王は中国に一撃を加えるか 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる