日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖閣情報戦に勝利せよ(ラノベ第二作目の連載開始しました)

<<   作成日時 : 2016/08/13 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 1

  
昨日の続きを極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

先日、尖閣の北西約67キロの公海上で、中国漁船とギリシャ船籍の貨物船が衝突し、中国漁船が沈没。海上保安庁の巡視船が、海に投げ出されていた中国漁船の乗組員6人を救助したことについて、 北京の日本大使館が中国の通信アプリ「微信(ウィー・チャット)」で救出劇を写真付きで紹介したようです。

中国の各メディアもこの情報を伝え、中国のネット上では、「中国の海警船は何をしていた」、「日本の巡視船が真っ先に駆け付けた。釣魚島が日本のものだということが証明されてしまった」と騒いでいます。

昨日のエントリーで、筆者は「海保が沈没船の乗組員を救助して、中国が謝意を述べる。これは尖閣が日本の施政下にあるという証明そのものだ。これはきっちりと世界にアピールすべき」と述べましたけれども、其の通りやったということですね。

たったこれだけのことで、中国の世論を揺さぶることが出来るのですから、はっきりと情報戦だと認識して積極的に使ってよいと思います。

今回の尖閣への大量漁船侵入にしても、海上保安庁はその様子を公表していますし、8月9日には中国海警局の船に搭載された小型船と漁船の間で乗員が乗り降りしているのを確認しています。これは中国漁船が中国当局の監視下、あるいは統制化にあることを示唆する証拠ですからね。こうした証拠もどんどん公開してやればよいと思います。

3年程前「尖閣を24時間監視せよ」というエントリーで、「高性能のカメラを装備した飛行船を尖閣上空に浮かべてやって、尖閣海域と周辺空域を撮影し、その動画をネットに24時間ライブ中継してやればどうか」と述べたことがありますけれども、こういったことも真剣に考えてもよいと思いますね。



◇◇◇ 閑話休題 ◇◇◇

明日からいよいよ日比野庵ラノベプロジェクト第二弾の連載を開始します。前作よりは少し短めですけれども、第一部なので、飛び石的な連載で考えています。

今回の目標は二つ。ひとつは「底辺脱出」、もう一つは「日刊ランキングに乗る」です。

前作の感想・解説のエントリーを上げた際、"なろう"では総合100ポイントを超えたら底辺脱出を言われると書きましたけれども、あれから色々リサーチすると、どうやら間違いだったことが分かりました。

100というのはポイントではなくブクマ数のことで、100ブクマがつかないと駄目なようです。
前作はまだ100に届いていませんので、相変わらず"なろう底辺作家"だったということで、今回これからの脱出を目指したいと思います。そのためには多くのPVを稼がねばならず、結局は「日刊ランキング」に顔を出して、ブーストを掛けないと無理そうだ、ということも分かりました。

ということで今回は二つの目標を同時に目指す形となりました。 が、正直物凄く不安がありますね。

明日の初日は間隔を置いて連続投稿してみようと思います。応援頂ければ幸いです。

下記に、第二作目へのリンクを張りました。投稿後にダイレクトに飛べます。

日比野庵ラノベ第二作:
ロシアンルーレットで異世界へ行ったら最強の魔法使いになってしまった件【第一部:異世界転移編】
 
追記:8/13 11:07に第一話投稿しました。 よろしくお願いいたします。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
尖閣当て逃げ戦争時のブルーむばーぐニュースに、RBSスコットランド王律銀行中国に営業拠点確保‥
その後アップ流他に携帯アプリケーション売却益でスコットランド独立運動とも思えて、
ギリシャ元皇太子のエジンバラ候嫌気で海難信号無視の中国工船電波兵器超音波レーダーソナー兼務開発試験/256版第2世代デジタル交換電算機?
政治優先人命軽視の戦争中ならでは‥
巳蛙
2016/08/14 21:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
尖閣情報戦に勝利せよ(ラノベ第二作目の連載開始しました) 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる