日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカが尖閣防衛の助太刀をする条件

<<   作成日時 : 2016/08/11 10:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

 
昨日の続きを極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

8月9日、アメリカ国務省のトルドー報道部長は記者会見で、尖閣における中国公船の相次ぐ領海侵犯について、事態を注視するとともに、日本政府と緊密にやりとりしていると述べ、尖閣が日本の施政下にあり、日米安保条約第5条が適用されると改めて確認する旨の発言をしました。

これは、昨日のエントリーで触れた、安倍総理が出した三つの指示のうちの一つ「米国はじめ関係諸国と緊密に連携」に相当するものだと思われます。

トルドー報道部長が指摘した日米安保第五条はアメリカによる日本防衛を定めた規定なのですけれども、条文は次の通りです。

第五条:各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する。
 前記の武力攻撃及びその結果として執ったすべての措置は、国際連合憲章第五十一条の規定に従って直ちに国際連合安全保障理事会に報告しなければならない。その措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全を回復し及び維持するために必要な措置を執ったときは、終止しなければならない。

これをみて分かるとおり、防衛義務を負うのは「日本国の施政の下にある領域」と定められています。尖閣についてはここが一番のポイントになります。

これについては、2012年12月のエントリー「国防権限法と安倍外交」で取り上げたことがありますけれども、アメリカは2012年に国防権限法の修正条項として「尖閣が日本の施政下にあること」、「尖閣諸島が日本の施政下にあるというアメリカの認識は、第三国の一方的な行動によって影響されない」を入れています。

ですから、今回のトルドー報道部長の尖閣が日本の施政下にあり、日米安保条約第5条が適用されるという発言は、この修正条項に沿ったものといえると思います。

そして、同じく9日、アメリカ戦略軍はグアムのアンダーセン空軍基地に、B2戦略爆撃機3機を一時配備したと発表しています。

B52ではなくB2を配備です。B2は「全翼機」という特殊な形状を持つステルス機で、通常爆弾のほか、巡航ミサイルや核爆弾も搭載可能。更に、精密爆撃能力が高く敵の中枢をピンポイントで狙う場合に投入されるケースが多いとされていますから、尖閣で局地戦を想定しての配備のように思いますね。

まぁ、今はまだ牽制の段階だと思いますけれども、アメリカの素早い動きを見る限り、日本政府は慌しくも着実に手を打っているのではないかと思います。ただ、何度も繰り返しますけれども、日米安保第5条の発動は、日本の施政下にあることが大前提です。

ですから、まず日本が自分の国土は自分で守るという意思と行動を示さなければ話にならない。そこが始りであり、全てであると思います。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカが尖閣防衛の助太刀をする条件 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる