日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界観も政策もない野党

<<   作成日時 : 2016/07/08 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 2

 
今日は感想エントリーです。

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

参院選終盤。マスコミ各社が情勢を報じていますけれども、おおよそ何処も、自民圧勝とは書かず、改憲4党で3分の2に迫るという見出しが躍っていますね。

一部にはマスコミは3分の2を取らせないために、アナウンス効果を狙ってわざと改憲するかのような報道をしているのだ、という声すらあります。

無論、アナウンス効果は多少はあるとは思いますけれども、劇的に効果があるかというと、昨今の情勢を考えると、ちょっと疑問ですね。

選挙情勢については、こちらのブログが中々纏まっているように思いましたので、ご紹介させていただきます。

こちらの予想だと、改憲4党で3分の2に届くか届かないかといった感じですね。

今回から18歳以上に選挙権が与えられますけれども、18、19歳は4割以上が自民支持と圧倒的支持を集めていることが世論調査で明らかになっています。

シールズがさも若者代表のような顔をして、テレビに出たり、街宣していたりしていましたけれども、蓋を開けてみれば全然踊らされていなかった訳です。

それにシールズもそうですけれども、野党は「憲法改正反対」、「憲法を守れ」としか言わない。なぜ「国民を守れ」と言わないのか。

戦略の階層でいえば、世界観も政策もない状態ですね。それ以下の戦略でしか語れていない。では、彼らの中の戦略の最上位である「大戦略」階層で何か言っているのかというとこれも心許ない。

戦略の階層で上から三番目にある「大戦略」は人間関係、兵站、資源配分、身体など「国家の資源をどう使うか」なのですけれども、具体的にどうやって国民を守るのか、どうすることで国益を守るのか、そういったことが全然聞こえてきません。

憲法を守るなら守るで結構ですけれども、それならば、こうこうこうするから国民を守れるのだ、という議論がないと話になりません。

口でいくら「憲法を守ることと、国民の命を守ることの両方を追求する」などと言ったところで、じゃあ何をどうするのだという部分がなければ判断のしようがありません。無論、「酒呑んで話し合いすればOK」などでは国民を納得させることはできませんね。

つまるところ、野党の"世界観"が、反自民、反安倍でしかないとすれば、その下の戦略の階層は「与党の足を引っ張る」ための方策ということになりますからね。今風にいえば「要らない子」という扱いになっていくと思いますね。

画像


画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

この裏返しは世界観も政策も間違った与党である.

つまり, 新自由主義でグローバル政策に
つっ走ろうとしている安倍晋三は
政界観も政策もない野党と同じように
危険であると思う.

かれは実際には「後」小泉首相なのであり,
郵政選挙を渦中で経験して来て,
日本国民のA, B, C, D層への分類を
基本とした政治手法を踏襲している.
彼の言動は全てここからつくり出されている.

安倍晋三著「新しい国へ」もゴーストライターに
書かせたプロパガンダ本で,
これによってB層を完全に掌握したし,
C層であっても目が醒めるには時間がかかる.

結局, 嘘付党政権時代が日本国民にとって
どれほど恐怖の時代であったかということだ.
その恐怖に駆られて, 安倍晋三に救世主の幻を見ている.

与党勢力が2/3を越えた時に憲法修正が議論になる.
本来であれば, 「9条の2」を廃止するだけで良いのだが,
安倍憲法は現在の憲法を更に新自由主義的に
進めた修正憲法になろう.

このために, 安倍政権には米国と支那の圧力を
必要とする. だから, 現在の自衛隊に負担をかける
持久戦術が選ばれたのだろう.
ちび・むぎ・みみ・はな
2016/07/08 12:26
世界情勢を見ていると英国離脱、米国金利引き上げ先送り、ジョージ・ソロスのファンドが米国株売り&ゴールド買いで米国市場を悲観し、ブレグジット後を踏まえて英国がタックスヘイブン化を検討、、、米国大統領候補トランプ氏の躍進、英国以外の国のEU離脱懸念、ギリシャ危機、サウジアラビアのオイルマネーの弱体化、ロシアの経済危機、、、どう考えても日本が新自由主義者に乗っ取られても、グローバル企業が日本へ来る事は無いと思います。日本へ来る前にグローバル経済がガタガタになり、グローバル企業が生き残る為には、結局法人税が安く、人件費が安く、米ドル、ユーロ、円、元などで取引可能な国へ分散するしかない。日本に工場を作っても輸送費は掛かるし、地政学的リスク(支那のシーレーン封鎖、ロシアの動向など)が有るので来ない。移民を入れて働かせるべき工場が日本に建設できない。移民の頭脳労働者を入れても働かせる研究施設や企業も無い。有っても少数。日本のデフレを克服する為には結局日本国内に大規模な財政出動以外答えは無いのだから、、、このまま円高が続けば観光客も減り、外国企業は来にくくなり、二流品を垂れ流す安いだけの支那韓国製品は売れず、どうやってもグローバル経済とは離れる状況だと思います。これで、米国大統領がトランプ氏になれば、日本企業も含めて米国から追い出されかねないので、日本のグローバル企業は日米を捨てて何処へ行けるのでしょうね? 結局、日本へ戻るしか答えは無いと思います。
だから、竹中平蔵なんかが何やってもどうにもならない。これからの世界経済は連携ではなくてブロック化して行くと思います。
その引き金がEU崩壊と米国経済の崩壊でしょう。日本は国内向けの経済政策でなんとか乗り切るしか生き残れない。
白なまず
2016/07/08 21:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界観も政策もない野党 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる