日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本が孤立したと嘯く中国

<<   作成日時 : 2016/06/12 10:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日はこの話題を極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

6月9日、中国海軍のジャンカイT級フリゲート艦が尖閣諸島周辺の接続水域に侵入した件で、日本が中国に厳重抗議したことについて「日本の孤立」をアピールする評論を発表しました。

それによると、日本が官邸危機管理センターに「情報連絡室」を設置し、程永華駐日中国大使を外務省に呼びつけ抗議したことについて「焦りと敏感さが見受けられる」と分析。尖閣の接続水域への侵入をロシア海軍との連携だとした上で「日本は中露軍艦の『共同行動』を認めようとしないが、これは自らを欺く行為だ。孤立局面に陥ったことを正視できなくなっている」と主張しました。

そして、日本の「孤立」の原因として、南シナ海問題への介入やクリミア併合をめぐる対露制裁などを挙げ、「対話を強調しながら二面性ある外交姿勢のために日本は絶好の機会を失った」と述べたようです。

まぁ、一見すると、今回の接続水域への侵入は中露連携しての動きのように見えなくもないですけれども、中国は嘘をついています。

ロシア艦は東南アジアであった多国間演習からの帰りでそこを通っただけです。中国はそれに便乗して、さも「中露で連携」したかのように見せかけていたというのが真相のようです。

これについて駐日ロシア連邦大使館はツイッターで「今日ロシア海軍の駆逐艦が尖閣諸島接続水域に入ったのに関して誤解があり、コメントします。当海域では中国と関係なくロシア海軍が定例の演習を行い日本の領海に入ることは当然ない。他の諸国とならびに日本も米国も主張する「航海の自由」原則通りで、ご心配不要」とコメントしていますし、日本政府の分析も同じですね。

これについて、独立総合研究所の青山繁晴氏は中国は尖閣に領土問題があると世界に認知させるために、挑発しているのだ、と述べています。

もしも、領土問題がある、と認知させてしまったら、次にどうなるかというと、それはもう、南シナ海の人工島をみれば明らかです。夜陰に紛れて上陸して旗を立てることから始まり、滑走路を作るなりなんなりするでしょうね。ですから、尖閣の統治、実効支配は勿論のこと領有権問題などハナからないのだ、と世界に周知・認識させなければなりません。

今回の中国軍艦の侵入について、石垣市の中山義隆市長は「非常に強い危機感を持っている」と述べていますし、石垣の地元民から国が毅然とした対応をとってほしいとの声が上がっていますけれども当然ですね。

このように、現地や地元民が危機感を訴えているにも関わらず、その声を無視しているのが翁長知事であり、沖縄のマスコミです。

今回の件について、翁長知事はなんのコメントもしていませんし、沖縄タイムスや琉球日報は「中国を刺激するな、話し合え」と頓珍漢な寝言をいうだけです。刺激しているのは中国であり、日本ではありません。また話し合いだなんだと時間を浪費する間に、中国はどんどん侵略してきます。彼らは中国の脅威を認めないどころか、そんなものはないといつも言いつのります。けれども、その根拠を示したことはありません。脅威ではないというだけですね。

勿論、問題解決の為に話し合いは必要でしょう。それは否定しません。けれども、「話し合いをするから、取り締まりはするな」というのはおかしい。「話し合いもするが、取り締まりもする」、こうでなくてはいけない。

インドネシアのスシ大臣が、違法操業の中国漁船を拿捕しては爆破していますけれども、対話を否定していません。

当たり前の事を当たり前に行う。必要な法整備を行う。それだけも中国の脅威に対する備えになると思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本が孤立したと嘯く中国 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる