日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷遇される翁長

<<   作成日時 : 2016/05/18 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日も極々簡単に……
画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

5月17日、沖縄県の翁長知事は訪問先のワシントンで米上下両院議員4氏と会談し、日米両政府が進める名護市辺野古の新基地建設を阻止する考えを伝えました。

これに対して、共和党のトム・コール下院議員は「日本政府が解決策を出せば、それを尊重するよう私が米政府に対し働きかける。沖縄にとって平等な解決策が出てくることを期待したい」と回答したと報じられています。

翁長知事は「1年前と比べ一定程度、情報が正確に伝わって来ている」と述べました。

一体、どういう伝手でコール議員と面会をしたのか分かりませんけれども、トム・コール議員は、チカソー族インディアンの名門、コール家の出で、インディアン系唯一の下院議員だそうです。

コール議員は、チカソー族インディアンとして先住民政策に努め、2004年にインディアン国民会議のリーダーシップ賞を受賞したという経歴の持ち主であることから、あるいは翁長知事はそこら辺りを考慮して選んだのかもしれません。

けれども、その答えが「日本政府が解決策を出せば、私が米政府に対し働きかける」ですからね。要するに、日本政府としての回答を持ってきてくれ、こちらではなく、日本政府を説得してきなさい、話はそれからだ、と言われてしまった訳です。

翁長知事はそれ以外にも議員やモンデール元駐米大使とも会談をするとのことですけれども、アメリカ政府関係者との面会は実現しませんでした。

先月、沖縄県宜野湾市の佐喜真淳市長が訪米し、上院軍事委員会のマケイン委員長と会談しています。佐喜真市長の方は、訪米に先立ち、菅官房長官が面会し、米政府関係者との協議の調整に協力するとし、実際に国務省のキム副次官補、ヤング日本部長と会談しています。会談後、キム副次官補は辺野古への代替施設建設が返還の唯一の策だと述べたそうですから、日米両政府は辺野古移設で話をつけているわけです。

翁長知事は、国務省と国防総省から次官補代理よりも格下の関係者との会談を薦められたそうですけれども、断ったようです。

翁長知事は、日米間で合意している辺野古移設をひっくり返そうと鼻息荒くアメリカに乗り込んだはよいものの、結果はアメリカ政府の門前払いだったということです。当たり前のことですね。

反辺野古で知事選を勝ち抜いた翁長知事ですけれども、早くも陣営はかつての勢いに陰りがでています。今年1月の宜野湾市長選挙では、自民系の佐喜眞市長が、約6000票という大差をつけて辺野古基地反対派の志村恵一郎候補を破りました。

一説には、翁長知事サイドは、宜野湾市長選、6月の県議選、夏の参院選と"オール沖縄"を掲げて勝ちまくり、その後、翁長知事、名護市長、宜野湾市長の三者で訪米するというプランも立てていたとも噂されています。

それが、宜野湾市長選でコケ、なんとか挽回を期しての訪米も、この様ですからね。内心相当焦っているかもしれません。

そもそも、国家イシューに地方自治体がどうこういうのは筋が通りません。本当に辺野古が反対であるのなら、辺野古反対党でもなんでもつくって、国政に出るべきだと思いますね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冷遇される翁長 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる