日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 南シナ海に「6月の砲声」は鳴るか

<<   作成日時 : 2016/05/16 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日はこの話題を極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

5月13日、アメリカ国防総省は中国の軍事動向に関する年次報告書を発表し、南シナ海のスプラトリー諸島で中国が埋め立てた面積は、2015年末までに約13平方キロに達したと指摘しました。これは2014年末と比べて6倍超の面積です。

また、軍事費はこの10年で公表ベースで年平均9.8%増加、実際の額は関連費を含めると2割以上多い1800億ドル超とし、「中国指導部は経済成長が減速しても、軍事費を増やし続けると決めているようだ」と報告しています。

先月にはベトナム国営紙タインニエンが、スプラトリー諸島のヒューズ礁の写真を掲載していますけれども、そこには9階建てとみられる建物がほぼ完成し、通信施設なども確認されています。完全に軍事施設ですね。更に、同紙によると、岩礁には灯台やヘリパッドも建設され、周辺では中国による埋め立て作業が進められているそうですから、要塞化を進めているということです。

4月28日、共和党のトム・コットン議員が公聴会で「中国が、スカボロー礁を埋め立て軍事拠点化すれば、スービック湾などがレーダーで監視され、ミサイルの危険性もあるのか」と質問したのですけれども、これに対し、カーター国防長官は「その通りだ。非常に深刻に受け止めている。軍事衝突を引き起こし得る。……そうした懸念があるため、われわれはフィリピンと取り組み、軍事施設を構築し態勢を強化するようにしている」と述べています。

中国は勿論、このスカボロー礁も埋め立てする積りでいます。4月25日付の香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストが、中国は年内に埋め立てに着手すると報道しています。

アメリカ軍はこれに対してクラーク基地に配備した対地攻撃機A10などを、スカボロー礁周辺で飛行させていますけれども、これで止まるとも思えません。

昨年12月のエントリー「ナインダッシュ・ラインの横暴」でも取り上げましたけれども、フィリピンは、中国の南シナ海での領有権主張を国際法違反としてハーグ常設仲裁裁判所に提訴しています。

このハーグ常設仲裁裁判所が、今年6月初めにも判決を出すと見られているのですけれども、これについて、アメリカのキャンベル元国務次官補は、南シナ海で『8月の砲声』を聞くことになりかねないと述べています。

『8月の砲声』とはバーバラ・タックマンという女流歴史作家が1962年に発表した小説で、第一次大戦の引き金となった所謂サラエボ事件など、開戦前後の1ヶ月間のドイツ、フランス、ロシアの政治や軍事の全体像を記したものです。

この小説について、元朝日新聞社東京本社編集局長の外岡秀俊氏は次のように述べています。
「一冊の本が、歴史を変えることがある。米国の歴史家バ−バラ・タックマンが62年に出版した『8月の砲声』がその例だ。第一次大戦を描いたその本は、一発の砲声をきっかけに大国の思惑や誤算が重なり、世界が雪崩のような大戦に巻き込まれる様子を活写した。本を読んだケネディ大統領は、側近を呼んで陸軍の全将校が読むよう指示した。世界中の米軍基地に、『8月の砲声』が送られた。その年10月、ケネディはソ連がキューバに中距離ミサイルを配備したことを知らされた。『キューバ危機』である。その時『8月の砲声』がケネディの念頭をかすめた。弟のロバート・ケネディ司法長官の回想録によると、大統領は数人の側近に『8月の砲声』の話をしてこういった。『当時の指導者は、愚かさや誤算から世界戦争に突入した。大きな危険は計算を誤ることだ』」
とまぁ、このように当時の大統領や高官に大きな影響を与えた本なのですけれども、未だに引き合いに出されるところをみると、まだまだその影響は残っているのかもしれません。

では、この件について、ハーグ常設仲裁裁判所がどういう判決を下すかというと、米戦略国際問題研究所のポリング研究員によると、ハーグ裁判所は、中国が主張する「九段線」論を退けることは確実ということのようです。

当然、中国はこの判決を受け入れることはないでしょう。昨年12月1日、中国外交部は「中国の主権、領有権を脅かすいかなる仲裁裁判所の結論も受け入れることはない」と表明しています。

となると、中国はハーグの判決に対抗して人工島の増設や南シナ海全域に防空識別圏を宣言する可能性は十分に考えられます。その時、アメリカは対抗策を取る姿勢を示していますけれども、その具体策として、米紙は対中経済制裁、地域での米軍増強、環太平洋合同演習からの中国軍排除を当面の措置に挙げています。

果たして、そんなもので中国の南シナ海の侵略が止まるかどうかは分かりませんけれども、国際法を無視する無法国家であるという烙印を押されることは間違いありません。これは中長期的に自分の首を絞めることになると思いますね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
南シナ海に「6月の砲声」は鳴るか 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる