日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS オバマ大統領が広島訪問する意味

<<   作成日時 : 2016/05/13 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 2

 
今日はこの話題を極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

5月10日、日米両政府はアメリカのオバマ大統領が今月27日、安倍総理と共に広島を訪問すると発表しました。平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花する予定としています。

実現すれば、現職のアメリカ大統領が広島を訪問するのは初めてのことになります。アメリカ国内では、日本への原爆投下が戦争終結を早めたなどとして正当化する意見が根強くあり、これまで現職のアメリカ大統領の広島訪問は見送られてきました。

しかし、オバマ大統領は「アメリカで大きな政治的反発を招くことはなく、戦争の犠牲者に哀悼の意を捧げることはできると自信を持っている」として、大統領自身の意向が強く働いたようです。ホワイトハウスは「オバマ大統領が続けてきた、核兵器のない平和で安全な世界を追求する取り組みを強調するため」としています。

5月11日、アーネスト米大統領報道官は定例会見で、オバマ大統領が広島を訪れた際、多くの聴衆を集めての大々的な演説を行わない代わりに初の広島訪問を踏まえた大統領の所見を発表すると発表していますから、やはり、核軍縮や日米同盟に主軸をおいたコメントになるのではないかと思われます。

今回のオバマ大統領の広島訪問の仕込みは昨年から始まっていました。

昨夏、G7外相会合の広島開催が決まると、岸田外相、と斎木昭隆外務次官は、ケネディ大使に「オバマ氏やケリー氏が訪問しても、日本は謝罪を求める考えはない」と伝え、更に岸田外相が「現職米大統領が被爆の地を踏むことは、核廃絶を強く世界にアピールするだろう」と畳みかけたそうです。

アメリカにとっては、広島訪問が「謝罪」と受け止められることが懸念点の一つであったことは間違いないことでしたでしょうから、渡りに船。

先日ケリー国務長官が広島訪問をしましたけれども、ケリー長官とケネディ大使の二人がオバマ大統領の広島訪問を後押ししたようです。

そして、懸念されたアメリカ国内の反応はというと、米民主党議員からは「核なき世界」の理念への賛同や日米関係の深化の観点から広島訪問を歓迎するコメントが相次ぎ、野党共和党側からでさえも反応自体が薄かったそうです。

また、アメリカのメディアでも好意的な報道が大多数を占めたそうですから、時代が変わったということなのだと思いますね。要するに戦後が終わる或は終わったということです。

昨年5月のエントリー「境界の彼方 未来篇」で、安倍総理がアメリカ連邦議会の上下両院合同会議で演説したことを受け、筆者は「日米両国は共にニューワールドオーダー、"境界の彼方"に向かう意思を世界に示した」と述べましたけれども、そういうことですね。

件のエントリーでも述べましたけれども、日米が戦後に終わりを告げ、"境界の彼方"に向かうことを阻止せんとする国がいます。いわずと知れた中韓です。

特に韓国などは、オバマ大統領の広島訪問によって、日本が加害者から被害者になってしまう、と騒いでいますけれども、彼らは、オバマ大統領の広島訪問を思いっきり「謝罪」だと認識していることに他なりません。

けれども、これは、日米両国、とくにオバマ大統領の意向をまるっきり無視した言動ですから、いくら騒いだところで相手にされないでしょう。

戦後を終わらせて未来に向かう国々と、過去にしがみ付いている国と、世界は歴史観という軸でも大きく二分されていくのかもしれませんね。
 

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国原爆被害者協会、オバマ大統領に韓国人被爆者への謝罪を求める
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00024118-hankyoreh-kr&pos=5

日本人とのこの違いは絶対に埋まらないと思いますね
精神世界の階層が違うというのか出来事に対する見方が根本から違っているのかわかりませんが。
私の両親は共に被爆者で祖父母も被爆者、曽祖父母は朝鮮からの引揚者、本籍地の田畑は不在地主だったという理由で農地改革て殆ど取り上げられたという絵に描いたような戦争被害者ですがアメリカやアメリカ人に対する憎しみや怒りというのは聞いたことがありませんでした。
ただ「戦争に敗けさえしなければ」という恨み言なら時々聞きましたけどね。
恨みや怒りは人には向かわず事象(事実)にのみ向かったということだと思います。
私自身は10歳まで旧広島市域で育ったため原爆資料館にはよく行っていましたがそこで抱いた感情は憎しみや怒りなどではなくこんな恐ろしいことは二度と御免だというものでした。
よくわかりませんが資料館に戦中の米兵の人形やら米兵の存在を連想させるものが無く、淡々と被爆者の遺品や瓦や弁当箱など被爆物、写真資料などが陳列されていただけだったというのが理由なのかもしれません。
これが中韓(いや日本以外は欧米も含めて殆どかな)だと敵味方の蝋人形も一緒に置くのでしょうが日本でそれをやると悪趣味だとか気味悪いとか言われそうですね。
そういう感性の違いもあるのかなと思っています。
おじさん
2016/05/13 05:53
オバマ政権にとっては「レガシー作りの一環」でもありますしね。そして、米国すらも「核兵器を保持するメリット」よりも「コストとデメリット」が重くなり始めてきている。広島で遮罪なんぞ要らん。核がなくなるならというのが大多数でしょうし。そもそも、テロ屋が手にするリスクが高まっている現在では尚更。まあ、トランプ氏すらも何もいわんでしょう。
 そして、70年続いた「第二次世界大戦後の秩序」を終わらせるという宣言でもある。だから、中韓という「日帝の鬼子」というべき国家には堪らないのでしょうが。ロシアはどう反応するやら?
almanos
2016/05/13 06:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オバマ大統領が広島訪問する意味 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる