日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS マスコミの災害報道のメリットとデメリット

<<   作成日時 : 2016/04/21 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 1

 
今日も時間がないので、極々簡単に…… 

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

まだまだ、収まる気配が一向にない熊本地震ですけれども、震災だから、と言い訳にせんがばかりの一部メディアの報道姿勢が問題になっています。

被災地への物資輸送に大きな力を発揮しているオスプレイに対して、共同通信が「オスプレイの安全性に対する根強い懸念の払拭につなげたいとの思惑が透けてみえる」などと日米同盟のPRや安全性の宣伝に使っていると批判したり、朝日も「今回の救援活動に必要なのか」「災害派遣での実績作りを急いだ」と報じたりしています。

こういった記事に対して、現地の人は「今日の新聞を見て、本当に腹が立った。われわれ被災者が怒っているということを、知ってもらいたい。自分たちこそ『露骨な政治的パフォーマンス』をしているのではないか!」と憤っているそうです。

その他にも、TV放送局のヘリコプターの音で町内放送が全く聞こえない、とか支援物資を運び出したくても、マスコミ記者が邪魔して運び出せないといった現地からの声がツイートされています。

また、ある避難所では、入り口に「報道お断り」と、貼られていたそうですから、邪魔者扱いになっているのかもしれません。

これはある意味では、被災地の指揮命令系統が統一されていない、ということでもあると思うんですね。

地方自治体、国、自衛隊、マスコミとある中で、民間だからという理由でマスコミだけ指揮命令系統の外にある。勿論、国や自衛隊などが、本当に危険な場所は、立ち入り禁止区域などを決めて制限するのでしょうけれども、被災地や避難所、あるいはその上空となると、中々そこまで規制はできないのかもしれません。

けれども、ここまで好き勝手やって、かえって被災者の迷惑あるいは生命を脅かしている可能性があるのなら、災害時の対応というかどの指揮系統に入って、それに従うという取決めをしておいたほうがいい気がしますね。

現地の一次情報はツイッターなどであっという間に拡散する時代です。被災者のことを考えると、下手をすると今の報道のやり方ではメリットよりデメリットの方が大きくなっているかもしれません。

十分に考えるべきだと思いますね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今朝の番組でも被災地からの映像がながれましたが
一家の大黒柱を地滑りで失ったご家族の映像
あろうことかストーリー仕立てにして「番組」にしていました
最愛の人を失って失意のどん底にいるご家族の映像とお言葉を
「物語」に編集していたのです
テレビ局の方々にとっては当たり前の行動なんでしょうが
数字(視聴率)が取れればナンデモ有りなんですか?
「人」としてどうなの?「ヒトモドキ」だから関係無いの?
十五円五十銭
2016/04/21 10:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マスコミの災害報道のメリットとデメリット 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる