日比野庵 本館

アクセスカウンタ

zoom RSS 言論弾圧国家へひた走る韓国

<<   作成日時 : 2015/11/23 10:00   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 0

 
今日も極々簡単に……

画像

 ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

この程、韓国のソウル東部地検が世宗大学の朴裕河教授を、在宅起訴したことが話題になっているようですね。

これは、朴裕河教授がその著書『帝国の慰安婦』で、慰安婦を「自発的な売春婦」と記載したことが元慰安婦の女性の名誉を毀損したということのようですけれども、とうとう来るところまで来たという感じですね。

朴裕河教授の『帝国の慰安婦』については以前「2000年後の韓国へ…」、「韓国検察のダブルスタンダードと反日機械製造装置」のエントリーで取り上げたことがありますけれども、朴裕河教授は去年の9月に、この著書について、元慰安婦9名から出版差し止めを求める集団提訴を受けていました。それに対する判決が今年2月に出ていますけれども、そこでは慰安婦を「軍人の政策遂行を助けた愛国少女」「自発的売春婦」などと表現した部分を削除しなければ、女性らの名誉や人格権が回復困難なほど傷つけられる恐れがある為、こうした表現を削除しないまま出版することを禁じるとしています。

今回の在宅起訴は、昨年6月に「ナヌムの家」の元慰安婦から名誉毀損容疑で告訴された方の件に対するものだと思われますけれども、都合の悪いことは学術研究書であっても封殺するのでは学問が成熟することはありません。唯一つの意見しか許されない社会では議論ができないからです。

こちらの「みずきの女子知韓宣言」さんのブログでは、韓国の有識者(バンダービルド氏)のコメントを紹介していますけれども、氏は「慰安婦問題の聖域化が進めば進むほど、韓国社会は健全な姿を失うことになる」と指摘しているんですね。これは至極真っ当な見解だと思いますけれども、これについてブログ主殿は「もちろん超少数派意見です」とのコメントを付けています。これが本当であれば、相当深刻な事態だと思いますね。

今月5日、国連の自由権規約委員会は「韓国では、政府を批判する人物や経済的な利益の障害となる者に、長期の懲役刑を含む重い罰則を科す名誉毀損罪を適用する例が増えている。……真実を語った声明でも、罰せられるケースがある。……いかに重大な名誉毀損であろうとも、懲役刑を適用してはいけない。……真実を守る行為に対し、さらなる要件を突きつけてはいけない。批判に寛容である文化は、民主主義を機能させるための基本である」と韓国政府の対応を強く批判しています。

特に「真実を語った声明でも、罰せられるケースがある」などとの指摘は韓国が言論弾圧国家であると言われたも同然ですね。まぁ、あの事務総長を擁する国連がこんな事をいえたということが少し意外な気がしないでもありませんけれども、逆に言えば、世界レベルで問題視されたということです。

彼の国の異常性について、世界では十分理解されていない面もあったと思いますけれども、国連人権委員会がコメントを出したということは、今回の問題は「人権」の問題として受け止められているということですね。

韓国はこの問題を「世界基準」に従って処理しない限り、世界からの風当たりは増々強くなっていくと思いますね。

画像画像画像
日比野庵が書籍になりました。
日本的価値観の構造
直き真心持ちて 道に違ふことなく
未来技術大国日本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
言論弾圧国家へひた走る韓国 日比野庵 本館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる